買取業者って仲介業者ってどう違うの?徹底的に解説します!

pixta_19458787_M

 不動産を売却するとき、売却を依頼できる業者は一つだけではありません。

 

現在、不動産売買でポピュラーな業者は不動産仲介業者ですが、不動産買取業者もその取引数を増やしています。

 

不動産を売却したくなったとき、不動産買取業者と不動産仲介業者のどちらに依頼しても売却は可能ですが、両者には大きな違いがあり、それぞれに特徴や強みを持っています。

 

大まかにいうと、不動産買取業者は不動産を売りたい人から直接不動産を購入しますが、不動産仲介業者は不動産を購入することはありません。

 

全く違う方法で不動産売買を取り扱う不動産買取業者と不動産仲介業者、その違いとはどこにあるのでしょうか。

 

今回は、不動産売却における両業者の違いについて徹底解説していきます。

 

買取業者と仲介業者の違いとは?

pixta_19408619_M

では早速、不動産買取業者と不動産仲介業者の違いはどこにあるのか詳しくみていきましょう。

 

不動産仲介業者のお仕事

まず不動産仲介業者の仕事内容についてですが、不動産仲介業者は主に「不動産を売りたい人のサポート役」をするのが仕事です。

 

不動産を売りたい人の話をよく聞き、最終的に不動産を買主に引き渡すその時まで、不動産売却のサポートを行ってくれます。

 

仲介業者に依頼すると、まず売却の為に不動産査定を行い、査定額が決まれば実際に売り出し開始です。

 

不動産仲介業者による不動産売買では、ネット広告、新聞広告、店頭ネット端末への売却物件登録、担当者の営業活動などで「不動産を買いたい人」を探します。

 

不動産を買いたい人があらわれたら、次は不動産の内見を先導し、売主と買主の間に立って活動してくれるでしょう。

 

そこから売買契約にすすむと、売買契約書の作成や重要事項説明も不動産仲介業者が行ってくれます。

 

更に代金清算、引き渡し完了までしっかりサポートし、その見返りとして不動産仲介手数料をとり利益としているのが不動産仲介業者です。

 

不動産買取業者のお仕事

不動産買取業者は、不動産を売りたい人から直接不動産を買い取り、その後買い取った不動産をリフォームし再販するまでが仕事内容に含まれます。

 

まず不動産を売りたい人から要望を聞き、売却額の相談や引き渡しスケジュールなども確認しながら買取手続きを進めていきます。

 

話がまとまり不動産買取業者と売買契約を結んだら、すぐに代金を支払ってもらえるでしょう。

 

その後買取業者は買い取った不動産をリフォームし、購入希望者に売り渡します。不動産買取業者の場合、最終的に不動産を再販することで利益を得ているのが特徴です。

 

買取業者の強み

Real estate market growth

不動産買取業者と不動産仲介業者は、その仕事内容も全く違うものでした。しかしこれだけではどちらの不動産業者と取引するべきなのか判別するのは難しいですよね。

 

ここからは、不動産買取業者の特徴からわかる、不動産買取業者にしかできない強みとは何なのか詳しく紹介していきます。

 

不動産買取業者の強み1.売却に必要な現金が少なく済む!

不動産買取業者との取引では、不動産売却時に必要な現金が仲介よりも少なく済むという強みがあります。

 

まず、不動産仲介で必要な仲介手数料が、不動産買取には必要ありません。売買契約時の印紙代や抵当権抹消の費用は仲介も買取も同じようにかかりますが、仲介手数料がかからないというのは大きな強みと言えるでしょう。

 

不動産買取業者の強み2.住宅ローンが辛くなったときに即現金化!

もし不動産を売却する理由が住宅ローンの支払いが苦しくなったことにあるのなら、不動産買取業者に相談してみましょう。

 

住宅ローンが支払えなくなり延滞が続き、競売にかけられてしまった・・・なんてことになる前に、売却して住宅ローンをすっきりさせてしまいましょう。

 

不動産買取なら、不動産の売却相談から現金化までがとにかくスピーディですから、引っ越し費用が捻出できるうちに早めに不動産買取業者での売却を検討してみましょう。

 

不動産買取業者の強み3.不動産の相続は大変!だから買取

相続した不動産の処理に困っていませんか?すぐに法定相続人で資産を分割したいときや、遠隔地で相続した不動産があるときには不動産買取業者に相談してみてください。

 

不動産を現金化してから法定相続人で均等に分割する、という場合には、仲介による売却では時間がかかりすぎてしまい、その間に相続トラブルが起こるとも限りません。

 

また、遠隔地で相続した不動産は、仲介による売却では手続きに手間がかかりすぎてしまいますし、現地の手入れもできないことから早期売却が難しくなってしまうことがあります。

 

どちらの場合にも、仲介より買取の方が安心して不動産を売却することができるでしょう。

 

不動産買取業者の強み4.誰にも知られず売却可能

離婚で不動産を売却することになった、家族にトラブルがあって売却したい、そんなときには誰にも知られず売却を進めていきたいですよね。

 

