要注意!土地の売買で起こるトラブルは「契約」の段階で防げる

17-02-26

要注意!土地の売買で起こるトラブルは「契約」の段階で防げる

 

土地売買は高額な取引です。土地の売買は不動産会社に任せておけば大丈夫と思っている人も多いですが、不動産会社と売主、買い手の3者でトラブルになることもあります。

 

関連記事:不動産の売却によるトラブルにはどういったものがありますか?その対処法は?

http://fudosankaitori.com/blog/archives/1774

 

トラブルは契約の段階で防ぐ

 

土地売買のトラブルでもっとも多いものひとつが、不動産会社に売買を任せきりにした結果、不本意な契約を結んで仲介手数料を上乗せされたというケースです。

 

土地の売買はいろいろな法律が絡んできます。不動産会社を仲介にして売買契約書を作成し、契約を結ぶのが一般的ですが、なかには悪質な業者もいて騙されてしまう人もいるのです。

 

不動産会社に仲介を頼んだとしても、契約書には必ず目を通して売買の場には立ち会わなければいけません。任せきりにするのは非常に危険です。

pixta_23425535_M

違約金のトラブル

 

一度は決定した土地売買を取りやめる場合、売買契約書を解除するに伴って違約金が発生するケースがあります。

 

金額は売買契約書に書いてありますが、不動産会社から違約金を請求されたり、売主が突然「やはり土地は買わない」と言ってきて、以後話し合いに一切応じないというケースもあるのです。

 

このようなトラブルは裁判に発展する可能性もあり、理不尽な契約解除を防ぐためにも売買契約書を交わす前に取り決めておく必要があります。

 

そのほかにも、買った土地から有害物質が出てきた、ガス管や水道管が埋められており撤去費用を請求された、買った土地の境界線が間違っていた、といったトラブルもあります。

 

いずれのトラブルも解決までに時間やお金がかかることが多く、売主も買い手も精神的な疲労や経済的な損失を抱えることも少なくありません。

pixta_28309712_M

土地売買のトラブルを防ぐには?

 

土地を売る際に注意すべき点は、何よりも信頼できる不動産会社を見つけることが大切です。なかには、「当社に任せてくれれば、どこよりも高く売りますよ」と甘い言葉で近づいてくる不動産会社もいます。

 

しかし、そんなことはありません。よほど条件がよい土地でなければ、驚くほど高値で売れることは少ないです。「高く売ってあげましょう」と売り込んでくる不動産会社よりも、優良な土地売買の実績が多い不動産屋に依頼したほうが賢明です。

 

また、権利で揉めている土地は売却してはいけません。後々トラブルになることが目に見えています。土地の見取り図や売買契約書の作成など、いずれにしても土地売買に強い不動産会社なら適正に対応してくれます。

 

そのうえで、自分自身でも見落としがないように不動産会社と情報を共有しておくことが大切です。優良な不動産会社を選ぶことと、任せっきりにしないことがトラブルを防ぐポイントになるでしょう。

 

関連記事:後悔する前に!知っておきたい不動産の売却で起こるトラブルと予防策

http://fudosankaitori.com/blog/archives/958

 

急がず冷静に売却する

 

土地を売る際に注意すべきことは、「急がない」ということです。不動産会社のなかには、とにかく早く土地を買わせたいという営業マンも少なくありません。

 

ですから、「この土地は大変人気で、すぐに手付を打たないと売れてしまいます」「今すぐ契約すれば、これだけ割引をしましょう」と言葉巧みに購入をすすめてくることも多いです。

 

しかし、土地は高い買い物です。ほとんどの買い手が何十年ものローンを払って買うでしょう。そんな大きな買い物を、衝動買いしてよいはずがありません。

 

また、良さそうに見えた土地も夜間や日にちを変えれば欠点が見えてくることもあります。土地を売る際は決して急かさずに、売主も買い手も納得したうえで売買契約を結ぶことが重要ですね。

 

そして、売買契約書を作成する際も結ぶ際も必ず内容を確認してください。「確認してもよくわからない」という場合は、契約書を確認してくれる専門家に依頼するべきです。

 

内容が理解できない契約書にハンコを押すのは好ましくありません。トラブルになっても、「知らなかった」では済まされないからです。

 

また、不動産会社が信用できない場合は、正式に契約の解除をしてから新しい不動産会社を探すのが賢明な判断です。

pixta_28528399_M

土地売買のトラブルが起きたら?

 

土地売買のトラブルが起きてしまったら、まずは「社団法人全国宅地建物取引業協会連合会」や「社団法人全日本不動産協会」の相談窓口に問い合わせてみましょう。

 

不動産会社が加盟している協会や連合会なので、トラブルが起きそうになったり実際に問題が生じてしまった場合には早急に相談するのが好ましいです。

 

ただし、相談しても内容によっては受け付けていな場合もあります。そのようなときは、それぞれトラブルの内容に応じた専門家に相談しましょう。

 

登記に関することは司法書士、地積や測量に関することは土地家屋調査士、といったように相談することで何かしら解決の糸口が見つかるかもしれません。

 

インターネットで検索すると「土地のトラブル無料相談」というサイトがヒットする場合もあります。しかし、このような業者の中には、相談に乗るふりをして何か別の狙いがある場合もあるので要注意。

 

ものを売りつけたり、解決費の名目で金銭を要求する悪質なサイトもあるため、「無料」という単語に釣られて詐欺に引っかからないように気をつけてくださいね。

 

関連記事:不動産売却時に起きやすいトラブルとその対処法とは

http://fudosankaitori.com/blog/archives/1373

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?

・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です