土地を「貸し駐車場」にして利益を得る場合のメリット・デメリット

16-10-72

土地を「貸し駐車場」にして利益を得る場合のメリット・デメリット

 

都会や繁華街を中心に、所有している物件を解体して更地にし、貸し駐車場として提供するビジネスが増えてきています。

 

特に最近では少子高齢化の影響もあり、物件への入居者が0になってしまった場合、いつまでもマンションやアパートを残していても、入居希望者が現れるとは限りません。そこで、一度更地にして整えてから、駐車場として貸し出すという選択肢が考えられます。

 

今回は、この土地を貸し駐車場にすることのメリットとデメリットをそれぞれ見ていきたいと思います。

※よく似た内容の記事はこちら
駐車場?貸倉庫?介護施設?空いている土地の有効的な活用法

貸し駐車場のメリット

62833952_l

それでは早速、物件ではなく貸し駐車場としてその土地を利用する場合のメリットについて見ていきましょう。

 

1、トラブルが少なく利益が得られる

アパートやマンションのように、入居者一人一人からまとまった賃料を得ることはできなくなりますが、駐車場なら気軽に借りてもらえるというメリットがあります。

 

物件の場合、家賃が払い切れずに逃げてしまったり、ある日突然支払いが滞って困ってしまうというトラブルも万に一つは発生するものですが、駐車場に関してはそのような心配はほとんどありません。

 

分刻みもしくは時間刻みで料金を設定していれば、利用者は必要な時だけ駐車場を利用できるので安心です。(ただし、1時間ごとよりも分刻みの方が敷居が高く、利用者側のニーズも考えて駐車場をつくる必要があります)

 

ユーザーに魅力的で使いやすいと感じてもらえれば、一回や二回きりではなくその後も繰り返し使ってもらえる可能性があります。また、近隣の人の口コミによって駐車場の評判がアップする可能性もあります。

 

2、不動産に比べて初期投資が少ない

すでに更地になっている土地であれば、平面駐車場にする際には、初期投資は完全に0のまま活用ができるようになります。

 

立体駐車場にするとなるとさまざまな設備が必要になりますが、あくまでも自分の所有している土地だけを駐車スペースに活用してもらえればというスタンスなら、高いニーズが期待できるでしょう。

 

初期投資の少なさは、オーナーにとってはとても魅力的です。自分が所有している土地や建物がまったく売れず、これから先にも売れる見込みがなかったとしても、視点を変えてみれば意外に需要があるかもしれません。

 

そのような意味でも、不動産に比べて初期投資が少ない駐車場のレンタルは非常に魅力的な投資方法と言えるかもしれません。

 

3、周辺へのアクセスに左右されない

仮に事業所や住宅用の物件の場合、周辺の公共交通機関や学校、商業施設へのアクセスが問題になり、職場までの往復にいくらかかるのか?生活は便利かどうか?など、ユーザー側は実に多くのことを気にします。

 

しかし駐車場であれば、あくまでも時間内に車を停めるためのスペースですから、周囲へのアクセスや公共交通機関との兼ね合いなどは意識しなくても良くなります。

 

駐車場のないマンションやアパートの入居者が車を停めるための場所としてレンタルするほか、車を持っている人が、ちょっと近くを訪れた時に利用する駐車場としても活用できるので、周辺へのアクセスを気にせずに運用ができます。

※よく似た内容の記事はこちら
ロフトや地下駐車場は、建物面積に含まれますか?建物面積の定義とは?

駐車場を運営する際の注意点とデメリット

45812465 - businessman on the calendar

1、集客が見込めるかが大事

どの投資方法でもほぼ同じですが、何よりもその物件や土地を使ってくれる人がいるかどうかが重要です。

 

駐車場の場合、ほとんど車通りの無い場所で貸し駐車場を運営しても、実際に借りてくれる人がどのくらいいるかは把握もできません。

 

しかし都会などある程度人通りや交通量が見込める場所や、繁華街・イベント会場・商業施設の近くであれば、定期的に車で貸し駐車場を利用する方がいますから、空いた土地を駐車場として運営することも可能になります。

 

このように、それぞれのエリアの特徴や人口の動向などを分析したうえで、集客力の有無を鑑みながら、行動に移していく必要があります。

 

2、利用者のニーズを考える

駐車場といっても、24時間固定料金でOKというところもあれば、夜だけ時間がアップしたり、夜から朝にかけては営業していないところもあります。

 

まず、自分が所有し、運用したい貸し駐車場について、どのような形式(サービス)の駐車場にするかをイメージしてみてください。周辺の車の動向や、自分の持つ駐車場をどんな人がどんな目的で使うのかを把握し、戦略を練っていくことが大切です。

 

3、立地によるメリットとデメリットを考える

駐車場として運営していくには、それぞれの空き地の状況や周辺地域へのアクセスの良さを考えながら、コイン式や月極などのシステムを決めていかなければなりません。

 

しかしもっとも大切なことは立地であり、駐車場がそもそもどこに位置しているかが基本的なポイントとなります。

 

自宅に駐車場を備えている戸建てが密集したエリアでは、わざわざ駐車場を置かなくても事足りてしまいます。

 

しかしたとえ周辺に車庫や駐車場がたくさんあったとしても、それを上回るほどの駐車ニーズがある場合は、自分の不動産を駐車場として貸し出す方法も現実的になってきます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
駐車場として使用していた土地を高値で売る3つのコツ

まとめ

いかがでしたか?駐車場をビジネスにするためには、さまざまなメリットやリスクを考え、車を運転する人たちの動向も探っていかなくてはなりません。

 

所有している不動産の今後の扱いについて困った時は、ノウハウを持つ不動産会社に相談してみるという方法もあります。ぜひ、一つの選択肢として有力視されてみてはいかがでしょうか。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です