住居表示と地番の違いは?

家や土地には「住居表示」と「地番」2種類の住所があることはご存知でしょうか?

住居表示とは、住居表示法に基づいて市町村が定めた住所で普段、郵便物が届く住所です。

住居表示に関する法律に基づいて市町村が定めた番号となります。

地番とは、法務局が定めた土地登記簿に登録するために土地につけた番号です。

基本的に、土地や建物の不動産取引は地番を用いて取引されます。

地番は、登記謄本に記載されていますので、自分の家の地番が知りたい方は登記謄本をご覧下さい。

地番は登記で使うもの、住居表示は郵便配達で使うものと考えれば分かりやすいでしょう。

 

【関西不動産買取センター】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

Youtubeもやってます!チャンネル登録宜しくお願いします!

Youtube

 

重要なご報告

不動産取引で失敗しない為の一番の対策は知識をつけて取引に望むということです。

今回、絶対にお客様には損してほしくないので、不動産の基礎知識を深める

メールマガジン始めました。損しない為の情報お受け取り下さい。

・不動産の売り時は今!?時期を逃すと数百万円損する

・不動産を売る先は、仲介業者?買取専門業者?両者は大きく違う

・「うちなら相場より高く売れる」と言われて期待していたのに、結局時間ばかりかかって、最後は相場より低く売ることに

・18通のメルマガ配信スケジュール

▼街の不動産屋が話せない、損しない不動産の売り方メルマガ▼

こちらをクリックしてメールマガジンに登録してください!

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です