いまさら聞けない!不動産「売買」と「贈与」の違い

16_09_24

いまさら聞けない!不動産「売買」と「贈与」の違い

 

不動産を取得する方法はいくつかあり、不動産会社などから不動産を購入する売買と、不動産を所有している人から受け取る贈与のどちらかになることが殆どです。

 

不動産を手に入れることが出来るのは変わりませんが、実際に手に入れた後には、売買と贈与の違いが影響し、その後のお金の動きが大きく変わってきます。

 

それぞれ必要な手続きも変わってくるので、不動産を所有する際は、売買と贈与の違いについてしっかり学んだ上で、不動産を所有するようにしましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の購入にも活かせる!贈与税の非課税制度

 

不動産の購入

18031193_m

不動産を新たに所有する際、不動産会社などからお金を払って手に入れているなら、不動産の売買を行ったということになります。

もし家族間などで、要らない土地をお金を払って手に入れたのであれば、それも手続き上は購入として処理されるので、各種手続きも購入隋に必要なものと同様のものが必要となります。

不動産の売買を行う際は、支払い契約にまつわる計画書や、不動産の価格と、それを認めて不動産を購入するという契約書などが必要となります。

 

不動産会社を通して取引する場合、不動産を購入する際に必要な手続きの大半は、代行して手間をかけずに取引を進める事が出来ますが、直接売買を行う際は、自分たちで書類を用意し、今後問題が起きないよう管理する必要があるので、司法書士などの専門家にサポートや代行を依頼できる業者を利用して、より確実に取引を進められるよう準備したほうが良いでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
親族間で不動産を譲渡するなら「売買」と「贈与」どちらが得する方法?

 

不動産の贈与

48020633 - housing image

手元に不動産があり、それを子供や孫に与えたいなど、自分の身内や知り合いに不動産を渡すことは「贈与」といわれていますが、贈与は金銭のやり取りを一切行わずに、そのまま不動産を渡すことになります。

 

不動産を渡すといっても、ただそれだけで取引が終わるわけではなく、その後のお金の動きを把握しておかないと、ただで不動産を渡すどころか、不動産を受け取った側に大きな負担を強いることになります。

 

不動産の贈与を行った際は、不動産の規模に応じて、贈与税を支払わなければなりません。

贈与税は不動産などの財産を受け取った側が支払うことになっているので、子どもなどのために不動産を渡したいときや、遺産相続で不動産を受け取ることになったという方は、前もって贈与税を支払うことが出来るのか、仮に支払ったとして、それに見合う使い道が、受け取った不動産にあるのかなど、前もって考えておくようにしましょう。

 

不動産の贈与は、個人だけではなく、個人から法人に贈与される、などの場合もあります。

相続税の発生や、資産の資本金の編入には、正規の手続きをしなければ、正しく贈与されたとみなされない場合があります。

 

また、この手続きが不十分ですと、相続のときに不動産に対する相続の恩典を受けられない、という不利益な状況になることがあります。

不動産関係の手続きは、売買、贈与では、税務上の問題が発生する場合がありますので、あいまいなまま進めないように注意をされることがポイントです。

 

不明瞭な対応は不利益を受ける可能性がありますので、正しく手続きをできるように十分に注意をされることです。税務上の手続きについては、場合によっては専門の税理士、司法書士などに依頼されるようにしておくと間違いないといえるでしょう。

 

購入と贈与の違いとは

 

不動産の購入と贈与の違いは、その後に必要な処理の違いが特に大きなものとして挙げられます。不動産の購入の場合は、代金の支払いはもちろんですが、不動産が自分のものになったという証明が必要となりますし、贈与の場合は不動産を受け取ったことを示すためにも税金の支払いを行う必要があります。どちらの手段にしても、予算を確保しておかなければならないことには変わりはないので、余裕を持った予算組みを忘れないようにしましょう。

 

身内から不動産を受け取る機会があるときは、売買と贈与のどちらがお得かを前もってチェックしておくのがオススメです。

 

基本的に不動産の生前贈与は、贈与税が高くなり、時には購入時の相場以上の費用をかけなければならないともいわれているので、多少手続きが面倒でも、不動産は売買する形でやり取りし、より確実に手続きを済ませるなら、司法書士や弁護士など、その道の専門家に手続きをサポートしてもらうのをオススメします。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売買と贈与の違いはなんですか?相続とはどう違いますか?

 

不動産のやり取りは慎重に

53825854 - hand signing property loan agreement concept

不動産の売買や贈与といった取引の違いは、税金などによるその後の経済的な負担に直接影響します。

大きな負担を生まないためにも、売買と贈与のどちらがお得かを正確に把握し、お互いが不幸にならないやり取りが出来るようにすることが重要です。

 

不動産会社などを介さずに不動産のやり取りを行う際は、自分たちだけで処理しきれないときのために、不動産の売買や贈与などの手続きにまつわる専門家も多く存在するので、そうした方たちのサポートを受けることも視野に入れておきましょう。

 

不動産が信じられないほど早く買取。もっと早く不動産を売りたい人は他にいませんか?
・不動産を最速48時間で現金買取!
・仲介手数料完全無料!

―オーディンスタッフ一同より―



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です