マンションを早く売却したい時の「仲介」と「買取」2つの選択肢

17-01-18

マンションを早く売却したい時の「仲介」と「買取」2つの選択肢

 

マンションを売りたい場合、「仲介」と「買取」2つの選択肢があります。

売る時のこだわりは、人によっていろいろあると思いますが、早く売却したい時には、特に「買取」がおすすめです。

「仲介」と「買取」それぞれの仕組みと、「買取」のスピード性についてご説明いたします。

 

・マンションを「仲介」で売る

マンションを売却する時、自分で買い手を見つけることもできますが、多くの場合は不動産会社に仲介してもらって、買い手を見つけてもらうことになります。

この方法を「仲介」と言います。

 

*仲介によるマンション売却の仕組み

不動産会社に仲介してもらう場合、売りたいマンションの間取りや設備や写真などの情報を、チラシなどの広告に載せてもらったり、不動産サイトに掲載してもらいます。

それを見た人の中から、購入したいという人が現れたら、不動産会社を経由して内覧にきてもらったり、質疑応答などのやりとりをして、売買契約を進めていきます。

自分で買い手を探すより効率的ですし、面倒な手続きなども不動産会社に指示してもらえるので、自分であれこれ調べる必要がありません。

 

*仲介手数料が発生する

宣伝や広告にかかる費用や、書類や手続きなどの手数料として、売買契約が締結した場合に仲介手数料が発生します。

これは仲介してくれた不動産会社に支払うもので、マンションの価格の3%〜5%くらいが相場になります。

仲介手数料は、売主が負担するものです。

 

*売却するまでの期間

一度に宣伝する期間は、一般的に3ヶ月位です。

これは売れるまでの期間ではなく、問題がなければ3ヶ月位で売れるだろうという計算です。

もし、3ヶ月以内に売れなかった場合は、価格や掲載内容などを見なおして再度売れるまで待つことになります。

購入したい人とのマッチングにはタイミングが大きく関わってきますので、数日で売れることもあれば半年くらいかかることもあります。

必ずいつまでに売れるということは保証できないのが仲介による売却方法です。

 

*リフォームやリノベーションをする場合

マンションが古い場合、リフォームやリノベーションをして売却したほうがいい場合もあります。

そうすると、工事などの期間がかかりますので、売却する前に数カ月かかることになり、そのまま売却するよりも、さらに期間がかかってしまうことになります。

pixta_19334241_M

・マンションを「買取」してもらう

 

マンションの買取は、不動産会社などに、直接マンションを買い取ってもらう方法です。

買取価格は市場価格の7割から8割が相場なので、仲介するよりも安くなってしまいますが、確実に買い取ってもらえますし、スピード感は仲介よりもはるかに上になります。

 

*不動産会社による買取の仕組み

買取の場合、マンションを買ってくれるのは、不動産会社などの業者になります。

買取の申し込みをして、査定をしてもらうと、早い所では即日回答してもらえます。そして、48時間中に現金化してくれるとこもあるので、とにかく早くマンションをお金に替えたい人には、買取がおすすめです。

不動産会社は、買い取ったマンションにリフォームやリノベーションなどを施して、より高く売れるようにします。

リフォーム業者などの利用や、工事中の待機期間に物件を保持できるのは、不動産会社ならではの強みでしょう。

 

*手数料などは発生しない

仲介による売却などのように、広告や宣伝は必要ないので、手数料は発生しません。その分価格が売却よりも安くなりますが、どちらを取るのかによって選択が決まってくるでしょう。

 

*買取までの期間

買取の場合は、不動産会社に申し込みをして、その日の内に担当者が査定をし、査定価格に納得すれば、最短で翌日に買取金額が振り込まれることもあります。

平均でも5日程度で現金が振り込まれることになるので、売却にかかる待機期間や、契約手続きなどの手間を考えると、そのスピードははるかに速いものです。

マンションを早く売りたい場合には、仲介よりも買取を選ぶのが良いでしょう。

 

 

・買取保証付き仲介を活用する

pixta_19606096_M

買取保証付き仲介とは、仲介と買取の両方を取り入れた方法です。

売主の希望価格で不動産会社に販売活動をしてもらい、一定期間内に売却できなかった場合は、あらかじめ決めた価格で不動産会社に買い取ってもらえます。

3ヶ月間は購入してくれる人を待つことができるので、売却するまでに数カ月の猶予がある場合は買取保証付き仲介を活用するのが便利です。

期間内に売却できた場合は、不動産会社に仲介料を支払う必要がありますが、不動産会社に買い取ってもらう場合は、仲介手数料は発生しないので、余計な費用がかかることもありません。

 

3ヶ月を過ぎても売れなければ、不動産会社に確実に買い取ってもらえるので、いつまでも待つ必要はなく、ずっと売れないということもありません。

できるだけはやく売りたいけれど、とりあえず購入者を探したい場合には、両方のいいとこ取りの買取保証付き仲介を活用しましょう。

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です