家を売る、買う。仲介手数料っていくら??

持ち家を売りたい、新しい家を買いたい。

相続した土地、家を処分したい。

親が老人ホームへ入居するため実家を売りたい…..

基本的にはこういった状況になったときは不動産屋さんにお願いするのが一般的です。

不動産屋さんは、こういったお客様から仲介手数料を頂く事で成り立つ商売です。

ではいったい、不動産屋さんへ依頼するとどれくらいの仲介手数料がかかるのでしょうか??

仲介手数料とは、実際に売りや買いが成立したときに、お客様が不動産屋さんに払う手数料です。

この手数料の上限は法律で決められており

image1 (7)となっております。

例えば3000万円の家を売った場合

3000万円×3%+6万円=96万円

ここに消費税の8%をのせて

96万円×1.08%=103万6800円が不動産屋さんへ払う仲介手数料となります。

結構な大きい金額を不動産屋さんへ支払わなければいけない事となります。

車が1台買えてしまうほどの手数料です。

出来れば支払いたくないですよね。

実は同じ不動産屋さんへ売却の依頼をするにもかかわらず、仲介手数料を支払わないで済む方法があります。

それは、不動産の買取専門業者へお願いすることです。

買取業者は、直接あなたの不動産を買い取るので仲介する必要がないため

先ほどの103万6800円の仲介手数料を支払う必要はありません。

ここで、仲介手数料を支払わなくて済むのは大きなメリットと言えるでしょう。

まずは、不動産を売りたい場合には

仲介業者へ依頼する方法

買取業者へ依頼する方法

の2パターンがあることを知っておいてください。

 

関連記事:なぜ仲介手数料が発生するのか?不動産業者徹底比較!

 

次回は仲介と買取のメリットデメリットをご紹介していきたいと思います。

ありがとうございました。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

http://www.youtube.com/channel/UCQrh6FIHO_0IIbTgEhEDp-g?sub_confirmation=1

https://twitter.com/sp_od48



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です