あなたは大丈夫?不動産買取業者の賢い選び方

pixta_31409756_M

不動産買取業者に買取依頼をする例が、徐々に増えて来ています。

住宅の買取・再販を行う事業者はマンション、戸建て問わずに増加しており、取引件数もそれに比例し増加している形です。

今までであれば、不動産売却は当たり前に「仲介による売却」を選ぶほかありませんでしたが、これからは不動産買取業者による買取も視野に入れて不動産売却を進める必要があると言えそうです。

そして不動産買取を行う業者には、「大手買取再販業者」や「地域の中小不動産業者」などがありますが、中には悪質な買取業者が存在していることもあります。

買取業者に不動産を売却するのは驚くほど簡単で、すぐに取引が完了してしまいますから、悪質業者を正しく見抜けなければ「大きな後悔が残る」取引となってしまうでしょう。

そこで今回は買取業者と仲介業者にはどのような違いがあるのか、優良な買取業者はどうやって見つければいいのか、買取の適正価格の見極め方など不動産買取業者を賢く選ぶためのコツをすべて紹介いたします。

*よく似た内容の記事はこちら
不動産を売却するときに知っておきたい税金の全て

不動産買取業者と仲介業者の違い

始めに、不動産買取業者と不動産仲介業者のその明確な違いについてみていきましょう。

不動産仲介業者はどのようにして不動産を売るのか、不動産買取業者の詳しい仕事内容についても解説していきます。

不動産買取業者と不動産仲介業者の違い

不動産買取業者と不動産仲介業者の明確な違い、それは「不動産を直接買うかどうか」という部分にあります。

不動産買取業者は「売主から不動産を直接買取」しますが、仲介業者は「売りたい人と買いたい人の橋渡し」が主な業務です。

不動産買取業者の中には、買取を専門的に行う「買取専門業者」と、仲介も買取も行う不動産業者が存在しています。

買取も仲介も行う不動産業者の場合、始めは仲介による売却を進め買い手がつかなかったときに不動産業者が買い取る、という形式のところもありますし、実際には買取をほとんど行わない業者もあります。

不動産売却と聞くと、まず初めに思い浮かぶのは「不動産仲介業者が行う仲介による売却」だと思いますが、実際には様々な売却方法があるのです。

不動産売却方法

不動産買取専門業者◎×不動産を直接買い取る不動産仲介専門業者×◎売主と買主の橋渡し買取も仲介も行う業者○○仲介も買取も行う
不動産買取業者とは

上記で説明した通り、不動産買取業者と言ってもすべてが同じ形態で業務を行っているわけではなく、「即時買取」と「買取保証」の二つの業者にさらに分けることができます。

即時買取
買取業者の中で「即時買取」の業者は、「売却相談をするとすぐに買い取ってくれる」という特徴があります。

住宅ローンが厳しくなってしまった、離婚や転勤によって自宅を手放さなければいけなくなったなど、すぐに売らなければいけない事情があるときに利用できる業者です。

とてもスマートに不動産を売却できますが、その反面不動産自体の価格が安くなってしまうということも覚えておきましょう。

買取保証

売却相談から実際に売り出す最初の段階では仲介を、一定期間買主が見つからなければ「買取」してもらうという媒介契約を結ぶという買取方法です。

これは仲介専門業者に依頼した際の「最終的に不動産が売れるかわからない」、という不安感を払しょくできるのが利点です。

即時買取よりも高い値段で売却できる可能性もありますし、いつまでたっても不動産が売れないストレスからも解放されます。

しかし仲介による売却と同じく、ある程度は売却までに時間が必要ですから、お金と時間に余裕がある人向けの業者と言えます。

また、買取価格を安く設定し、仲介に力をいれないような悪質な業者もいますので、売却時期がある程度きまっている、など条件がある人にはむいている方法だと思います。

買取と仲介はどちらが多い?
そしてやはり気になるのは、「買取と仲介は結局どちらが多いのか」ということだと思います。

現在、不動産売却の方法で広く選ばれているのは「仲介による売却」です。

そもそも「不動産の買取」というものは、直接物件を買い取れるだけの資金力がある大きな不動産業者でなければできません。

地方に根差す中小企業には、買取が現実的に厳しいという面があり、その結果仲介を主に行う業者が多くなってしまいます。

しかし近年では戸建て・マンション問わず買取再販業者が増えてきていることはニュースなどでも取り上げられていますよね。それに伴い取引実績も増加してきており、地方を主軸に全国展開している買取専門業者も存在しています。

