再建築不可物件って何? part1

再建築不可の物件とはどのような状況の物件?

再建築不可の物件とは、建築基準法上、今建っている建物を壊して、新しい建物を建築する事ができない物件です。

建築基準法では道路についてさまざまなルールを定めており、このルールにのっとった道路に接していない土地の場合、建物を建築することはできません。

この規定ができる前から建っている物件はそのままで問題ない(わざわざ取りこわす必要はない)のですが、これからは、建築はできないことになっています。

建築基準法上の道路とは、原則として公道などの幅員4m以上のものをいいます。

しかし幅員4m未満の道路でも、建築基準法の道路(2項道路、みなし道路など)とみなされる場合があります。

これらの道路に2m以上接していない敷地には、原則として建物を建てることができません。

一般的には再建築建築できない土地や建物は需要が少なく、価値が少ないために売却が困難なケースが多いでしょう。

具体的な再建築不可の物件ってどんなものかご紹介させて頂きたいとおもいますが

次回part2でご紹介していきたいと思いいます。

乞うご期待!

関連記事:再建築不可物件って何?part2

 

【関西不動産買取センター】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

Youtubeもやってます!チャンネル登録宜しくお願いします!

Youtube

 

重要なご報告

不動産取引で失敗しない為の一番の対策は知識をつけて取引に望むということです。

今回、絶対にお客様には損してほしくないので、不動産の基礎知識を深める

メールマガジン始めました。損しない為の情報お受け取り下さい。

・不動産の売り時は今!?時期を逃すと数百万円損する

・不動産を売る先は、仲介業者?買取専門業者?両者は大きく違う

・「うちなら相場より高く売れる」と言われて期待していたのに、結局時間ばかりかかって、最後は相場より低く売ることに

・18通のメルマガ配信スケジュール

▼街の不動産屋が話せない、損しない不動産の売り方メルマガ▼

こちらをクリックしてメールマガジンに登録してください!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です