不動産売却Q&A【知っておくと慌てない不動産を売却する時の費用】

売却際にかかる費用は

売却の際にかかる費用はありますか?についてお答えしていきます。
不動産をご売却する際に必ずかかってくる費用というのは、司法書士の先生が、ご売却した際に登記移転するのに必要な、売り渡し書面の作成費用がかかって来ます。
※不動産売買における買主は、登記費用が発生するというのが不動産取引における流れでございます。

あとは、お客様のご事情によって別途かかる費用は変わります。
相続した不動産を売却する場合は、相続登記がお済みでないお客様の場合は、相続登記に必要な費用がかかります。

他には、担保設定(住宅ローンが残っている場合)や、住所が現住所と異なる場合も、別途司法書士費用が発生します。
ただ、そんなに大きな金額ではございませんので、もしきになるという方は、お問い合わせ時に担当スタッフにお聞きください。

あと、直接買取ですから、仲介者がいない分、仲介手数料は一切かかりませんのでご安心ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です