個人で売買するよりも不動産会社を通して売却したほうが良い理由

16_09_31

個人で売買するよりも不動産会社を通して売却したほうが良い理由

 

住宅や物件の売買は、不動産会社を通じて取引を行うのが一般的ですね。

 

しかし不動産会社を仲介するとなると、会社に支払う「仲介手数料」というものがかかってきます。

それも決してリーズナブルな料金ではなく、不動産会社を初めて利用した人が「こんなにかかるのか」と驚かれることもあります。

 

仲介手数料は、上限売買額の3%+6万円+消費税と決められており、売買額が少額であれば安く抑えられます。

売買額が高額になると手数料もそれなりの額になるため、「手数料がかかるなら、自分で売買したほうがお得かも?」と考える方も少なくありません。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売却を個人で行う時の注意点

 

個人売買は可能。しかし…

27239413 - stressed business woman

不動産取引では、売主と買主がそれぞれ不動産仲介業者を介して取引を行うのが一般的です。なぜかというと、お互いに住宅や土地などの高額な商品を売り買いするので、そこにトラブルが発生しては取引がスムーズに進みません。

 

個人売買では、売主と買主が身内や知り合い同士であれば、比較的スムーズに話が進みます。

しかし必要最低限の契約書や、重要事項説明書の作成、不動産の相場の設定など、スムーズに行きづらい部分も多々発生します。

 

売買する不動産の規模や、そこにかかる金額が大きくなるほど、個人売買の難易度も上がっていきます。

 

個人で不動産の売買を進めることも可能ですが、不動産に関する専門知識や手続きは必要不可欠です。専門的な知識を持ったうえで、書類の作成や買主への説明、こまごまとしたやり取りなどをこなさなければならないので、予想以上に時間と手間がかります。

 

不動産の知識が少ない方は、売買に関する専門知識を新たに増やしていかなければなりません。すでに専門的な知識を持っている方でも、昔と今では法律の内容が変わっている部分もあるため、再び専門的に勉強をし直す必要があります。

※よく似た内容の記事はこちら
仲介や買取、オークションや個人、不動産を売却するための4つの方法

 

不動産会社を通した方がいい理由

46277046 - living room before renovation

不動産業者に仲介を依頼すると、不動産の相場の設定から広告、不動産情報サイトへの登録などはすべて会社側で持ってもらえます。もちろん費用も仲介手数料の中に含まれているので安心です。

 

個人売買では、手数料を一切支払わない代わりに、専門的なノウハウが必要な作業をすべて自分で済ませなければなりません。そこに労力と手間がかかるので、不動産会社に依頼するというわけですね。

 

不動産会社に仲介を頼めば、買い手が見つかりやすくなり、さらには価格交渉や専門的なやり取りもすべて会社にお任せできます。売主が専門的に不動産の知識を得る必要はなく、買主からの問い合わせへの対応、情報の管理なども仲介会社によって進められます。

 

仲介手数料だけを考えると、個人売買の方が圧倒的にお得ではあるのですが、不動産会社を通さずに売却を進め、後から責任問題などが発生すると少々厄介です。まったくノウハウがない方はやはり、

不動産会社に依頼して売買を進めた方が安心です。

 

個人売買ではトラブル対応が必須

個人売買を行う際に注意したいポイントが「トラブルへの対応」です。

 

不動産の取引では、取引の最中または売却後に何らかの問題が発生したり、契約書類の不備、不動産の相場に関する問題など、さまざまなトラブルが発生する可能性があります。しかし個人売買では仲介会社を頼ることはできないので、自分たちで問題を処理・解決しなくてはなりません。

 

不動産会社を通していないと、瑕疵担保責任など不動産についての責任が明確になっておらず、そこが原因で揉めるケースが少なくありません。購入後に瑕疵が発覚すると、個人では対応しきれないケースも出てくるため、やはり不動産会社に一任しておいた方が安全です。

 

他にも、隣地との境界や建物の登記、抵当権、ガス管や水道管の埋設について、建て替えに際する法規など、買主側からの質問に的確に答える必要もあります。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産をオークションで売るのは賢い選択か?個人売買のメリット・デメリット

 

まとめ

12454049 - housing plan

こうしてみていくと、「シンプルに不動産を売って終わり」ではなく、広告の出稿から問い合わせ対応、内覧や売買に際しての書類作成、瑕疵責任の負担、不動産に関する法律の勉強など、個人の売主がやるべきことはたくさんあります。

 

そのぶん、不動産会社がまかなってくれるのであれば、仲介手数料はあまり問題にはならないことが分かるかと思います。

 

買主だけに限らず、場合によっては周辺地域や隣家に説明をしなければならないケースもあり、そこで許可が下りないとなると、また新たなトラブルになってしまいます。

 

不動産売買では、デリケートかつ難しい問題が多いため、自分が売りたい物件や土地についてどのようなトラブルが発生するかを考え、未然に防いでいかなければなりません。

 

問題が起きれば必ず解決を求められますし、結果的に法律の専門家や不動産会社に頼らざるを得なくなることもあります。

 

売買に時間が割けない方や、不動産の専門知識を持っていない(あるいは十分ではない)方は、個人売買は避けて、査定や見積もりなどもプロの不動産会社にお任せするのが確実です。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です