売却する前に物件をリフォームするのは正しいのか?

17-03-27

売却する前に物件をリフォームするのは正しいのか?

 

中古のマンションや一戸建てを購入するときに買主が重視することは何でしょうか。マンションの価格はもちろんですが、「綺麗である」というのもポイントです。

 

インターネットや不動産会社を通じて、物件情報を知った購入希望者は気になったマンションを見学しにきます。立地も良くて、外観もいいマンションなら購入意欲は高まりますよね。

 

しかし、実際に部屋の内部に入ったら相当汚れていていた場合はどうでしょう。これから住みたいという期待が一気に下がってしまうのではないでしょうか。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却前にリフォームやハウスクリーニングをした方がいいですか?

 

Woman with a painting roller or brush in renovate interior

Woman with a painting roller or brush in renovate interior

リフォーム物件の特徴

売却前にリフォームしてまで手を加えた綺麗な物件というのは、第一印象としてはかなり良いでしょう。リフォームした物件は「綺麗」と感じてもらえて、マンション購入希望者の気持ちを高めてくれる効果があります。

 

しかし、「綺麗になるならリフォームしたほうがいい」と思うでしょうが一概に好ましいとは言えません。なかには、安い物件を買って自分好みにリフォームする人もいます。

 

間取りや立地は気に入っているけど状態が古い、などという場合は築古でも安い値で買ってリノベーションやリフォームで自分好みにしたい買い手もいるわけです。この点が、リフォームで売却するときのデメリットですね。

 

新築にしても、中古にしても、マンションを購入するということは一生に何度もあるものではありません。これからどんな暮らしができるかという夢を持ちながら購入に踏み切ります。

 

そんなときに状態の悪い物件は「対象外」になってしまいます。購入希望者はいくつか候補をあげた中で内覧に来ますから、リフォームして綺麗にすることで希望者が早期に現れるメリットがあります。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの売却時に注意したい、リフォームとリノベーションの違い

即入居したい人には魅力的な物件

中古マンションを購入したら、すぐに住みたい、現状維持のまま住みたいという人もいるでしょう。そんな人には、売主がリフォームをしてくれた物件はかなり魅力的です。

 

また、綺麗な物件の場合、内覧に来た場合も好印象を持ってもらえます。あとは金額や立地などの条件、その他の候補と比較しながら検討することになるでしょう。

 

まずは「内覧者」に好印象を持ってもらえるのには間違いありませんから、買い手が見つかるのも早いというメリットが考えられます。

 

ただし、リフォームしたからと言って売却価格にリフォーム費用を上乗せして高く売れるとは限りません。売主の勝手な都合ですから、買い手には関係ありません。

 

売主としては「リフォーム費用をかけたのだから査定に上乗せできるかな」と期待しがちですが、必ずしも期待に沿うものではないことが多いです。

 

家の中を総合的に改修したのに査定額が厳しいものだった・・・ということもあるかもしれません。そして、先ほども言いましたが、中古マンションを購入する人のなかには「購入費用を少しでも抑えたい」という人がいます。

 

「リノベーションでオリジナリティ溢れる個性的な住処にしたい」という人もいて、状態がある程度悪くてもいいからとにかく安い物件を探している人もいるのです。

 

リノベーションという言葉が多く聞かれるようになった今では、初めから「古くてもOK」という買主も珍しくなくなっています。

 

そのため、家の中を大がかりにリフォームしてしまうと逆効果になってしまう可能性もありますし、リノベーションしたいと考えている人には不向きと判断されてしまいます。逆に売れにくくなるケースもあるので慎重に検討しなければなりません。

pixta_15100436_M

必要最低限のリフォーム

綺麗なマンションは買い手の印象を悪くはしませんが、売れやすくなるとは一概に言えません。リフォーム費用をかけてまで修繕したほうがいいマンションとは、どんなタイプのマンションでしょうか。

 

それは「汚すぎる家」です。壁紙にカビが生えている。障子がボロボロ、壁紙が剥がれている、壁に穴があいている、畳の劣化がひどいなど、あきらかに印象が悪い状態。

 

かといって、このようなリフォームは、そんなに高額になりません。少しの費用で、購入希望者の好印象に繋がれば、その分売却期間は短くなりますよね。

 

中古物件を購入する人は、ある程度の傷や汚れは覚悟しているものです。しかし、汚すぎるため購入希望者を失ってしまうこともあります。

 

簡易なリフォームも効果的ですし、ハウスクリーニングなどもおススメです。とくに、毎日使っているキッチン、浴室、トイレなどは汚れが付着しやすい場所は要チェック。

 

定期的な掃除と丁寧な使用である程度は防げますが、経年による汚れはついてしまいます。とはいっても、汚すぎると敬遠されてしまう原因です。

 

ハウスクリーニングである程度の汚れを取っておくと、印象アップに繋がりそうですね。また、リフォームした方が売れやすいのか、しない方がいいのかということについては、自分自身で判断できないことも多いでしょう。

 

何よりも重要なことは、「リフォームしたから直ぐに買い手が見つかる」とは限りません。立地や周辺環境も総合的に判断されます。

 

リフォームには費用がかかりますし、売却を任せる不動産会社にアドバイスをしてもらい、早期に売れるための方法を実践したいですね。

 

※よく似た内容の記事はこちら
勘違いすると厄介!リフォームしたほうが不動産は高く売れる?

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です