古家や空き家つきの土地を売却するときの注意点とポイント

16_09_32

古家や空き家つきの土地を売却するときの注意点とポイント

 

古家や空き家のある土地を売却するというのは、いくつかポイントがあります。

では、そもそも古家つき土地とはどのようなものなのか、ということについて考えてみましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
古い一戸建てやアパートは、解体してからの方が高く売却できますか?

 

古家つき土地とは

47189048 - doi kuruwa-chu old samurai residences

古家つき土地は、経済的価値が一切ない非常に古い家が建っている土地のことです。

古屋付土地や上物付土地といったものも同じです。

 

経済的な価値がないように見えても人によっては価値があるものというのも少なくありません。

現況のまま古家を使用するのも良いのですが、古家を撤去したうえで住宅を建てる、というのもありです。

そのまま使用するのか、撤去するのかは自由なのですが、古家つき土地を売却するにはどうすれば良いのでしょうか。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションなどの不動産を購入すると課税される不動産取得税とは?

 

古家つき土地を売却するには

pixta_5585475_M

売却をするためには、相場情報や売買する仲介不動産会社、購入者について考えなければなりません。

住む予定のない古家つきの土地というのは空き家の売却をし、それから購入者も探さなければなりません。

 

また不動産会社が古家つきの土地、そして空き家も買い取りをしてくれることもあります。

中古一戸建て住宅の不動産や売却時に、築年数が古く建物、現況の建物を改装しにくい場合もあります。

そのような場合には評価が出ないので古家つき土地として売却をした方が良いこともあります。

 

同じ条件の更地物件と比較をしてみると、解体費用が必要以上に発生してしまう、ということも十分にありえるのです。

土地相場よりも建物の解体費用が高額になりますので注意しなければなりません。

 

では、この古家を解体するのは売る側でしょうか、それとも買う側でしょうか。

土地を売却する時に古家が残っている状態においての売却というのはよくあります。

 

土地を売却する場合には古家があれば解体はどのようなタイミングで行うべきなのか考えてみましょう。

まず解体費用がどのくらいかかるのかを見積もりで出すことが重要です。

 

そうすることで現状渡しなのであれば買い主が解体をすることになりますし、更地渡しなのであれば売り主が解体をすることになります。

 

解体を誰が行うのか、というのは契約の時に取り決めをしますが、これは自分で依頼すべきなのでしょうか。

解体においては費用が発生しますので、解体だけであれば買い主には更地渡しになり、売り主にとっては現状渡しが理想となります。

 

一般的には更地渡しの方が多いと思われるのですが、結果的には現状渡し、もしくは更地渡しであっても売却価格によって調整される、というのが一般的です。

 

では解体のタイミングというのはいつなのでしょうか。

売り主が解体をする場合には、土地の販売をする時に更地扱いという条件をつけ、買い手が決定すると解体工事に取り掛かるというのが多いです。

 

現場の状況によって解体を行って、更地にして販売を行うケースも多いのです。

現状渡し、更に売却価格の決め方、解体のタイミングがいつなのかを検討するようにしましょう。

 

新築のマイホームを建てる場合に古家つきの土地を購入することもありますが、新築のためには古家を必ず撤去しなければなりません。

※よく似た内容の記事はこちら
実家が空き家になりました…特定空き家にならないためのポイント

 

解体撤去の注意点

56079765 - light bulb and key

売り主が更地渡しをする場合、建物だけではなく地中の建物の基礎、埋没物などをきれいに撤去しなければなりません。

しかし、後々になってトラブルに遭ってしまわないように取り決めをしておくことも重要です。

 

瑕疵担保責任は売り主が責任を負う契約、そして買い主が責任を負う特約になっていることもあります。

双方が、どこまで費用を負担するのか、ということを契約書などにして残しておかなければなりません。

 

売地を更地渡しにするのか、そのまま渡すのかというのは売り主によって異なりますが、更地渡しの条件として販売をしている土地も多くあります。

 

現状渡しであれば交渉においても有利とされる条件で購入できます。

そのため、不動産会社に確認をしっかりとしておくようにしなければなりません。

 

では、そもそも建物は解体すべきなのでしょうか。

良い条件で売却をするうえでおすすめなのが、解体工事の見積もりを数社取る、ということです。

 

この空き家というのは、相続をして住まない不動産を空き家状態にしておくケースが多いのです。

空き家を放置してしまっていると、草木が生い茂った状態になってしまい、建物がダメージを受けるのもまた早くなります。

そして隣人ともトラブルになってしまいます。

 

ただ、それは分かっていても、わざわざ空き家を売却すべきなのか迷ってしまうこともあるでしょう。

空き家をそのまま賃貸として出すというのも良いのですが、賃貸として出す場合にはその建物がある程度価値があり、住むことができなければ借り主は見つかりません。

 

いつまでも借り主が見つからないくらいであれば、いっそのこと古くなって価値のなくなっている古家を壊して、土地だけにした方が価値を高めることができるようになるのです。

古い建物を残したままにするというのは、せっかく価値のある土地も無駄にしてしまう原因となることがあります。

古く使いみちのない建物は壊してしまうのも1つの手段です。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です