どこを選べばいいがわからない!?不動産買取業者の選び方

pixta_19601303_M

 

不動産の売却を考えた時、今までは不動産仲介業者を利用して売却する方法が主流でしたが、近年ではそのメリットの多さから不動産買取業者を選ぶ人も増えてきました。

 

不動産買取業者とは、不動産を売却したい人から直接不動産を買い取る業者のことを言います。

 

不動産仲介業者とは異なり、不動産を即現金化することができ、売却後に不動産に対して一切の責任を追わなくていいなど、利点が多いのが特徴です。

 

しかし、不動産買取業者の中には誠実ではない取引を行う業者がいることもあります。

 

だからと言って、もちろんすべての不動産業者が不誠実なわけではありません。きちんとした不動産買取業者を選べば、気持ちよく納得のいく取引が可能です。

 

そこで今回は、不動産買取業者を選ぶときのポイントや、不動産買取業者を賢く選ぶために知っておきたい不動産買取業者のすべてについて教えます!

 

不動産買取業者とは?

pixta_14412349_M

最初に、改めて不動産買取業者はどのような業者なのかということについておさらいしていきましょう。

 

不動産仲介業者と不動産買取業者について

不動産を売却するときには、大まかに不動産仲介業者に依頼するのか、不動産買取業者に依頼するのかをまず決めなければいけません。

 

一般的な戸建て住宅などを売却するときに広く使われているのが、「不動産仲介業者」です。不動産仲介業者は、不動産を売りたい人と不動産を買いたい人をつなぐパイプ役となってお仕事をしてくれます。

 

そしてパイプ役になった見返りに、不動産の売主と買主から、もしくはどちらか片側から手数料をとって利益としています。

 

一方不動産買取業者は、不動産を売りたい人から直にその不動産を買うのが仕事です。

 

これら特徴の違いによって、不動産仲介業者に売却を依頼すると多くの時間と手間暇を必要としますが、不動産買取業者ならシンプルな取引が可能と言えます。

 

不動産買取業者にも2種類ある

不動産買取業者は、そこからさらに2種類に分類することができます。

 

不動産買取には、「直接買取」と「買取保証」があり、一般的に不動産買取業者といえば前者の「直接買取」を行う業者を指します。直接買取の場合、読んで字のごとく直接不動産が買取ってくれるので、仲介業者を通す手間がありませんし、すぐに不動産を現金化したいときにはこちらを選んでください。

 

一方、「買取保証」というのは、最初の数か月(多くの場合は3か月)を仲介という形で売り出し、その期間内に売却できなければ不動産会社が買い取るという方式です。

 

買取保証では仲介の時点で売却できれば高く不動産を売ることができるというメリットがありますが、仲介と買取という2段階を踏むことで手続きも多くなり、売り出し前の不動産査定にも時間がかかるというデメリットがあります。

 

不動産買取業者に依頼するときには、買取保証よりも即時買取の方が面倒はありません。

 

不動産買取業者に依頼するメリット

pixta_27871823_M

次に、不動産買取業者に依頼するメリットについて考えていきましょう。

 

不動産買取業者のメリットをよく知り、自分にとっていい売却はどのようなものなのか、考えながら見ていきましょう。

 

不動産買取業者に依頼するメリット1.瑕疵担保責任の免除

不動産買取業者に依頼するメリットとして、瑕疵担保責任が免除されるということが挙げられます。

 

仲介による売却では、売却後一定期間売却した不動産についてその責任を負わなければいけません。しかし不動産買取なら売却後に責任を問われることは一切ないので安心して取引できます。

 

※瑕疵担保責任とは・・・売却した不動産に対し、売買契約時に気づくことができなかった重大な欠陥が見つかった場合には、売主側の責任で補修・リフォームしなければいけないという責任のこと。

 

不動産買取業者に依頼するメリット2.現金化までが本当に早い!

不動産買取業者に売却を依頼する最大のメリットは、売却相談をしてから現金化までがとにかく早い!ということでしょう。

 

早ければ2~3日で現金化できる買取業者も少なくありません。売却から現金化が早いということは、いつでも売れることになりますから、売却後の資金計画も立てやすくお金の流れがわかりやすいのが特徴です。

 

住宅の買い替えや建て替え、ローン返済などがあるときには不動産買取がおすすめです。

 

不動産買取業者に依頼するメリット3.面倒な手続き一切なし!