買取専門業者が増えることによって、これからはより「買取」が選びやすくなっていくのではないでしょうか。

不動産買取業者と仲介業者のメリット・デメリット

pixta_15156226_M

不動産買取業者選びを失敗したくないのであれば、買取業者と仲介業者のメリット・デメリットについても知っておく必要があります。

デメリットの少ない方法で、賢く不動産を売却に導きましょう。

不動産買取業者のメリット

不動産買取業者のメリットは多くあります。

・買取業者との直接交渉で安心
・売りたいときにすぐに売れる
・不動産の種類に関係なく売却できる
・売却すること・したことがばれにくい
・仲介手数料が不要
・売却した後にトラブルが起こらない
・次の物件を購入する目途が立ちやすい

買取業者のメリットを見てみると、「とにかくお金関係が解りやすい」という部分が挙げられます。

買取業者が提示する査定額はそのまま売却額になりますから、現在の住宅ローン返済や次の物件を購入するための資金計画がすっきりとわかりやすくなるでしょう。

また、仲介手数料を支払う必要がなく、「手付金」を受け取ることもない為はっきりと純粋な収入が見えてきます。

買取では「すぐに現金化したい」という時にさっと対応してもらえますので、ライフプランが立てやすくなるのもうれしいポイントですね。

次に「不動産売却が周りに目立たない」というのも意外に大きなメリットではないでしょうか。仲介による売却では、多くの物件がまだ住んでいるのにもかかわらずネットやチラシに広告を打ちますから、どうしても売却活動していることがご近所や、会社などに知れてしまう可能性が大きいです。

売却が完了するまで、噂話の的にされてしまうのは心理的負担もとても大きくなりますので、不動産の売却について余計な詮索をされたくないという方は買取に向いていると言えるでしょう。

不動産買取業者のデメリット

このように大きなメリットがいくつもある中で、不動産買取業者にも少なからずデメリットは存在しています。

その一つが「とにかく売却金額が仲介より低くなる事が多い」ということ。「買取業者は選ばない」という人が多いのも、この売却金額が仲介業者より低くなる事に疑問を抱いているからではないでしょうか。

具体的に不動産買取業者による買取額は、仲介による売却の7割程度の額となる事が多いようです。

しかし、買取業者には仲介手数料がないこと、不動産をすぐ売却できるため不動産の維持費もかからないこと、すべてにおいて面倒がなくすぐに売却できてしまうことを考えると、売却金が安いだけの価値があると言えるでしょう。

もう一つ、不動産買取業者のデメリットとして「買取できない物件もある」ということが挙げられます。

リフォームして付加価値をつけることができない「新築・築浅物件」や、「法律的に問題がある物件リフォーム不可能」といった物件は買取してもらえない可能性が高いでしょう。

どんな物件でも買取してもらえると思っていると、いざという時に買取を拒否されてしまうかもしれません。

このような不動産を売却したいときには、仲介業者と買取業者の両方に問い合わせてみることをおすすめします。

不動産仲介業者のメリット

不動産仲介業者のメリットは、なんといっても「最も高く売れる可能性がある」ということです。

仲介による売却では、売り出し価格を高くしても購入する人がいればその価格で売ることができます。

不動産仲介業者のもう一つのメリットは、「自分の不動産を買った人がわかる」という点です。

自分が大切に住んできた家は、安心して売却できる人に売りたいと考える人は少なくありません。

愛着のあるマイホームをこれから先も大切に住んでほしい、そういう方には仲介による売却が向いていると言えます。

不動産仲介業者のデメリット

不動産仲介業者のデメリットは意外に多くあります。

・売却までにかかる時間が長い
・いつ売れるかわからない心理的ストレス
・買主が一般人となるため価格交渉が面倒
・売却後のトラブルが起こりやすい
・瑕疵担保責任を負う必要がある
・売却できるまで引っ越しや次の物件購入に踏み切れないこともある

