売るタイミングが重要!急いで売却しないほうがいいマンションとは?

16-09-61

売るタイミングが重要!急いで売却しないほうがいいマンションとは?

 

マンションの売却には、売りやすいタイミングとそうでないタイミングが存在します。

 

できるだけ良い条件で売却したいと考えているならば、売りやすいタイミングを選択したいものです。

ここでは、マンションを売るのに適したタイミングと、急いで売却しないほうがいいマンションについて記していきます

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却は金利の動向をチェックすればタイミングを見極められる

 

マンションを売るタイミング

51950245 - calendar and time management

マンションを売るのに適したタイミングがあるとしたら、それは一体いつなのでしょう?

春先と秋口は移動が多い

賃貸物件の場合は、入学や入社、あるいは転勤を控える1月から3月の時期に、新たな入居者が増える傾向があります。

 

新たに購入する場合でも、新年から新しいマンションで生活したいと考えている場合、9月から11月あたりに物件を探す人が増える傾向があるかもしれません。

 

1月から3月9月から11月、この2つの時期は、人の移動が多くなるタイミングといっても良いでしょう

 

特に1月から3月は、子供の新入学に合わせて分譲物件を探す人も増えるため、マンションの現金化を急いでなければ、その時期にタイミングを合わせて、半年くらい前から準備をしておくのもひとつの方法です。

地域ごとの特性

マンションを売るタイミングは、それぞれの地域ごとの特性も重要です。

 

例えば、「毎年○月は購入希望者が多くなり、買い手が見つかりやすい」となれば、その時期に合わせて準備を進めるのも良いかもしれません。

開発予定

例えば「鉄道などの新しい駅ができる予定がある」とか、「ショッピングモールの建設予定」や「工場などの誘致」といった開発予定があるとしたら、その時期には価格が騰がる可能性が高まるため、あえて売却を「待ってみる」というやり方もあります。

新築のマンション

売却予定の物件の近くに、新築の同じような規模のマンションが完成する予定となりますと、その地域の相場が変化し、売却価格が下落する可能性があります。

 

その場合は、完成前に売買が成立するように、早めに行動を開始するのも選択肢のひとつとなるでしょう。

データを集める

不動産会社には先述した開発予定や地域ごとの特性はもちろん、過去の売買取引のデータがあります。査定を依頼した際には、それぞれのデータを活かしたタイミングを図ることが大切です。

景気の状況

景気の善し悪しはマンションなどの不動産取引に大きく影響します。

 

景気が良ければ地価の高騰もあるため、高値で売却することも可能になりますし、その反対で景気が悪化すれば資産価値が下落する傾向があります。

 

とはいえ、景気の状況を適格につかむのはなかなか難しく、運の要素もかなりの部分で絡んでくるため、こればかりは「いつ、どうなる」というのは誰にもわかりません

 

良質の情報を集めて精査できる、メディア・リテラシー能力がカギとなります。

※よく似た内容の記事はこちら
なかなか売れないマンションを売るための効果的な値下げのタイミング

 

築何年での売却がベスト?

40618661 - travel images

マンションの売却のタイミングには、築年数も関係してきます。

目安は10年

マンションの売却は、築年数「10年」以内に行うのが一般的とされています。買い手の候補となる人達は、大抵の場合、まずは新築の物件から検討していきます。

 

そのため、築年数が10年以上の物件は、比較リストから外れてしまう確率が高まります。不動産会社の広告からも外れる傾向があるため、内覧希望者が少なくなる可能性があり、売却が困難になるためです。

 

もしも築年数が8年もしくは9年の物件で、売却を検討しているのであれば、早めに査定などの売却活動を始めたほうが良いかもしれません。

人気のエリア

とはいえ、何事にも例外はあるもので、マンションのある地域が人気のエリアで、駅から近く、なおかつ新築の物件が建設されるスペースがなく、中古マンションの売り出し情報が出てもすぐに売却が決まるような場合は、あまり築年数にはこだわらなくても良いでしょう。

 

「売却物件を募集するチラシ」が、頻繁にポストに入っているというのも目安になります。

 

売却スケジュール

先述したとおり、売却のスケジュールは、半年前から開始するのがおすすめです。

 

★査定→媒介契約(開始~1ヶ月)

最初の1ヶ月で物件の査定をしてもらい、できれば複数の業者に相見積もりを取った上で比較し、検討した上で最終的な決定をする形が良いかもしれません。

 

★売却活動の開始(2ヶ月め~4ヶ月)

媒介契約を結んだ不動産会社と売却活動を開始します。広告活動の内容や、内覧のお問合わせや実際に内覧した人数などを報告してもらい、その都度修正があれば修正していきます。

 

媒介契約の契約期間は3ヶ月のため、便宜上3ヶ月を目安としておきます。

 

★契約→引き渡し→引越し(4ヶ月~6ヶ月)

物件の買い手が決まりましたら、売買契約を結び、引き渡しの後、新居への引越しとなります。

※よく似た内容の記事はこちら
大切な不動産を高値で売るタイミングを逃さないためのコツ

 

まとめ

50436182 - business women is showing the smartphone business partners

マンションを売るタイミングは、繁忙期と呼ばれる1月から3月、もしくは9月から11月に合わせて準備を進めるパターンと、開発などの地域の情報を集めて決めるパターンがあります。

できるだけ高く売却するためにも、不動産査定してみてはいかがですか?

 

不動産が信じられないほど早く買取。もっと早く不動産を売りたい人は他にいませんか?
・不動産を最速48時間で現金買取!
・仲介手数料完全無料!

―オーディンスタッフ一同より―



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です