土地・建物の査定で見落とせない3つの注意点と売却価格の決定について

16-10-25

土地・建物の査定で見落とせない3つの注意点と売却価格の決定について

 

土地・建物の査定をされるときには、大きく3つの注意点があることを知っておくべきです。

 

査定されるときには、不動産業者ごとに査定の基準が大きく違います。業者がどのような物件を得意としているか、事前のリサーチは売却価格を高くするために重要なポイントです。

 

自分でも査定の概算を知っておくと良いでしょう。不動産業者が何を重視するのかを予め知っておけば、基準となった査定にも納得できます。また、注意しなければならない悪徳業者に対する予防措置にもなります。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社によってマンションの査定金額が異なる理由

 

査定をする前に業者の特性を知ろう

42824432 - businessman thinking

査定をする前に、業者がどのような物件を得意として取り扱う業者なのかを知ることは大切なことです。査定金額は業者によって大きく違うことは、不動産では珍しいことではありません。特に、売却先のルートを確保されている業者であるかどうか、ということで金額が分かれます。

 

一般的に地元に密着をして、独自のネットワークやルートを持っている業者、全国展開しており資本力がある業者は高く買い取ってくれる傾向にあります。

 

一方で、即決で買取を前提に査定されると、金額的に不利益になることは免れません。仲介の査定なのか、買取なのか、という点でも違うということを前提に考えておきましょう。

 

査定の概算を知る

 

不動産の買取をお願いするときには、事前の査定で概算を押さえて置くことは大切なポイントです。ご自身で所有する物件は現在、どの程度の金額になるのかを知らなければ、現在の価格で決断していいのか判断できないことになります。

 

概算に関しては、各不動産業者独自の査定基準が設けられていることも珍しくなく、5パーセントから10パーセント前後の誤差が発生することがあります。

 

実際に2,000万円の物件であれば、前後10パーセントの差額は400万円となります。複数の業者から査定をすれば平均金額がわかるため、売却前の参考情報としてご自身でも的確な情報を知れます。

 

査定の条件を知ろう

56246412 - check the time to smart a smart watch

査定の条件は主に三つになります。一つ目は立地です。駅に近い、地価が高いなど需要に比例して金額が高くなります。同じような地域でも利便性によって金額は大きく変動します。

 

二つ目は近隣の住居環境です。コンビニエンスストア、金融機関、スーパーなどの商業施設が近くにある、などはプラス材料です。逆に騒音の対象となる電車、歓楽街などの要素はマイナス要因となります。

 

三つ目に築年数があげられます。新築からどの程度の年数が経過しているのか、ということで基本的に新築当時から概算して下落していきます。査定の条件を知っておけば、業者が何を重視しているのかを判断しやすくなります。

 

※よく似た内容の記事はこちら
複数の不動産会社に査定してもらえる「一括査定」のメリットとは?

 

インターネットで簡単な査定の活用を

 

現在、不動産の売却に関しては全国展開している業者がインターネットで簡単な査定をしてくれます。実際、現在どの程度の資産価値があるのか、物件について情報を知ることが可能となります。また、ネット環境があれば簡単に取り扱うことができるため、忙しい方の査定にも向いています。

 

素早く情報を収集して、どの程度の金額で売却できるのか、査定のときに活用されてみてはいかがでしょうか。ネット展開して買取や仲介に力を入れている不動産業者は資本力もあり、流通網の構築にも自信を持っています。そのため、平均的な査定金額よりも高く購入してくれる可能性は十分にあります。

 

一方で、インターネットからの簡易的な査定では、築年数や物件の床面積、立地などの基本的な情報の入力のみになりますので、物件の老朽化や内装の情報が不十分なケースが多くあります。結果的に現地調査で、査定よりも金額は下落する可能性があることも認識しておくようにしてください。

 

悪質な査定をする業者には要注意

 

不動産の仲介、査定ではトラブルが発生する例は決して少なくありません。特に、急いで売却して現金化しようとするときにはこのリスクがあります。

 

悪質な業者は、査定するときに、おおよその相場を算出して相場よりもずっと安く査定を出します。査定や売買自体は自由契約であるため、この段階では違法性を指摘するのは難しいでしょう。

 

しかし、悪質業者の中には査定基準が一般的な相場に準じている、と装う場合があります。売却を急ぐあまり、相場よりもずっと安い査定金額で売却してしまうと、結果的に大きな損が発生します。

 

業者の規模、取り扱い実績、複数の不動産業者の査定活用など、自分でも悪徳業者に騙されないための防衛措置を取るようにしましょう。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の2つの査定方法「簡易査定」と「訪問査定」

 

不動産関連では知識が大切

64912318 - housing image and men

不動産関連を取り扱うときには、事前にある程度の情報を持っていることが求められます。知識がなければ、どの程度の金額で売却できるのか知りえません。路線価、売却の相場、販売の時期、売却方法などが問題になります。

 

ある程度、時間と余裕があるなら複数の仲介業者や買取業者に相談して、相場を確認することです。

 

また、不動産関係の手続きでは専門用語が多く飛び交います。知らないまま手続きをしてしまうと、後でどのようなリスクや失敗が潜んでいるかわかりません。事前に不動産関係の契約について確かな情報を確認しておくことも必要です。不明点があれば、事前に調べて状況を正確に判断しましょう。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です