要チェック!土地の売買で起こりやすいトラブルと対応策

16-09-84

要チェック!土地の売買で起こりやすいトラブルと対応策

48020633 - housing image

土地の売買において起こりやすいトラブルというのはどのようなものがあるのでしょうか。

土地の売買において頻繁に起こるトラブルとして代表的なものは、契約締結後の瑕疵担保責任におけるトラブルです。

 

土地の売買においては非常に大きな金額のお金が動きます。

そのため、それに伴うトラブルもまた起こりやすいものなのです。

たとえば、土地の販売価格においてのトラブルがあり、売却によって高額な手数料を請求されることもあるのです。

他にもトラブルは色々な場面において発生するのです。

 

無事に住宅を売却できていても、非常に高額な修理費用の請求をされてしまう、というトラブルも起きてしまうのです。

その住宅に本来であれば修理すべき点があるにも関わらず、そのまま放置して売却したのであれば修理する必要も出てきます。

 

売るときの条件などというのは不動産業者に任せているので、条件をごまかし口八丁で売却してしまい、それからトラブルになり修理代金を売り主が支払わなければならない、ということもあるのです。

 

また、新築の住宅を売却した場合であっても、その家に対して修繕費用を10年間負担しなければならない、ということが定められている法律もあります。

 

つまり、自分の手から離れている状態でも、自分に責任が残っている、ということもあるわけです。

このような知識がないままで売却をしてしまうと、後々になって思いがけない出費が発生してしまうこともあります。

 

せっかく高く土地を売却できたにも関わらず、そのような後々になって出費が出てしまえば意味がありません。

知識がないために不動産業者に責任が押し付けられてしまうケースもあるのです。

事前にしっかりと知識を持っていなければ、それに付け込んでくるような悪質な業者もいるのです。

 

そのような状態になってしまうのを事前に回避するためには、その知識をしっかりと身につけるということが必要不可欠になるのです。

少し時間をかけて知識を身につけておく、というのが賢明だといえます。

※よく似た内容の記事はこちら
要注意!土地の売買で起こるトラブルは「契約」の段階で防げる

 

土地境界トラブル

48038559 - home sales, the hands of the businessman

土地の売却においては、なんでもスムーズに物事が進むというものではありません。

その背景には色々なトラブル、困難といったものが発生してしまうことも少なくありません。

 

通常、家を建てて生活すると法律上の正確な土地の境界線はあまり気にしないものです。

多くの場合、家と家の間に塀が作られているのですが、それが法律上における正確な境目であるかどうかは明確ではないこともあるのです。

 

当然塀は、まっすぐ建てなければならないので、境界から少しずらされていることもあるのです。

そのような正確な境界が分かっていない状態で土地の売却をしてしまうこともあるでしょう。

しかし、そのようなことをしてしまうと、他人の所有物を勝手に売却してしまっている、ということになりますので十分に注意しましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
売買契約書の基本用語⑤土地の売却は「登記簿売買」と「実測売買」の2種類

 

土地の売買においては正確な境界がわかる書類を準備しておかなければなりません。

 

さらに、実際の土地に対して目印を入れておくというのも重要なのです。

土地の境界というのは、目印となっている杭が打ち込まれていることもあるのですが、時間が経過すると腐食をして確認できなくなることもあるのです。

 

そのため、地面の中にしっかりと目印になる石を埋めこむなどといった境界線になるものを確保しなければなりません。

境界をしっかりと決めておかなければ最初は正しい場所に境界があっても、途中で隣の家の間の塀を建て替えた時には位置がずれていることもあるのです。

 

土地を売ろうと言う時にトラブルが起きると、そのトラブルに時間を取られてしまい、いつになっても売却することができない、ということもあるのです。

 

そして、土地を売却して引越し先を確保したいと思っているのであれば、そのような計画も全て狂ってしまいます。

そういった状況から少しでも早く抜け出すためには多くの専門家の手を借りなければなりません。

そしてトラブルを予防するためには、しっかりと対策を取っておくというのが欠かせないのです。

スムーズに土地の売却をするためには、重要なことなのです。

※よく似た内容の記事はこちら
土地の売買契約時に注意したい「面積」「境界」「測量」について

 

任せっきりはダメ

48020506 - housing image

土地の売却において起きるトラブルの中には、不動産業者に任せっきりになっていることでトラブルになることもあります。

不動産業者に売買を任せっきりにしていると、希望していない契約を結ばされることになり、仲介手数料を上乗せされてしまうこともあるのです。

 

土地の売買においては様々な法律が関係してきます。

つまり、素人同士で売買契約を結ぶというのは簡単ではないでしょう。

そのため、不動産業者を仲介にして売買契約書を作成してもらい契約を結ぶのですが、不動産業者というのはピンからキリまであります。

 

そのため、質の良くない業者に依頼をしてしまうと、良い契約を結ぶことができないどころか、思いがけないトラブルに巻き込まれてしまうこともありますので、十分に注意をしておかなければなりません。

せっかくの不動産売買が失敗してしまうのは残念ですよね。

 

不動産売買を行う場合には、少しでも信頼できる業者に依頼すると同時に、まずは不動産査定を受けてみてはどうでしょうか。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です