不動産会社に知り合いがいても売却の仲介を頼んではいけない!

pixta_18498303_M

不動産会社に知り合いがいても売却の仲介を頼んではいけない!

不動産を売却するにあたり、もし知り合いが不動産会社の営業マンだったら、「相談してみようかな」「仲介を任せようかな」と考える人も多いのではないでしょうか。

結論から申し上げると、不動産会社に知り合いがいても、その人に仲介を任せるのはNGとされています。それは、不動産会社でなくても個人に仲介を任せるのもNGです。

なぜ知り合いに仲介を任せてはダメ?

 

不動産会社に知人がいたとして仲介を依頼したなら、相手は喜んで引き受けるでしょう。自分が頼りにされているという気持ちもありますし、何より契約が成立した際には自分の給与にプラスになりますからね。

不動産会社の給料は基本的に歩合制です。ベースとなる基本給はあるかも知れませんが、毎月ある程度の売り上げ数字を残さないと生活に影響が出ます。

ましてや、家族を養っている人であれば、必死になって契約を取りに行くでしょう。親切心で引き受けたとしても、このような事情があったならば、どうにか売買を早く成立させるために違法とは行かないまでもギリギリの手口を使う人もいます。

たとえば、相場からかなり離れた価格設定で売りに出したり、売却にあたっては該当物件の基礎情報をきちんと調査する必要がありますが、それを怠ってしまったりするケースです。

こうしたことがあると、契約後のトラブルに発展しかねません。知り合いに不動産の仲介をお願いした時に、よくあるトラブルが次のようなケースです。

※よく似た内容の記事はこちら
売れない不動産を売るための「テコ入れ」の方法とは?
pixta_28576605_M

売主に問題があるトラブル

 

トラブルの一つとして、瑕疵担保責任をめぐるトラブルがあります。売却した後に、その土地や建物重大な欠陥が見つかる場合です。

こういった場合は売主側に修繕などのきちんとした対応が求められるのですが、買主が直接売主に申し出ることはありません。仲介業者がいる場合は、彼らを通して行われます。

このような時に、自分が買主だった場合、仲介業者を通して売主に誠実な対応を取るように求めるのですが、なかなかきちんと対応してもらえないこともあります。

仲介業者が知人でなければ強く申し出たり金銭的な要求もできたりするかも知れませんが、相手が自分の知人となるとどうしても遠慮の部分が出てきてしまうものです。

しかも不動産の売買は金額が大きいので、こうなるとその知人とのその後の付き合い方が悪くなってしまうこともあり得ます。

不動産取引に限りませんが、取引全般、特に大きなお金が動く時には様々なことに敏感になりますので、知人が相手の場合にはかえってデメリットが際立ってしまうこともあるでしょう。

不動産会社に問題があるトラブル

 

知人の仲介業者に依頼して早く売却の契約を成立させて欲しいけれど、なかなか契約がまとまらないとなると、どうしても知人の営業マンとしての手腕を疑ってしまいます。

また、仮に成約できたとしても、相場よりも少しでも下回った金額であったなら、やはり知人のことを疑ってしまいかねません。

営業職をしたことのある人ならわかるかも知れませんが、営業は常にキックバックなどの誘惑があるものです。

低い金額で売却して、あとで買主側から幾らかの金銭的見返りを受け取っている、といった疑念が出てきます。

仲介業者が赤の他人であれば、根掘り葉掘り問いただすことができるかも知れませんが、知人となるとどうしてもそうは行かないものです。このような問題も、不動産会社の知り合いに仲介を頼んだときに起こるデメリットと言えるでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産を売るタイミングは「築年数」と「販売活動」が大きく関係している
pixta_24275493_M

知り合いには仲介を頼んではいけない

一番に言えることは、知り合いということもあり言いづらいことが出てくると、スムーズな売却の妨げになるということです。

次の問題が、不動産という大きな金額の動く取引なので、些細なことでもトラブルに発展しやすく、その時に知人が仲介しているとトラブルがさらに大きくなりかねないということです。

そして3つめの問題は、物件を売りに出している場合には、早く高く売れて欲しいと願っていますが、自分のイメージより悪い条件で成約してしまうと不満を八つ当たりしてしまう可能性があります。

知り合いだからこそ起こるトラブルや不満があるので、不動産を売却するときには不動産会社に知り合いがいても任せてはいけません。

トラブルがあった際には、せっかく成約したにもかかわらず大切な知人と疎遠な関係になるというケースも珍しくないのです。

もし知り合いが不動産会社に勤務しているなら、仲介を依頼するかどうかは別にして、まずは相談相手として付き合ったほうが無難です。

知り合いだと安心感やコミュニケーションの取りやすさなど考えて、つい仲介を任せようと思いがちですが、よく考えるとデメリットのほうが多いことに気づけます。

不動産の仲介を任せたことが理由で敬遠な仲になってしまうのは厄介です。くれぐれも、不動産会社に知り合いがいても仲介を任せないように注意しましょう。

【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です