中古マンションの売却は「季節」や「時期」で売値が変わってくるのか?

16-10-31

中古マンションの売却は「季節」や「時期」で売値が変わってくるのか?

62615202 - image of the house loan

 

一般的に中古マンションなどの不動産の売却は売主と買主の合意で成立するものですから、売主がここで不動産を売却したいという時期は季節などに左右されるものではないと言えます。

 

もっとも不動産が売れる時期というものは確実に存在するというのが、不動産を扱う業者が口を揃えて言っていることも確かなのです。

 

中古マンション、一戸建て中古住宅では若干の時期のずれなどもあるようですが、一年のうちで住宅需要や引っ越し需要が高まる時期でもある春先などが、売却の可能性が最も高い時期あるいは季節と言ってもいいようです。

 

需要があるということは自由競争の原理では売却価格は上がる傾向にあります。これは需要があるわけですから、安くするよりもできるだけ高く売り切りたいという不動産業者などの売り手側の思惑があるのは言うまでもありません。この時期が不動産業者の繁忙期ということであれば逆に閑散期というものが一年の間にはあるでしょう。

 

そのような閑散期になると、高値設定では不動産も売れませんから、売値を下げることになります。もっとも売主の合意が必要になりますから、安易な安値合戦ということにはならないのですが、それでも繁忙期と閑散期では同じ物件でもかなり売値が違ってくるようです。

 

ここでは主に中古マンションの売却時期によって売値が変わるのかということを考察していきます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却時期を左右する?部屋や建物の臭い対策

中古マンションは売却時期によって売値が変わってくるの?

53605540 - sale real estate sign in front of house

 

売り手にとっては売却に出したときが売りたいとき

不動産の売主のほうは売却時期にあまり頓着はしないようです。むしろ、仲介業者である不動産会社のほうが売り時期に敏感になるようです。というのも商売柄売れる時期、あるいは売れない時期というものを長年の経験で知っているからです。

もちろん人気の物件や好立地の物件であれば時期に関係なく売れるでしょう。ここではごく普通の不動産物件について考えてみます。

 

不動産会社が考える、よく物件が売れる繁忙期というのは一年のうちでも1月から3月、そして秋口である9月から11月なども繁忙期とされているのです。逆に繁忙期以外の月は閑散期ということになります。

 

1月から3月というのは人が一年のうちでも一番動く時期と言えます。新学期を新しい住まいでと考える人がもっとも多い時期でもあります。また秋口については新年を新しい住まいでということになりますね。

 

売る側である売主もそれに合わせて、多くの人の購買意欲が高まっているときに物件を売りに出した方が得策であると言えます。

 

売値については、当然ながら売主の意向が考慮されます。しかし、売れない時期に高値設定をしても売り切るのが大変です。そこは経験のある不動産会社のアドバイスに沿ったほうがいいでしょう。特にできるだけ早く売りたいのであれば売却時期のほうが売却金額よりも優先されるのです。

 

※よく似た内容の記事はこちら
名義が「親」の不動産を子供が「代理」で売却する場合

売主の意識と買主の意識

不動産の売却となると売主の意識と買主の意識が目に見えない部分で大きくぶつかりあうのは間違いありません。売主としては少しでも高く売りたいと考えているでしょうし、買主の側は少しでも安く購入したいと考えているのです。

 

不動産物件も入れ食いではありません。売却に出してもすぐに売れるということはないのです。一般的に一戸建て住宅よりも中古マンションのほうが手離れはいいとされています。

 

中古マンションとなると一般的に価格よりも場所が重視されるのですが、それでもマンションのほうが一戸建てよりも売値が安くなる傾向にあります。

 

通勤や通学の利便性を考える人なら、金額よりも場所で決める人が多いのです。しかも通勤通学を考えているということになれば、購入時期も1月あるいは2月というところが最も多いのではないでしょうか。

 

 

中古マンションの特性を考える

不動産物件には売れる時期というものが確実にあります。

 

そこにその不動産物件の特性を考えてみるとさらに時期というものが大きなウェイトを占めていることがわかります。駅などが近くにある中古マンションであれば好立地ということで季節や時期を問わずに売れるかもしれません。しかし、どうせ売れるのが間違いないのでしたら、高値で売り切りたいと思うものです。

 

そうなれば、やはり春先が中古マンションを高値設定にしても売り切ることができるでしょう。春先に中古マンションを購入したいということで物色するわけですが、まずは住所などで駅に近い物件を探すことは容易に想像ができます。

 

このように好立地という特性を活かした販売戦略を取ると、手離れの良い売却ができるのです。また、駅に近くになくても公共の交通機関が発達していれば、なんとなくですが安心できるものです。

 

※よく似た内容の記事はこちら
中古マンションを高値で買取してもらうコツとは?オーディン不動産スピード買取サービス事業部が教えます!

まとめ

44735712 - housing image

中古マンションなどの売れ筋になると買い手の思惑は関係なく優良物件として一年のうちのいつでも良いとされることになります。売主としてはできるかぎり繁忙期に高値設定で大きく利益を上げたいところですね。

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です