不動産の売却、「仲介」と「買取」はどちらがお得ですか?

17-01-86

不動産の売却、「仲介」と「買取」はどちらがお得ですか?

 

所有している不動産を売却する場合は、不動産会社や不動産仲介業者に売り手と買い手の間に入ってもらう「仲介」という方法と、直接不動産会社や買取専門の業者に「買取」をしてもらう方法の2種類があります。

 

仲介と買取はどちらも不動産売買に詳しいプロに頼むことが大切で、トラブルや問題が起きないようにスムーズに手続きを完了してもらうことが大切です。そこで今回は、不動産の売却における仲介と買取のそれぞれの方法と、どちらが良策なのかという疑問について見ていきたいと思います。

 

・不動産売買の多くは仲介を利用して行う

不動産売買が初めての方には、「仲介」と「買取」のどちらが良いのか分かりにくいかもしれませんが、不動産を売買する際には不動産会社などに「仲介」に入ってもらうケースが多いです。

 

買取の場合、売り主の希望よりずっと低く買取りが行われてしまう可能性がありますので、一見売り主には不利になる方法なのですが、売却価格は下がる一方で買い手を探す手間や期間がかからず、不動産会社に直接買い取ってもらえばすぐに売買が成立します。

 

売り主にとっては、「手続きはできるだけスムーズに」「物件の売買価格はこちらの希望に近い金額で」というのが一般的な意見かと思います。もちろん手続きをスムーズに進めながら、希望通りの価格で納得して売買ができるケースもありますが、現在の不動産市場では、需要よりも供給の方が上回っている状態で、売り手よりも買い手の方が圧倒的に有利な状況にあります。

 

そんな中、売り手の希望額と同等、もしくはそれ以上の価格で不動産を売ることはなかなか難しいかもしれませんが、不動産会社にうまく仲介に入ってもらえれば、売り手の希望にできるだけ沿うかたちでの売買も可能になるかと思います。

 

・買取は余計な手間や時間のかからない売買方法

不動産買取は、買取業者に対して売り主が直接不動産を売却する方法です。買取価格は希望額より下回る可能性がありますが、買い主を探す手間がかからないため、契約成立まではとてもスピーディです。

 

通常、不動産を売り出してから購入希望者が現れ、内見などを経て正式な買い手として契約を結ぶまでには、数ヶ月から1年くらい(あるいはそれ以上の場合も)かかると言われていますが、あらかじめ買い手が決まっている買取においては、1ヶ月から2ヶ月程度で契約が結ばれるケースもあります。

 

仲介の場合は、物件や土地によっては長期戦を覚悟するか、それでも売れない場合は破格の値段にまで下げる必要が出てきますが、買取はそのようなリスクはありません。

 

・仲介と買取デメリットを学ぼう

仲介にも買取にも、それぞれにメリットとデメリットがあります。メリットについては先ほども紹介したとおり、仲介では売り手の希望額と同等程度での売買が成立しやすいことや、最初から破格の値段に下げて売る必要がないこと、きちんと信頼のできる相手に不動産を販売できるなどの長所があります。

 

仲介のデメリットとしては、希望条件が必ずしも通るとは限らず、長期戦になる可能性があるということ。また、長期戦になっても売れない場合があるということです。また、仲介手数料として売却代金の3%に60,000円を足したものに、さらに消費税をかけあわせた分が仲介者に支払われるというコスト面の問題もあります。

 

買取のメリットは、先ほどお伝えしたように、売れ残る可能性なく、信頼のできる会社に間違いなく買い取ってもらえるという点にあります。また、広く大々的に不動産を売り出さないので、名前が知られる心配がなくスピーディに物件を売却できます。

 

買取のデメリットとしては、仲介に比べ金額がかなり下げられる可能性があること、安く売ってしまって後から後悔する可能性がゼロではないことなどが挙げられます。

 

どちらにもメリットとデメリットがあることを把握し、納得したうえで、不動産の売買方法を決めていくと良いでしょう。

 

・まとめ

仲介と買取はどちらも一般的な方法であり、一番の違いは「誰に買ってもらうか」という点にあります。

 

今すぐ物件や土地を欲しいと言ってくれている人がいるならば、不動産会社を介して仲介によって売買を行うのが正解ですが、逆に誰も買おうとしてくれない不動産をお持ちの場合は、買取業者などにお任せして、多少破格の値段でも売却を進めた方が有利に働く可能性があります。

 

どんな場合でも、「不動産を処分しよう」と考えている方はスピーディに売れてくれれば本望だと思います。しかし世の中の不動産ニーズは日々変化していますし、欲しい・買いたいと言ってくれる人がいつ現れるかはわかりません。そのため、万が一の作戦として、仲介以外に買取という選択肢も入れておくと安心かもしれません。

 

まずは身近な不動産会社と話し合ってみて、仲介による売買をメインに考えつつ、万が一の保険として買取を専門に行っている会社に連絡を取っておくのも一つの方法と言えます。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です