空き家問題の現状と対策

今後わが国で問題となってくるであろう空き家問題に、どう対応していったらいいのでしょうか。

 

空き家になった場合に所有者はどういったデメリットがあるのか?などを踏まえて説明していきたいと思います。

 

空き家の現状

ebf48fd27f1d32d3de364d456520ed7f_s

現在、空き家の比率は2013年の総務省調査によると全国約820万戸、全住宅の7戸に1戸が空き家という状況になっています。

 

さらに2033年頃には全国約2,150万戸、なんと全住宅の3戸に1戸が空き家になってしまうという予測があるようです。

 

その原因としては高齢化社会問題なども深く関わってきます。

 

親が住んでいた家を相続したが、現在は遠くに住んでいるために放置せざるをおえない。というようなケースも実際に多くみられます。

 

実は空き家にも4つの種類があるのですが。

 

  • 二次的住宅(常時住んでいないが使っている)
  • 賃貸用住宅(貸したいのに借り手がいない)
  • 売却用住宅(売りたいのに買い手がいない)
  • その他(用途がなく使われていないか分類不能)

 

それぞれに利活用に問題を抱えていますが、この中でも明らかに問題なのは「その他」に分類される空き家です。

 

例えば介護施設への入所で空き家になる場合や、所有者が亡くなって空き家になる場合などを含みます。所有者が、なんらかの原因により空き家を利活用しようとすることすらできないケースです。

 

空き家になるとどういう問題があるのでしょうか

7381b3927ef257f10d0a0db6f335f0ae_s

空き家が増えていったとして、所詮は他人の家ですし、自分には関係ないと思うかもしれません。そして、自分にも何か災難が降りかからなければ、なかなか問題視されないものです。

 

ましてや空き家がもたらすマイナスの影響は、潜在的に含まれる要素で、空き家になったから絶対何か起こるとは限りません。それでも国が動き出すくらいですから、緊急の課題であることは確かです。

 

周辺への悪影響

 

徐々に傷んだ空き家は、次第に崩れ、倒壊の危険が増したり、屋根材などが飛散したりと、その敷地内だけの影響では済まなくなっていきます。

 

また、人が住んでいないと害獣・害虫の温床になりやすく、やがて周りへ広がっていきます。

集中豪雨による浸水被害を受けてもそのまま放置されるので、極めて不衛生かつ危険な状態に変わってしまうのです。

 

事故の誘発

また、古くなった家は耐震性能も失われ、巨大地震による倒壊はまぬがれません。

極端な例では、震災時に最初に倒壊して、重要な道路を塞いでしまうかもしれず、周辺住民の避難や救出に障害になる可能性すらあるでしょう。

 

ようするに、空き家を放置すると近所迷惑になりやすい要素が多く、地域によっては景観上の問題にも発展して、その影響度は大きいと考えられています。

不動産管理責任に対しても賠償を負うケースもでてくるでしょう。

 

犯罪の増加

空き家は、犯罪にも多く利用されます。不法侵入や隠れ家としてや、放火されたりなどです。

 

特に空き家の多い地域は格好のターゲットになってしまうことから、朽ちた木造住宅は相当危ないと言えます。

 

空き家の国や自治体の対応は?

29a8f8dced64c78066db4629c0b59240_s

では政府としてこの問題をほっておくことはできません。

 

2015年5月に全面施行をおこなった空き家対策特別措置法というものがあります。全国にある空き家のなかで、特に危険と指定された空き家を「特定空家等」と定義し行政の介入による対策に法的根拠を持たせています。

 

所有している空き家が、「特定空家等」に指定されてしまうと、出来るだけ早く対処しなければ、行政からの強制対処(除却等)を求められることになり、土地の固定資産税に対する特例措置も外されて税負担が最大6倍に増える可能性もあります。

 

空き家対策特別措置法の趣旨は、あくまでも自発的な空き家対策を促し、所有者に解決させようとするものですが、対策を講じない所有者を想定した規定もされています。(空き家等の固定資産税に関しては次回詳しくご説明します。)

 

空き家の効果的な対策は?

b8d81e0a7610ec48dc1501427aeb65f9_s

 

私がお勧めするのは、こういった「特定空家等」に指定される前段階、極端に言えば「所有者が住めなくなるだろう」の段階で手を打つことをお勧めします。

 

家を売るにしても、空き家になった時間が長時間になればなるほど、家は傷んできますので査定金額自体は大きく下がってきます。空き家になった時点で、出来るだけ早くご売却されたほうがいいでしょう。

 

売却の方法は大きく2つに分かれますが、

①時間がいくらかかっても良いし、売ったあとの瑕疵責任もとれるという方は不動産仲介業者さんを選んだほうがいいでしょう。

 

それとは逆に、

 

②出来るだけはやく売却したい。面倒な瑕疵責任も負いたくない。と言う方は、不動産買取専門業者を選んだほうが良いでしょう。

 

その他で業者を選ぶポイントは、不安や疑問に対して豊富な知識で的確に、親切で誠意を持った、自分にあった営業マンを選ぶと後々なにかあっても後悔はにくいと思います。

 

今回、空き家問題に関しましては、ざっくりとご説明させていただきましたが、次は、じゃあ実際に空き家に対して固定資産税がどう変化するのかなどの税金や費用面に焦点をあててお話させて頂きたいと思います。

 

ありがとうございました。

関連記事:放置はNG!「空き家」が所有者に及ぼすデメリットと解決策

 

重要なご報告

不動産取引で失敗しない為の一番の対策は知識をつけて取引に望むということです。

今回、絶対にお客様には損してほしくないので、不動産の基礎知識を深める

メールマガジン始めました。損しない為の情報お受け取り下さい。

・不動産の売り時は今!?時期を逃すと数百万円損する

・不動産を売る先は、仲介業者?買取専門業者?両者は大きく違う

・「うちなら相場より高く売れる」と言われて期待していたのに、結局時間ばかりかかって、最後は相場より低く売ることに

・18通のメルマガ配信スケジュール

▼街の不動産屋が話せない、損しない不動産の売り方メルマガ▼

こちらをクリックしてメールマガジンに登録してください!

 

【関西不動産買取センター】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

Youtubeもやってます!チャンネル登録宜しくお願いします。

Youtube



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です