不動産を売るならタイミングが重要!「売り時」を逃す5つのタイプとは?

16-10-30

不動産を売るならタイミングが重要!「売り時」を逃す5つのタイプとは?

 

 

不動産を売却して、新しい物件を購入して投資を行ったり、少しでも不動産を高く売却したいときは、タイミングに気を遣わなければなりません。

 

過去に不動産売却を行った方の中にはタイミングを逃してしまった方もいらっしゃると思います。

もっと高く売却できたはずなのに、相場よりも安い値段で売却してしまったケースなど。

 

どの様なタイミングが最適で、不動産をより高く売却することが出来るかを具体的にご紹介します。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却にもトレンドがある?トレンドによる売り時の目安とは?

売却に時間はかけすぎない

51950189 - calendar and time management

51950189 – calendar and time management

 

不動産売却の際、売り時を逃してしまうケースで多いのが、条件にこだわりすぎて時間をかけすぎてしまうパターンです。

 

現状の売却の相場が希望額よりも低いと、近隣が開発されて土地の相場が上がるまで待ち続けたいと考える方は多いですが、結果的に相場が大幅に上がることはめったにありません。

 

引越シーズンの時期での多少の変動はありますが、実はそれ以上にマイナス要因も多いのです。

季節の状況よりも、売るのを待っている間の税金や維持費の支払いがあれば、差し引きマイナスになることも多いです。

 

また古い建物を売却する場合は、大体築20年を目安に急速に値段が下がるといわれています。住みたい方が多い一等地ならまだしも、地方のあまりニーズのない地域なら、土地の価格は緩やかな下降が続くことが珍しくありません。

 

不動産の価値が短期的に変動しないのであれば、引越シーズンにあわせて売却する程度に留めるのもひとつの方法です。早いうちに売却するのが結果的に固定の経費のロスを防ぎ、利益につながります。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の「売り出し価格」の決め方と「売り時」の見極め方

周辺の価格変化に注意する

18031193_m

 

売り時を見逃してしまったという方は、調査がおろそかになっていて、周辺の変化に気付けていないケースが多いです。不動産の価値は様々な要因で変化し、買い手が増える時期も存在します。

 

例えば不動産の価値が上がるケースとして、周辺地域に変化が起きることがあります。

大型商業施設が出来たり、鉄道や道路が新たに出来たりと、周辺で再開発などの計画が出れば、自然と土地の価値は上がっていきます。

 

めったにあるケースではありませんが、こうした劇的な地価が上がる変化は見逃さないようにしましょう。

 

また、世情の変化も大きく影響します。

住宅ローンの金利が下がったり、株価が上昇したり、消費税をはじめとする諸費税の増税が行われたりするときに物件の購入希望者が増えます。

 

買い手が増える時期はお金にまつわる何かが起きたときと一致します。タイミングを逃さないためにも、定期的に情報収集を重ねることがポイントです。自分が売りたいタイミングと世間の変化を極力あわせるように行動すれば、不動産の価値が上がるタイミングで売却ができます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
売り時を逃してはダメ!不動産業界の「一般媒介」に潜む闇

売却をあせりすぎるは危険

48011555 - home sales, the hands of the businessman

 

不動産売却はタイミングの見定めが重要です。

売却を待ちすぎると税金の支払いや建物の老朽化などが発生し、価値が下がってしまいます。

なるべく早めに売ろうとする方もいますが、売却の時期をあせりすぎては何の意味もありません。

 

不動産の価値は基本的に時間が経てば下がってしまいますが、他の要素が影響して結果的に利益が生まれるケースも珍しくありません。円相場の変動はその典型ですし、株価の上昇や税率の変動による駆け込み需要など、買い手側が多少高くても不動産を買うようになる要素は数多く存在します。

価値が下がるのを避けるため、急いで売却するのも戦略の一つではありますが、もっと高く売れるタイミングを逃すのも考えものです。

 

事前に不動産会社とも相談してみて、もっと高く売れるであろうタイミングをきちんと計りましょう。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産を売るならタイミングが重要!「売り時」を逃す5つのタイプとは?

周りの意見に流される

pixta_25583628_M

 

これはタイミングというよりも、売却する不動産会社などの選び方の問題ともいえます。周りの意見に流されるまま不動産を売却し、自分だけが損をしてしまうというケースも多く報告されています。

 

不動産売却のノウハウがないからと、つい担当者に任せきりにしてしまうと、安く買い取って、安値で売却されてしまうことがあります。

 

ある程度の知識がないと気付かないまま二つ返事で売却してしまいます。こうした事態を引き起こさないためにも、不動産会社を選ぶタイミングも気を配りましょう。

 

例えば円相場の変動や住宅ローンの金利の変動などで、不動産の買い手が多く現れる時期を選ぶこともひとつの方法です。

 

不動産を売却する意思を明確にすれば、どの不動産会社も現実的な購入のための手続きに動きだします。複数の不動産会社に相談すれば、相手との競争のために値段を吊り上げる動きも期待できます。一社の値段だけで判断せず、複数の会社を比較するだけの時間的余裕は必ず作るようにしてください。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却は3ヶ月で売れるって本当?買い手が見つかるまでの期間は?

一定の知識を持つことが大切

25167392 - book of nature with grass and tree growth

 

不動産売却でタイミングを逃してしまう人には、色々なタイプがいますが、一番売却するタイミングを逃す人は、事前知識が足りていない人です。

時間をかけすぎたり、逆にあせりすぎたり、時勢を読めなかったり、周りに流されたりと、どのタイプも不動産売売却における基礎知識を知っていれば回避できたはずです。

 

逆に言えば知識がまったくないと、全てのタイプに該当しかねないので、不動産を売却する際は、必ず不動産の売り時について学んでおきましょう。

 

幸いにも現在はインターネットなどの情報媒体が豊富で、いつでも不動産についての情報を調べることができるので、休日の何時間かを使って、不動産について勉強してみましょう。

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です