「大手の不動産会社」と「地域の不動産会社」どちらが高く売れる?

16-09-52

「大手の不動産会社」と「地域の不動産会社」どちらが高く売れる?

 

不動産会社を選ぶときには、会社の知名度や顧客への対応力はもちろん、実際の査定とそれにともなう説明、さまざまなデータに対しての担当者とのやり取りなど、実際に対面して話し合うことが大切です

 

初めて不動産を売る方の場合、複数の不動産会社に見積もりを出すのは良いけれど、結局のところ大手の不動産会社地域重視の不動産会社の、どちらがベストなのか分かりづらいのではないでしょうか。

 

今回は、大手と地域の不動産会社のそれぞれについて、メリットを比較しながら考えていきたいと思います。

※よく似た内容の記事はこちら
非公開: こんなはずじゃなかった・・・不動産の売却で後悔する人5つの特徴

 

大手の不動産会社を選ぶ場合

46618811_l

誰もが知る大手の不動産会社なら、知名度やブランド力だけでなく、見込み客も相当に抱えていると推察されます。すでに物件の購入を考えている顧客がいれば、あとは売り手とのマッチングをするだけになります。

 

繁忙期や閑散期などの波や土地環境、物件の状況なども関わってはいますが、すでに買い手が複数人集まっている場合には、まさに物件の売り時です。マッチングが成功すれば、不動産会社の営業スタイルに関係なく、スムーズに契約まで進みます。

 

また、大手の不動産会社は日本全国に店舗や直営店を持っていますので、地方住まいの方でも安心です。

 

各営業所にはそれぞれの地域や広域エリアに特化した営業担当者が常勤しており、売りたい物件の価格や買い手の付きやすさを考慮して、最適な販売計画を導き出してくれます。ノウハウや多数の成約実績を持つ会社なら、実際に買い手との契約もスムーズです。

 

大手ならではのコネクションや独自のノウハウがあれば、不動産の売り買いが初めてでもとても心強く感じますね。

 

ただし、大手だからといって常に見込み客を抱えているとは限りませんので、まずは営業担当者がどれだけの見込み客を持っているかをチェックしておきたいところ。見込み客がゼロのときは、大手であっても売却の可能性が低くなってしまいます。

 

地域の不動産会社を選ぶ場合

 

地域の中~小規模な不動産会社は、それぞれのエリアに特化していたり、地方都市を重視して営業をしています。いわゆる地元密着型の企業として、地域に住まう人々のニーズや要望を把握し、適正金額で物件や土地の取引を行なったり、仲介に入ります。

 

大手の不動産会社と異なる点は、とにかく地元に対して誠実であることです。地域の人々のライフスタイルや住宅事情に精通し、どんな住宅や物件に需要があるのかを細かく把握しています。

 

大手の不動産会社が知らないような詳細な情報や、地域ならではの特性・特徴なども把握しているので、小~中規模だからと侮ることはできません

 

また、地域の不動産会社には必ずと言っていいほど力を入れているエリアがあります。電車の沿線沿いや交通の便が良い場所、人の往来が多い場所、あるいは学校や公共施設など人が集まる場所についても詳しく知っています。

 

田舎のような郊外のエリアでも、買い手のニーズを把握したうえで売り手とのマッチングを行ったり、責任を持って売買を勧めてくれる場合が多いです。

 

売り手にとっては、売買予定の物件があるエリアに詳しく精通した不動産会社を見つける必要があります。それさえ完了すれば、広告宣伝などを通じて買い手を探し、マッチングを進めていくことができるのです。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却時にも参考になる買取業者の選び方

 

どちらを選ぶか迷ったときは…

46453839 - housing image

大手にするか地域密着型にするかで悩んでしまったら、再度売りたい物件について考えてみてください

 

どれだけ老朽化しているか?本当に売れるのだろうか?今は売り時ではないのだろうか?リフォームや修繕をしてからでなければ売れないのか?

 

上記のような疑問点や不安に対して、細かいところまで丁寧に答えてくれる不動産会社を探してみましょう。メールでも良いのですが、できれば電話や対面応対で、どの程度丁寧に応じてもらえるかチェックします。

 

さらに、相続や譲渡に関して、法律が絡むような疑問点をお持ちの方や、税理士・任意住宅アドバイザーが在籍しているような不動産会社なら、さらに信頼性がアップします。

 

通常の不動産会社の知識と経験だけでは解決のしない問題も、プロに相談できるシステムが整っていれば、安心して不動産をお任せできます。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の新たな付加価値になる?ヒートショックを防ぐリフォーム

 

まとめ

52402994 - office workers shaking hands

不動産をできるだけ高く売るには、まずは自分自身が希望額というものを割りださなくてはなりません。

 

情報を集めてみて、「このくらいで売れそう」と見込みがついたら、あとは大手地域密着型かという視点で不動産会社を選ぶことになります。

 

しかし最初から二者択一にするのは難しいので、両方の(もしくは3つ以上でもOK)会社から複数の「査定(見積もり)」を取ってみてください。

 

見積もりを取ることでそれぞれの不動産会社のスタンスや査定内容が分かりますし、自分の物件を託すことができる、信頼のある会社を絞り込めるようになります。

 

信頼のできる会社が見つかった後は、物件や土地の査定も依頼し、詳しく見積もりを取ってみて、売買を進めるかどうか検討されると良いでしょう。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です