中古マンションでも売れる理由「立地が悪い中古マンション」を売る方法

17-03-22

中古マンションでも売れる理由「立地が悪い中古マンション」を売る方法

 

駅の近くでマンションを見つけるのは難しく、一戸建て用の土地を探すのも難しいです。マンションを探している人も「できるだけ通勤時間は短い場所がいいな」と思っています。

 

「ここの中古マンションで新築があればな・・・」と考えている人も少なくありません。また、自分のライフスタイルを重視する人も多く、「自分好みのマイホームがほしい」という考えも強いです。

 

新築マンションであれば設計などが決まっており、自分の考えを反映するのは難しいですが、中古のマンションをリノベーションすれば自分に合った部屋を得られます。

 

新築よりも築年数が経過したマンションのほうが価格を抑えられ、リノベーションにかけられる資金も多くなり、買い手からしてみれば中古マンションのメリットは大きいのです。

pixta_19004905_M
※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売れ行きに影響する?嫌われる立地や環境とは?

 

 

中古マンションの買取業者

買取業者は、中古マンションを買い取ったあとにリフォームやリノベーションを行って、部屋を生まれ変わらせたあとに再販するのが目的です。

 

リノベーション物件の人気増加に伴い、買取業者には今までに多くのリノベーション実績がありますので、どんな中古マンションでも見違えるような部屋に生まれ変えてしまいます。

 

また、今の時代のニーズも掴んでいますので、マーケティングもしっかりと行った販売戦略で買い取ったマンションを売っていきます。

 

これらの手間と技術を注ぎ込んだマンションをユーザーに売る事で利益を出しているのが買取業者です。ただし、買取は市場価格よりも安い値で買取られるというデメリットがあります。

 

立地の悪い中古マンションでも仲介で売れる可能性はありますが、駅から遠く築年数も古いなど条件が厳しい中古マンションの場合は買取も検討の一つかもしれません。

 

仲介のように「いつ買いたい人が現れて売れるか分からない」「本当に買いたい人が見つかるんだろうか」と不確定ではありませんし、買取保証サービスなら仲介で売却を進めて、期日までに買い手が見つからなければ買い取ってもらうことも可能です。

 

仲介による売却が難しい場合は、不動産会社から買取を提案してくることもあります。ただし、はじめから買取目的で「仲介では売れない」と言ってくる悪質な買取業者もいるので要注意。

 

マンションの仲介を依頼するときは担当者と相談したうえで、選択肢の一つとして買取を検討するとよいのではないでしょうか。

pixta_5585165_M

買取保証サービスについて

「売れなかったらどうしよう」と不安に思う人は多いです。とくに住み替えなどで売りたいケースは、「絶対に売れなければ困る」という人もいるはずです。

 

そんな場合に活用したいのが「買取保証サービス」です。買取保証とは、仲介で買い手が見つからず売れなかった場合に、その不動産会社が買取してくれるサービスです。

 

不動産の売却を依頼する際に買取保証を盛り込んで依頼すれば、期日までに売却ができなかった場合には不動産業者が買い取る契約となります。

 

これがあれば、住み替えの資金を用意する目処も立ちます。また、売却を始める時点で、最低限の買取金額が確定しますので、資金繰りの計画が立てやすいのもメリットです。

 

中古マンションを売却しようと考えた場合、「本当に売れるのかな」と不安に思っている人は、そうした不安を解消するサービスとして買取保証を利用してみるのもいいかもしれません。

 

しかし、はじめから買取保証を提案すると、最終的に不動産会社に安くで買われてしまうのでは、と不安になる人もいるかもしれません。その問題は少ないと思います。

 

まず、不動産会社は買取が本来の目的ではありません。一部の業者は「安く買取を行って高く売る」というビジネスを行っているのも事実ですが、多くの不動産会社は仲介が基本です。

 

買取なら、不動産会社もリフォーム資金を用意しなくてはなりませんし、売れないリスクを抱えなければならないので、買取保証になった場合はメリットよりデメリットのほうが多いと考えています。

 

そうした理由からも、不動産会社も買取にはリスクを抱えながら仲介を行いますので、「期日までに売らなくてはいけない」という気持ちも強くなり、売却に向けて熱心に販売活動するのが通常です。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却の方法、買取保証付き仲介のメリットとデメリット

 

pixta_24088979_M

査定は複数の不動産会社に依頼する

立地の悪い中古マンションに限らず、不動産を売却する前には複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。大よそ3社~5社が目安になります。

 

ただし、一括査定サイトでの査定はオススメしません。優良な不動産会社ばかりでなく、悪質な不動産会社が混ざっている場合もあるので要注意です。

 

しっかり自分でリサーチして、納得できる不動産会社に仲介や買取を依頼するのがベスト。複数に査定を依頼することで、信頼できる不動産会社を見つけやすくなります。

 

立地が悪いから買い手が見つかりそうにない、と諦める必要はありません。不動産会社選びさえ間違わなければ、仲介や買取で納得いく売却が望めるでしょう。

 

※よく似た内容の記事はこちら
複数の不動産会社に査定してもらえる「一括査定」のメリットとは?

 

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です