媒介契約の基本はこれだ!一般媒介の良い点・悪い点をチェック

16-09-78

媒介契約の基本はこれだ!一般媒介の良い点・悪い点をチェック

 

不動産の売却を検討している人のほとんどは不動産会社に不動産の売却を任せることだと思います。そのときに必要となるのが、不動産会社との媒介契約です。

 

この媒介契約には大きく以下の3通りの方法があります。

媒介契約は「専属専任媒介契約」、「専任媒介契約」、そして「一般媒介契約」です。

ここではその中でも一般媒介契約について紹介しています。

 

一般媒介契約の基本!メリットとデメリットを調べてみました。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産会社と締結する「媒介契約」と「売買契約」の違いとは?

 

一般媒介契約とは

63340424 - check!

不動産を売却する場合、自分自身の手で買い手を見つけるのは至難の業と言ってもいいでしょう。そのため不動産会社に不動産の売却を仲介してもらうのが一般的な形となります。

そこで不動産会社との媒介契約を結ぶのですが、不動産会社との一対一の契約となる専属専任媒介契約、専任媒介契約と異なり、複数の不動産会社と不動産売却の仲介の契約ができるのが一般媒介契約となります。

 

また、自力で探した買い手と不動産会社を介さずに売買契約を結ぶことも可能となっています。

 

期限が設けられる専任媒介契約などと違って一般媒介契約には有効期限はありません。

またレインズへの登録は任意となっております。さらには不動産会社が活動状況を売却予定者に対して報告する義務もありません。

 

一般媒介契約には2種類の契約方法があります。一つは明示型でこれは他にどのような不動産会社と媒介契約を結んだかを通知する契約です。そしてもう一つの非明示型ですがこれはどこの不動産会社と一般媒介契約を結んだのかを通知しない方法です。

 

 

一般媒介契約のメリットとは?

一般媒介契約のメリットは「複数の不動産会社と媒介契約を結ぶこと」が最大のメリットと言えます。

一つの不動産会社との媒介契約では不安だという人にとっては一般媒介契約が唯一の契約となるのです。

また、自分自身の力で買い主を見つけることもできます。

知人などのつてを伝って幅広く買い主を見つけたいという人にとってもこの一般媒介契約はメリットとなるのです。

また、契約形式を明示型にしておくことで不動産会社同士で競争意識が働くことになります。それによって不動産会社の営業活動が活発化することに期待が持てます。

レインズに登録は任意となっているので、登録物件が全国的に公にならなくてよいこともメリットです。

 

※よく似た内容の記事はこちら
名前に「一般」がつくのに一般媒介契約があまり一般的でない理由

 

一般媒介契約のデメリットとは?

24231528 - light bulbs light up symbol of good ideas, on a gray

複数の不動産会社と契約できるメリット以外がデメリットとなるのが一般媒介契約です。

少し述べましたが、全国的な不動産売買のデータベースであるレインズへの登録は任意となっております。

 

これによって物件情報の広がりが制限されるのは否めません。

これは明らかに不動産売却の機会を大きく阻害していると考えてもいいでしょう。その分たくさんの不動産会社と幅広くつきあうことができるのですが、その部分をどう比較するかによってこの部分の評価が変わってきます。

そして、大きなデメリットとなるのが不動産会社からの活動状況の報告義務がないことです。

気になれば売却予定者から問い合わせをすることもできるのですが、詳細な報告は聞けない可能性が大いにあると考えておかなくてはいけません。

 

不動産会社を探す

たくさんの不動産会社と媒介契約を結ぶことができるのが一般媒介契約のメリットとなります。

そこで活用したいのがネットの不動産査定依頼サイトです。

このサイトでは、物件情報を入力することによって売却査定額を算出してくれるサイトです。売却金額もさることながら、優良な不動産会社を探すサイトとして有効に活用できます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却の媒介契約は、一般媒介と専任媒介のどちらが良いでしょうか?

 

まとめ

50436182 - business women is showing the smartphone business partners
不動産会社は、一般媒介契約よりも売却予定者との一対一の契約、すなわち専任媒介契約あるいは専属専任媒介契約を勧めてきます。

これは不動産会社としては当然の営業活動と言えます。

その不動産会社1社とのつきあいを重視するのでしたら専任媒介契約のメリットがあるのですが、多くの不動産会社と媒介契約を結び少しでも高く不動産物件を売却したいというのであれば一般媒介契約のほうがより可能性があります。

この場合は、自分の持っている不動産物件に自信がある場合が多いのは間違いありません。

さらにレインズに登録しないということから物件情報が不必要に世間に広がることを防ぐ意味もあります。

一般媒介契約にも一長一短がありますが、物件に自信がある、人気のエリアの物件だというのであれば一般媒介契約のほうが他の媒介契約よりもより高値で売却できるはずです。

媒介契約の種類によって不動産会社の対応が微妙に変化することがあります。

一般媒介契約は不動産会社にとってはそれほどメリットがある契約ではありません。

自信のある不動産物件であることの理由はそこにあります。不動産会社が積極的に動きたくなる物件であれば、一般媒介契約が一番ということになりますし、不動産会社には大いに競争してもらうことができるのです。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です