住居表示と地番の違いは?

家や土地には「住居表示」と「地番」2種類の住所があることはご存知でしょうか?

住居表示とは、住居表示法に基づいて市町村が定めた住所で普段、郵便物が届く住所です。

住居表示に関する法律に基づいて市町村が定めた番号となります。

地番とは、法務局が定めた土地登記簿に登録するために土地につけた番号です。

基本的に、土地や建物の不動産取引は地番を用いて取引されます。

地番は、登記謄本に記載されていますので、自分の家の地番が知りたい方は登記謄本をご覧下さい。

地番は登記で使うもの、住居表示は郵便配達で使うものと考えれば分かりやすいでしょう。

 

Youtube、Twitterもやってます!チャンネル登録も宜しくお願いします!

http://www.youtube.com/channel/UCQrh6FIHO_0IIbTgEhEDp-g?sub_confirmation=1

https://twitter.com/sp_od48

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です