仲介業者の一番のデメリットは「いつ売れるかわからない」という部分です。

仲介だと売却までに平均で3か月といわれていますが、平均期間で売却できるのはとても運がいいと言えるでしょう。1年以上売れない物件も珍しくありません。

売却を急いでおらず、資金面にも不安がなければ売れるまでいつまでも待てるかもしれませんが、多くの人はできれば早く売れてほしいと思うはずです。

また、仲介による売却は売却後にもトラブルが起こる可能性を秘めています。

「瑕疵担保責任」という言葉をご存知でしょうか。瑕疵担保責任とは、「売買契約時までに気づけなかった大きな住宅の瑕疵について、売主は買主に対して責任を負う必要がある」ことを言います。

少し難しい言葉ですが、簡単に言うと「住宅に重大な欠陥があった時、その住宅を売った人が責任をもって補修、賠償等をする必要がある」ということです。

但し瑕疵担保責任は永久に追わなければいけない責任ではなく、個人間の売買では3か月程度の期間を定めるのが一般的です。

不動産買取業者を賢く選ぶためには

pixta_32588583_M

最後に、不動産買取業者を賢く選ぶために覚えておきたいコツについてご紹介します。

「知らずに損した!」なんてことがないように、しっかり知識として蓄えておきましょう。

買取相場を調べる

買取業者に直接依頼する前に、まずは独自に買取相場を調べてみましょう。

仲介による売買より件数は少なく、相場を調べるのには少し苦労するかもしれません。なかなか買取相場を調べられないときには、仲介による売却の相場を調べ、その価格を30%減額させて目安とする、という方法があります。

その他、ネットで買取一括査定を申し込むのも一つの手です。ネットでの査定はその後の営業活動もほとんどない為、安心して利用できます。

買取実績を調べる

次に気になる買取業者を見つけたら、その実績を調べてみましょう。

年間どれくらいの取引数があるのか、買取業者のサイトを探し、買取実績を見てください。コンスタントに買取実績のある業者は、安心して取引ができる業者と言えます。

<また、多くの不動産を買い取れる業者は資金力があり、不動産業を長期的に行なっている事から銀行の融資を受けやすいといえます。>

買取業者によって異なる得意な不動産

あなたが売却したい不動産が戸建てかマンションか、それによっても選ぶべき買取業者は異なります。

買取・再販業者は「戸建てかマンションに特化する」という特徴を持つ会社が多く、戸建てを得意とする買取業者はマンションを高値で買うのは難しくなります。

なぜなら、戸建てに特化している業者は、戸建ての販売ルートやノウハウは持っていても、マンション買取・再販に関するノウハウは持っていないからです。

最終的に買取業者を選ぶ前に、自分の不動産とその買取業者の得意物件がマッチしているか、必ず確認しましょう。

買取保証付きという選択肢

最後に、買取専門業者だけではなく買取保証付きの業者も不動産売却の視野に入れておいてください。

すぐに買取してもらうのでは価格が安すぎるとは思うものの、仲介による売却では本当に売却できるか心配な方はこちらを選ぶといいでしょう。

但し時間とお金に余裕がある人向きの選択肢ですので、売却を急ぐ方は買取専門業者がおすすめです。

まとめ

このように、不動産の買取業者を選ぶときにはただ「なんとなく気に入った」業者ではなく、しっかり下調べしてから選ぶことが大切です。

買取専門なのか、仲介も行う業者なのか。またそれぞれの業者が持つ得手不得手も良く調べ、少しでも高く買取してもらえるように慎重に買取業者を選びましょう。

買取価格は安くなりますが、どうしてもうれない築古住宅や事故物件などは積極的に買取を選んだほうが後々のトラブルを防ぐこともできます。

売却をする事情によっては仲介よりも買取の方がメリットが大きくなりますので、買取業者はよく選び、損をしない不動産売却にしていきましょう!

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―
banner_650_200

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です