不動産買取では、仲介による売却とは異なり面倒なことが一切ありません。

 

仲介による売却で特に面倒なのが「価格交渉」と「内見」ですが、不動産買取なら内見は必要ありませんし、価格交渉もこちらからすることはあっても相手からされることはありません。

 

不動産買取業者に依頼するメリット4.少ない現金負担で売却できる

仲介による売却では、仲介手数料や場合によっては住宅のリフォーム代金なども必要になりますが、不動産買取なら売却時に必要な現金は少額で済みます。

 

例えば、売買契約2000万円の物件では仲介手数料に約70万円(仲介手数料の上限とした場合)、土地測量費用(戸建ての場合)30~50万円と合わせて100万円以上、さらにリフォームが必要となれば別途現金を必要とします。

 

不動産買取であれば、測量費用を必要としても他諸費用と合算し50~60万円程度あれば売却可能です。

 

さらにマンションの買取なら測量費用も必要ありませんから、10~15万円ほど用意しておけば売却できるでしょう。

 

不動産買取業者に依頼するメリット5.必ず売れる安心感

不動産買取だと精神的ストレスも最小限で済む、という利点もあります。

 

不動産自体によほど問題がなければ確実に買取してもらえますし、問題のある不動産でも買取業者が買うといえば必ず売れます。

 

仲介による売却では「いつ売れるかわからない」という不安感が付きまといますが、買取であれば不安やストレスなくすぐに売却できるので安心です。

 

不動産買取業者に依頼するメリット6.事情がある売却にぴったり

不動産買取は何と言っても「事情がある売却」におすすめです。

 

離婚、相続、転勤、住宅ローンの支払いが辛くなってしまった、その他の借金があるなど、さまざまな事情で住宅を持ち続けるのが難しくなったときには、仲介ではなくすぐに現金化できる買取を選びましょう。

 

不動産買取業者に依頼するメリット7.人に知られずこっそり売れる

仲介による売却ですと、売却する不動産に「売り物件」と記載されてしましますし、ネットでも売却情報が掲載され「いま売りに出している」ということが多くの人に知られてしまいます。

 

ですが不動産買取なら、一切の売り出し広告をすることなく売却できますので、誰にも知られずこっそりと売却することが可能です。

 

人になるべく不動産売却を知られたくない、知人に余計な詮索をされたくないという方は、不動産買取がおすすめです。

 

不動産買取業者を賢く選ぶには?

pixta_25596779_M

このように不動産買取には数多くのメリットがありますが、「売却価格が安くなってしまう」というデメリットもあります。

 

そんなデメリットをカバーし、少しでも高く、そして信用できる確かな不動産買取業者に売却したいのであれば、以下の4つの点に注意して買取業者を選んでみてください。

 

不動産買取業者の選び方1.価格交渉に応じる業者を選ぼう

不動産買取業者に不動産査定を依頼し査定額が出た後、「こんな金額では売却できない」と感じたら、まずは価格交渉をしてみてください。

 

価格交渉に応じず、それどころかすぐに売買契約を結ぼうとする買取業者には注意しましょう。

 

必ず査定額で売却しなければいけないということではありませんから、提示された金額に納得できなければ必ず価格交渉をしてください。

 

不動産買取業者の選び方2.不明点もしっかり説明してくれる業者がいい

聞きたいことがあってもその隙を与えてくれない、なんとなく雰囲気が怖くて疑問について質問することができない、こんな買取業者とは取引しないようにしましょう。

 

こちらがわからないことを聞くと丁寧に説明してくれる、質問しやすい雰囲気を持つ買取業者であればすぐに疑問を解消することができるため、「こんなはずじゃなかった!」と売却後に後悔することもなくなります。

 

こちらが素人で不動産売買について分からないことをいいことに、大切なことをあやふやにして契約を押し切ろうとする業者にはくれぐれも気を付けて下さい。

 

不動産買取業者の選び方3.何より実績の多さは安心の証

何と言っても、不動産買取の実績が多い会社はそれだけで安心できますよね。設立が若く、実績も不透明な買取業者はあまりお勧めできません。

 

不動産買取の実績が多い会社であれば、しっかりとしたノウハウもありますし、スムーズな取引ができます。

 

トラブルの対処にも慣れているでしょうから、不動産売買が初めてという方は気になる買取業者にその実績を直接聞き、安心できる業者と取引するようにしましょう。

 

不動産買取業者の選び方4.買取を焦らせない業者は信頼できる

どのような商売でも言えることですが、無理やりすぐに契約させようとする業者には注意してください。

 

営業トークに隙がなく、こちらが疑問を感じる前に売買契約にこじつけようとする買取業者は危険です。

 

こちらが聞くまでもなく、意図を汲み取ってしっかり向き合ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

*よく似た内容の記事はこちら
あなたは大丈夫?不動産買取業者の賢い選び方

まとめ

不動産買取業者の選び方を間違ってしまうと、安く買いたたかれ、大きな後悔が残る取引となってしまいます。

 

不動産買取のメリットを生かすのは、「いい不動産買取業者」を選ぶことです。例え仲介による売却よりも低い価格で買取されたとしても、スムーズで疑問点もなく取引ができれば気持ちよく不動産を売却することができます。

 

今回ご紹介した不動産買取業者の選び方のポイントを踏まえ、誠実で確かな業者を選定しいい取引にしていきたいですよね。

 

買取実績も多く確実で実直な取引をお望みなら、ぜひ弊社にお任せください。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です