不動産売却Q&A【マンションを売った時にかかる税金について】

マンションを売った際にかかる税金

マンションを売却した時にかかる税金についてはよくご質問をいただくことがあります。
税率によっても変わりますが、次の計算方法で税金額がわかります。
「マンションを取得した時の原価 — マンションを売った時の金額」✖ 税率 =税金額

税率は、物件を取得してからの年数によって変わります。
1、 マンションを取得してから5年未満の場合は、税率が39%
2、 マンションを取得してから5年以上経過している場合は、税率が20%

親から相続でマンションを受け継いだ場合は、親がマンションを持っている期間が相続でそのまま受け継がれます。

例を挙げてご説明いたします。
例えば、3年前に1000万円で買ったマンションを、800万円で売却して賃貸マンションに引越しした場合の税金額と計算方法は、

800万円 — 1000万円 = —200万円になります。
この場合は、赤字が出るので税金はかかりません。

1500万円で売却できた場合は、
1500万円 — 1000万円 = +500万円になります。

この場合は39%の税率が掛けられますので、500万円 ✖ 39% =195万円が税金となります。

しかし、マンションを購入してから5年以上が経過している場合は、税率が20%になりますので、500万円 ✖ 20%= 100万円が税金となります。
このように、マンション購入後は買い替えをする場合を除いて、5年以上経過しないと税金が高くなってしまいます。

今のお話には、購入時の不動産取得に掛かる諸経費は計算されておりません。
諸経費も物件を購入した時の売買代金に含めることができます。
諸経費とは主に、仲介手数料や、登記費用などです。

また、税金がかかる場合は、不動産相場が安い時期に買っていて、相場が高騰している場合に起こりうることですので、購入した時期によって大きく左右されます。

最後に、買い替えの場合の3000万円特別控除は今のお話に含まれておりません。
3000万円特別控除については、別の動画でご説明しております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です