不動産買取の「メリット・デメリット」と「即時買取」「保証買取」の違い

16_09_35

不動産買取の「メリット・デメリット」と「即時買取」「保証買取」の違い

 

不動産売買は「売り手」と「買い手」のマッチングで成り立っています。相続などで譲り受けた実家をどうするか迷っている方もいると思います。「売るか?」「貸すか?」「住むか?」……。売ると決断した方、不動産会社が物件を買い取りする方法として、「仲介」と「買取」の2種類があります。ここでは買取にスポットをあて、メリット・デメリットなど詳しく掘り下げていきます。

 

※よく似た内容の記事はこちら
中古マンションを高値で買取してもらうコツとは?オーディン不動産スピード買取サービス事業部が教えます!

 

業者の「買取」はなぜ安いのか?

52807762 - man to sign a real estate contract

物件を売る方法として、「買取」「仲介」の2つがあります。

 

「買取」とは、不動産会社直接、家の買取することを意味します。売却側のメリットとしては、買取の場合は購入者が業者なので、早期売却できるメリットがあります。直接売買なので仲介手数料は必要ありません。

 

ただし、デメリットがあります。仲介よりも売却価格が大抵は下がります。買取は、事情があって早く現金化したいために売却を急ぐ人が利用されることが多いです。

 

「買取」は、仲介手数料が発生しないために、不動産会社にお金は入ってきません。不動産会社は物件を買い取った後、大抵はお家をキレイにハウスクリーニングやリフォームを行った上で、新たな魅力・価値をつけて売り出します。つまり、売却した金額から、家の購入費用やリフォーム費用などを差し引いた額が利益になります。

 

不動産会社が買い取った家に対する責任はすべて不動産会社に移ります。不動産会社にとってはリスクが大きくなります。そのため、不動産会社は利益をあげるために、買取価格を少しでも安くしたいのが本音です。

 

「仲介」は売れなければ一銭も入ってきません。

 

「仲介」の場合の不動産会社の利益は仲介手数料となります。仲介手数料は、国が上限を定めています。不動産売買にかかる仲介手数料は、売買価格の5%、4%、3%のいずれかに、消費税をプラスした金額になります。5%を超えなければ、不動産会社が自由に決めることができます。

 

物件を売れなければお金が入ってこないために、不動産会社は購入者を見つけるために東奔西走してくれます。デメリットは、購入者が見つからなければ売却することができません。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの「仲介」と「買取」との違いはありますか?

 

不動産買取のメリット一覧

  • 売り主と買い主のマッチングの必要性がないので、早く売却できる
  • 売却価格がすぐに決まる
  • 仲介手数料を支払う必要がない
  • 仲介では成約しぬくい土地や建物でも買い取ってもらえる
  • 広告などに掲載されないため、近所の人など知られずに売却ができる
  • 購入者が自宅に訪れる内覧不要
  • 売却後の瑕疵担保責任が発生しない

 

買い取りのデメリットとは?

  • 売却価格が仲介より安くなってしまう

 

 

不動産買取は、大きく分けると2種類あります。

不動産売却にはいつ売れるのかと不安がついて回ります。仮に、購入希望者が見つかった場合でも、一括払いする方はまれです。多くの方が住宅ローンを利用するため、住宅ローンの審査に時間がかかったり、ときには住宅ローンが通らなかったりする場合もあります。

そんな不安を回避したい人は買取を選びますが、買取にも2種類あります。

 

即時買取とは?

 

「即時買取」とは、市場への家の売却活動は一切せず、不動産会社が買い取る方法です。すぐに家を売る必要がある方向き売却方法です。家の売却価格は、買取保証よりも安くなる場合が多いです。

 

保証買取とは?

 

「保証買取」とは、仲介を目的に広告などに掲載し、一度多くの人の目に触れます。一定期間、家の売却活動をしたけれど、成約に至らない場合、業者と事前に約束した価格で、物件を買い取ってもらう方法です。時間に余裕がある人に向いた買い取りプランです。

 

 

買取で家を売却する時の流れ

50436182 - business women is showing the smartphone business partners

ステップ1 家の査定を複数の不動産会社に依頼する

ステップ2 依頼した不動産会社から家の買取価格を提示してもらう

ステップ3 家の売却先、買取業者を決める

ステップ4 家の売却スケジュールの打ち合せをする

ステップ5 家の売買契約を結ぶ

ステップ6 残金決済・引渡し

 

売却して新たに物件購入した方へ。

物件を売ったときに得する税金があります。

 

マイホームが値上がりしていれば、売ったときに生じた利益に対して所得税がかかります。「譲渡所得税」と呼ばれますが、自宅を売った場合は、譲渡所得の課税が優遇される特例が2つあります。

 

その1

所有期間を問わず使用できるのが「3000万円の特別控除」です。マイホームの譲渡益から3000万円以下ならば税金はかかりません。

 

その2

土地・建物ともに所有10年を超えている場合は、「長期譲渡所得の低率分離課税」が利用できます。通常よりも低い税率が適用され、3000万円の特別控除と併用することも可能です。

 

不動産を売った時には、譲渡所得税や住民税がかかりますが、マイホーム(住むための住宅)を売却した場合、税金を軽減する特例が存在します。買い替え派の方にはぜひ覚えておいてほしい特例2つです。

 

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却の方法、買取保証付き仲介のメリットとデメリット

 

まとめ

25838532 - discussion with a real estate agent at the office

物件売却には、仲介と買取の2種類があります。それぞれ一長一短です。買取は2種類あります。「一刻も早く物件を売りたい」「面倒な手続きをなるべく省いて物件を売りたい」。そういった方は、「即時買取プラン」。あなたの物件を不動産会社が不動産の価値を最大限に査定・評価し、限界価格で買取りしてくれます。

 

一方、時間がかかってもいいから仲介で高値で売りたい人は「保証買取プラン」を選びましょう。「売ってみたけど思うように売れない」「希望価格には届かなかった場合、あらかじめ決めておいた買取価格で不動産会社が購入してくれます。世の中の傾向を見ると不動産の売却は、保証買取を選ぶ人が多いですよ。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です