ところが仲介による売却の場合、どうしても「売却していること」を大々的に宣伝しなければいけないため、多くの人に不動産の売却を進めていることを知られてしまいます。

 

しかし不動産買取なら、売却相談から買取まで最短2~3日という素早い取引に加え、一切売却の宣伝もしないため誰にも知られることなく売却することが可能です。

 

他人に噂をされる中、不動産の売却が完了するまでそこで生活していくというのは思っているよりも精神的ストレスがかかります。

 

素早く不動産を売却してその後の生活をゆったり過ごしたい、という方は不動産買取の方が安心です。

 

不動産買取業者の強み5.時は金なり!手続き簡単な売却

とにもかくにも不動産買取なら、「手続きがとても簡単」です。

 

時は金なりといいますから、手続きや相談で多くの時間を取られていると心身ともに大きな負担もかかりますし、「高く売れたけれどその手間を考えると儲けた気がしない」と感じる方も多いでしょう。

 

不動産買取であれば、不動産査定で査定額に納得がいけばすぐに売買契約、代金清算と話が進んでいきます。

 

無駄な手続きや心労が一切ありませんので、仕事が忙しく時間を作ることができない人にも不動産買取はおすすめです。

 

不動産買取業者の強み6.売却後のリスクなし!

不動産買取業者の強み、最後は売却後のリスクなし!という点についてお話します。

 

仲介による売却では、「売却後でも一定期間(半年から1年ほど)は不動産に対する責任を持つ」のが一般的です。

 

例えば売買契約時にわからなかった住宅の欠陥やシロアリ被害、雨漏りによる損傷がひどかった時などはその修復にかかる費用を売主側が負担しなければいけません。

 

しかし不動産買取の場合、売却後の不動産に対する責任は不動産買取業者が持ちます。

 

不動産買取業者は買い取った不動産を自らリフォームして再販しますが、再販時には「不動産業者が不動産を売却する際の瑕疵担保責任2年縛り」が適用されます。つまりその物件に対する責任は元々の売主ではなく、一度買い取った不動産買取業者が負わなければいけないのです。

 

売却後の責任やリスク、トラブルなどを回避できるのは不動産買取の大きな強みと言えるでしょう。

 

仲介業者の強み

pixta_24275493_M

不動産仲介業者の強み1.売却額が高くなる可能性がある

不動産仲介業者の最大の強みは「売却額が高くなる可能性がある」ということです。査定額、売り出し額ともに買取価格の2~3割増しと言われていますから、1円でも高く売却したい方は仲介業者のほうがあっているといえるでしょう。

 

但しこれはあくまで可能性の話であって、すぐに売却できなければ値下げを余儀なくされますから、思ったような金額で売却できないことも多々あります。

 

買主側から更なる値下げを要求されることもありますし、仲介手数料を支払うことを考えると、売却額は高くとも意外に儲けが少なかった、ということもありますので注意しましょう。

 

不動産仲介業者の強み2.地域密着で安心

不動産仲介業者といえば、昔ながらの地域密着型不動産会社が多いのが特徴です。

 

担当者が顔見知りだったり、昔からなじみ深い人、同級生であったりすることも珍しくありません。

 

「どんな人か知っている」というのは、不慣れな不動産売買を進めていく中ではとても心強いことです。

 

取引も安心してできるでしょう。しかし逆に「顔見知りには申し訳なくて頼みごとができない」という方は、馴染みの不動産仲介会社で取引をしないほうが吉です。

 

不動産仲介業者の強み3.購入者の顔がわかる

買取による売却では、最終的に不動産を購入する人がどんな人なのかわかりません。しかし仲介による売却なら、どんな人が買ってくれるのかがわかるという安心感があります。

 

大事に住んでいた住宅を知らない人に売りたくない、という人におすすめですが、売却後にどのような人が住んでも売主側のその後の生活にはあまりかかわりがありません。

 

でも不動産仲介はこんなトラブルがある

不動産仲介の強みを紹介しましたが、不動産仲介で起こりうるトラブルについても覚えておきましょう。

 

まず瑕疵担保責任は売主側が負うこと、買主と物件をめぐってトラブルや争いになってしまうこともあります。

 

もし売主側が売買契約時に虚偽の申告をしていれば、訴訟などのリスクもあります。いち早く高く売りたいからと言って、不動産売買で嘘をつくことは絶対にやめてください。

 

不動産買取でも同じですが、不動産の売買を行う時には誠実に取り組みましょう。

*よく似た内容の記事はこちら
不動産売買は仲介業者?それとも買取業者?徹底比較しました!

まとめ

不動産買取業者と不動産仲介業者の徹底比較について、いかがでしたでしょうか。

 

細かくそれぞれの違いを見ていくと、仕事内容だけではなく不動産売買においての強みまで異なることがわかりました。

 

そして不動産売買と不動産業者について考えてみると、「すぐに売却したい」場合には断然不動産買取業者が有利だということがわかりますね。

 

不動産買取はストレスもなく、手続きも簡単です。

 

そして不動産買取の業者を選ぶときには、確かな実績と経験のある、安心できる不動産買取業者を選ぶようにしましょう。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です