今いくら?将来に備えて自宅の価値を調べる方法

16_09_20

今いくら?将来に備えて自宅の価値を調べる方法

 

不動産の価値は年数の経過や条件などによって大きく変動するものです。

マイホームやマンションを購入した場合には実際の不動産の価値がどのくらいなのか正しく認識をするということが非常に重要になるのです。

 

不動産の価値を確認する方法

不動産の価値というのは、土地と建物の価値を確認するというのが大切になります。

土地の価格というのは、色々な判断基準がありますが、最も一般的な方法は路線価図を利用するのがおすすめです。

 

路線価図というのは国税庁が道路に面している土地の大体の価格を定めた基準で、課税価格を計算する、という基準が活用されているのです。

 

ただし路線価図は一般的な基準ですので、評価のための目安として活用するようにしましょう。

実際の評価というのは、土地の形状、周辺の状況によって変動していきますので、より細かい評価が必要な場合には専門家に一度査定をしてもらう、というのが良いでしょう。

 

建物の価値については、土地の価値以上に個別的な条件に左右されることが多いのです。

築年数はもちろん、修繕やリフォームの有無によっても価値が変動します。

 

建物の価値を正確に判定するというのは困難ですので、不動産の売却を検討している場合には、土地を含め不動産会社に鑑定してもらう、ということがおすすめです。

※よく似た内容の記事はこちら
自宅の買い替えでマイホームを売却するときの注意点とポイント

 

不動産の価値を左右するポイントは?

67766125 - businessman standing at a turning point

不動産の価値についてですが、色々なポイントが影響を及ぼします。

中でも特に影響を及ぼしているものは、立地条件です。

 

住みやすさによって価値が大きく変動するのですが、子供を遊ばせられる公園があり、駅まで歩いて数分、というのもプラスの要素になります。

そのような物件の場合には、住みやすい物件だと判断されます。

 

また首都圏の場合であれば都心に近い物件の方が有利です。

立地は不動産の価値を左右するポイントにあります。

不動産価格の9割は立地によって決まると言われることがあるくらいです。

 

それとは逆に住宅の設備、間取りがどれだけ優れていたとしても立地条件に問題などあれば不動産の価値は下がります。

立地や利便性などの条件が所有する不動産の価値を大きく左右するのです。

 

土地の価値は路線価格を参考にして判断するようにしましょう。

 

個人を対象とした不動産というのは戸建てもあればマンションもあるのですが、どの場合にも立地条件が価値を左右するということになります。

実際に購入、売却を検討しているのであれば、専門家でもある不動産業者に相談するようにしましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
売却後の瑕疵担保責任に備えて土地の地盤調査は行うべきか?

 

相続した不動産価値というのはどうやって調べれば良いの?

34714521 - depressed asian businessman

相続した不動産の価値について考えてみましょう。

財産相続において、土地、住宅の相続で悩まれている方も多いでしょう。

相続する財産といえば金銭的なものばかりをイメージしてしまいがちですが、実際に相続される財産の大半は土地、住宅のような不動産なのです。

 

具体的に価格が変化する金融財産とは違い、不動産というのは価値が簡単に変動するものです。

そのため、相続するとなった場合にどの程度の価値があるのかを知ることができない、という方も多いと思います。

 

自分が相続を受ける立場になった時に困ることがないように、相続をする不動産の価値がどのように決められているのか、基本的なポイントを押さえておくようにしましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の資産価値を左右する「立地が良い街」に選ばれる4つの条件

 

不動産の遺産相続と分割相続

35287254 - wooden gavel and books on wooden table, law concept

遺言でどのように遺産の分割をするのか指定があればそれに従いますが、そうでなければ遺産を相続する権利のある方で、金融財産を含めて不動産も分割相続することになります。

 

しかし、預貯金というのは平等に分けることができたとしても、不動産の場合には家を継いだ方が自宅として住んでいる場合には売却するのが困難になり話し合いで揉めてしまうことが多いです。

 

話し合いによってなかなか分割の仕方が決まらない場合には、家庭裁判所に申し立てをして調停、もしくは審判によって決定します。

 

仮に亡くなられた方が戸建てや分譲マンションに住んでおり、土地と家を売却したお金を分割で相続した場合、どのくらいの価値がつくのか気になると思います。

不動産の価値は土地によって決まり、駅から近いなど立地条件が良ければ不動産価値もやはり高くなります。

 

土地のみの価格なのであれば、国税庁のホームページで路線価などを調べておくと、土地の価値をある程度把握しておくことができます。

住宅の価値というのは築年数で異なりますので、専門家に査定を依頼するのが最も確実であり手っ取り早いのですが、土地と比較すると住宅の価値は1割り程度だと言われています。

 

築年数が20年から30年以上経過しているのであれば、土地の評価額が不動産の価値になると考えて良いでしょう。

まずは不動産査定を受けてみてはどうでしょうか。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】

・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です