リゾート地の物件を売却するときのポイントと注意点

pixta_25333393_M

大きな金額が動く取引には詐欺師が寄ってくると言いますが、特殊な案件に近寄ってくるのも詐欺師の特徴。

 

 

不動産の売買でも「詐欺師が存在する」ということを忘れてはいけません。

不動産の広告で見かける「リゾートの土地、高く買います!」も例外ではないようです。

すべてが詐欺とは言えませんが、うまい話には裏があると用心したほうが身のためです。

さて、注意点はここまでとして、今回のテーマは「リゾート地の物件を売却するポイント」についてチェックしてみたいと思います。

リゾート地の物件は高く売れる?

 

リゾート物件は特殊なエリアだけに、一般的な住宅よりも売れにくいのも事実です。

実際に、売り出しから1年経っても買い手が付かないという物件もザラにあります。

売れない物件は、最終的に不動産屋会社が安く買い叩き、お金をかけてリフォームして市場価格で転売することが多いです。

安く買い叩かれてしまうくらいなら、買い手のニーズをつかんで事前にハウスクリーニングやリフォームで、できる限り綺麗な状態にして売ろうという考えもあるでしょう。

反対に売れる保証もないから、安くでも不動産会社に買取ってもらったほうがいいという考えの人もいるでしょう。

しかし、別荘やリゾート地の物件はシーズンだけ利用するものであって、売るという決意があるなら早く売却できる方法を選んだほうが得策かもしれません。

なぜなら、固定資産税などの維持費がバカにならないからです。1年待っても2年経っても売れなければ、結果的に買取のほうが得だったという話もあるようですね。

リゾート地の物件は管理が大変

 

リゾート地の物件といえば別荘なので、ほとんどの人が空家の状態で売りに出すと思います。

基本的に家屋は、空家の状態で売りに出したほうが売れやすいです。

居住者がいないほうが自由に見学できますし、オープンハウスなど販売活動がしやすいのも特徴。

家具などが配置されていないので内覧者が隅々までチェックすることができる、といった点がメリットですね。

とくに別荘なら生活感や生活臭がないほうが印象は良くなりやすいです。

ただし、リゾート物件は立地も特殊なので、通常の住宅よりも管理が行き届いていないと荒れ放題になっている場合があります。

売却を決めたなら、最低でも月に1回は管理のために訪問したほうがいいです。

放置すると、あっという間に周りに草が生い茂ってしまい台無しです。

だいぶ放置しているようなら、一度ハウスクリーニングに依頼してキレイに仕上げてもらうのがベスト。

その状態を保てるように、定期的に掃除に出向くのがよいでしょう。

リゾート地の物件を狙う詐欺師

 

リゾート地に土地を所有していたAさんは、広告の連絡先に電話をかけて査定を申し込みました。

数日後、査定結果の連絡があり、営業マンと名乗る男性は次のように話したそうです。

「まだ現時点では一部の関係者しか知らない情報ですが、あのあたりのエリア(Aさんの土地)は将来的に相場が上がるという噂がありまして、上手くいけば今の相場の5倍で買ってくれる人を見つけられるそうですよ」

そして、続けて、こう話したとのこと。

「そのときまでAさんが土地を寝かせておいて相場が上がったときに売るのも一つの手段ですが、もし相場が上がらなかった場合を考えると売っておいたほうが得だと思います」

「あのエリアの土地を買いたがっている人たちは将来を見込んで相場より高い価格でも先行投資するようですが、実際どうなるかわからないのも確かなので高値で売るなら今がチャンスかもしれませんね!」

なるほど、と思ったAさん。通常の相場では700万円の土地が、“業界人しか知らない裏の情報”を理由に今なら3,500万円で買い手が見つかるという内容でした。

冷静に考えると怪しい気配たっぷりの話ですが魅力的な取引だと思ったAさんは、その仲介業者に土地の売却をお願いすることにしたのです。

 

※よく似た内容の記事はこちら
おとり広告「高く買います」詐欺!土地の売却を悪用する詐欺師の実態

 

その結果、Aさんがどうなったかというと、仲介業者と名乗る営業マンに土地売却の広告費として45万円を支払う詐欺に遭ったわけです。

その際、Aさんは媒介契約を交わしたのですが、契約書には先に支払った45万円が業務委託料と明記されており、詳しい説明も受けないまま土地の仲介をお願いしたそうです。

仲介業者の営業マンとは数日後に連絡がとれなくなり、支払った45万円も戻ってきませんでした。

当然、土地の販売活動も行われておらず、売却できないまま終了。

地域の不動産会社に事情を説明したところ、「この手口、おとり広告の手数料詐欺ですね」と言われ、

もちろん、相場の5倍で売れるなんて情報も真っ赤な嘘だったようです。

リゾート地の物件に強い不動産会社

 

一括りに不動産会社といっても得意、不得意な分野とがあります。

たとえば一般媒介で複数の不動産会社に販売活動を依頼すれば、それぞれの会社の強みも分かってくると思います。

一定期間、販売活動を行い最終的に売れ残ってしまった場合、自社で買い取ってくれる不動産会社もあれば買取できない不動産会社もあります。

一般の家やマンションと同じように、まずは複数の不動産会社に査定を依頼し、その不動産会社の強みや得意分野、実績をチェックすることが大切です。

リゾート地の物件は特殊な売却になります。

 

できるだけ、リゾート地の物件に強い不動産会社に仲介を依頼したいですね。その際は、買取保証サービスもあるか確認しておくと便利です。

 

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です