選択肢は一つじゃない!転勤が理由の不動産売却について

16_09_49

選択肢は一つじゃない!転勤が理由の不動産売却について

 

転勤の辞令を突然受ける、というのは会社員であればよくあることです。

そして、転勤族と呼ばれる方であれば、一生涯に10回以上引っ越しをすることもあるようです。

そのような時、不動産を所有しているのであれば家を売却するか、それとも貸すのか迷ってしまいます。

 

では、売却すべきなのか、それとも貸すべきなのか迷っているのであれば、いくつかポイントを押さえておくようにしましょう。

 

※よく似た内容の記事はこちら
転勤が決まったときのマイホームの対処5つの解決策

 

家を売りたい人のポイント

56079765 - light bulb and key

転勤が理由で家を売らざるを得ない、という状況になった場合、人生計画が狂ってしまうことももちろんあります。

家を購入する場合には、売却を前提として購入する人は少ないでしょう。

しかし、家を売りたいと思っていても売れない状況というのはやはりあるものなのです。

 

また、転勤とはいっても種類があります。

住宅に戻って来る見込みがない場合と、戻ってくる可能性のある場合もあります。

また、住宅が立地している場所もとても重要になります。

 

大都市圏内に立地しているのか、地方に立地しているのかもどう売れるのか差が出てきます。

このように、住宅にはそれぞれ特徴がありますので、その特徴を考慮したうえで、転勤後に住宅をどうするか決定しなければなりません。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産を高値で売却するための6つのポイント

 

借り手がつきやすいなら

26231704_l

まず、賃貸に出した方が良い住宅の特徴としては、また戻ってくる可能性があり、なおかつ大都市圏内に立地しているのであれば賃貸に出した方が良いでしょう。

というのも、条件が非常に良いので、すぐに借り手が見つかるのです。

大都市圏に立地しているだけでなく、駅10分以内などであれば、借り手はすぐに見つかります。

 

自分の財産として、ある意味収入源として貸すようにしましょう。

この条件であれば、借り手も驚くほど簡単に現れるでしょう。

 

また、税制面においてもメリットはあります。

確定申告することによって、建物の減価償却、租税公課、管理費といったものを経費として収入からマイナスすることができます。

 

会社員の方で給与所得を得ているのであれば、所得からマイナスすることができ税金を減らすことが可能なのです。

住宅設備、修理を行った場合にも経費にすることが可能です。

 

また、リフォームや住宅設備の修理の際にも経費であると認められます。

結婚を期に住宅を購入したのにすぐに転勤になってしまった、というような場合でもこの方法であれば再び戻ってくるまでの間はずっと賃貸として収入を得ることができるのです。

 

マンションなどであれば、建物は管理組合の手で維持管理されるので、何もせずに済むのでおすすめです。

借り手が変わった時などに目に見えているクロス、畳、ハウスクリーニングといったものを行わなければなりませんが、数万円程度です。

 

住宅ローンのある方であれば家賃収入によって相殺することができるので、やはり借り手がすぐに見つかるのであればできるだけ賃貸に出すようにしましょう。

また、数年後に戻ってくるのが確実なのであれば、賃貸借契約ではなく、定期借家契約を結ぶのも良いでしょう。

そうすれば、戻ってきたのにまだ住んでいる人がいるから自分の家に住めない、というトラブルを防ぐことができます。

 

賃貸に出すしかないタイプ

自宅の売買契約が成立していても、住宅ローンの残債が残ってしまう場合には賃貸に出すしかなくなります。

資金によって抹消できるものがあるのなら良いですが、長期間ローンを組んでいるような人は売りたいと思っても売れるものではありません。

そのため、賃貸に出したくなくても賃貸に出すのです。

※よく似た内容の記事はこちら
売れないマンションを「売る」ためのポイントは?

 

売却に出した方が良いタイプ

43807041 - woman with a check mark

転勤後、住宅に戻ってくる見込みがなく、さらに地方に立地していて借り手がなかなか見つかりそうにない。

そのような場合には借り手を見つけるのも困難ですので、思い切って売却に出した方が良いかもしれません。

 

地方というのは人口が減少するのは間違いありませんし、将来的に建物の価格が下落してしまうのもまた間違いありません。

大手仲介業者の出店していないエリアや地方都市に該当していないのであれば、少しでも早い段階で売却の手続きを開始するのが良いでしょう。

 

坪単価というのは都市に行けばそれだけ高額になるのですが、地方の場合には一坪あたりの土地というのはかなり下がってしまいます。

地方だと売りたくても売れない、という可能性が非常に高いですので、賃貸に出せても借り手がいつまでもいるという保証はないですし、人口が減少することによって家賃の下落の可能性が非常に高いのです。

 

そういった理由から、少しでも早い段階で査定に出してから、売却活動をスタートすべきです。

売却したいけど、なかなか決断できない、賃貸に出すか売却すべきか迷っている、というのであれば所有している不動産の価値を知る必要があります。

 

今後価値が下がるのか、上がるのか、どのくらい需要があるのかといったことを把握することで、売却すべきか賃貸にすべきかの判断も可能になります。

 

まずは不動産査定を受けてみてはどうでしょうか。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です