駐車場?貸倉庫?介護施設?空いている土地の有効的な活用法

17-01-67

駐車場?貸倉庫?介護施設?空いている土地の有効的な活用法

 

土地は立派な資産であり、建物と違って劣化しないので、その価値が年とともに減ることもありません。

しかし、持っているだけでは固定資産税などがかかってくるので、空き地にしておくのはとてももったいないですね。

土地にもいろいろと有効的な活用法がありますので、所有されている土地を活かせる方法がないか、参考にしてみてください。

 

 

1.駐車場として活用する

広い土地があれば、アパートやマンションを建てて、家賃収入を得る方法もありますが、初期費用がかかることや、しっかり借り手が付いて空き部屋を減らすことができるかどうかなどのリスクも高いので、気軽に始められない人も多いでしょう。

 

そこで、少ない元手で始められてリスクが少ない駐車場がおすすめです。

ある程度は場所を選びますが、狭い土地や変形地形でも始めやすく、リスクが少なく利回りが高いのが特徴です。

駐車場として活用する場合は、地域や場所によってベストな形式を選択しましょう。

 

・月極駐車場

月額制の駐車場なので、都市部だけでなく全国的に住宅街なら需要は高いでしょう。

業者に募集をかけてもらって管理してもらう方法と、自ら募集を募って管理する方法があります。

また、不動産業者に土地だけを貸し、施行や管理などすべてを任せることもできます。

 

・コインパーキング

都心や繁華街では需要が高く、機械を設置するだけで使用者と契約する必要もありません。

 

駐車場のメリットは、建物を建てる必要がないので、すぐに始められて途中でほかの方法へ転用させることも簡単であるということです。

もし、その土地を購入したいという人が現れれば、撤去や手続きにあまり時間をかけずに明け渡すことも可能です。

今、土地の活用法に迷っているならば、とりあえず駐車場にしておいて、少しずつ収入を得ながら別の方法を検討することもできます。

 

デメリットとしては、駐車場は車の出入りがあることから、事故が起こりやすかったり車上荒しやコインパーキングの代金を支払わないなどのトラブルが起こる可能性もあります。

そこで、監視カメラを設置したり、事故や事件が起こった場合の対処法も検討しておく必要があると言えます。

 

2.貸倉庫やトランクルームとして活用する

所有している土地の中に、コンテナやプレハブなどを設置して、貸し倉庫やトランクルームとして活用する方法があります。

トランクルームは一見すると建物に見えますが、人が住むための建物ではなく、コンテナ状の収納箱を置いてある状態なので、設置などにかかる初期費用が安く抑えられ、撤去も簡単なのでほかの活用法に転用することもできます。

ただ、コンテナのサイズや広さ、用途地域などの制限がありますので、実際に貸し出す前に調査しておいてください。

 

コンテナを置くスペース以外にも、荷物を出し入れするために車を駐車できるスペースが必要になります。

また、コンテナを設置したり、貸し倉庫として貸し出すためには、申請も必要になります。

そのほかにも、トランクルームであることを知らせる看板や、アパートやマンションなどと同じように、倉庫を探している人に広告を出して借り手を探すことも必要です。

 

3.介護施設

自分の土地に介護施設を建てるとなると、大掛かりな工事も必要であまり現実感がないと思われるかもしれませんが、今後ますます高齢化が進む日本では、介護施設の需要は高まる一方です。

アパートやマンションは次々と建てられていますが、空き家が増加している現状から見ると、入居者に比べて建物が供給過多になり、空き部屋が増えてしまうことが予想されます。

 

介護施設を建設するには広い土地が必要になりますので、広すぎる土地を持て余している人にはうってつけではないでしょうか。

介護施設として活用するには、個人として行うには規模が大きく、把握しきれない情報も多いので、介護施設の開発事業をしている企業へ土地を貸し出す相談をすることから始めるのが手っ取り早いでしょう。

 

・土地の活用法は無限大

土地の場合は、建物と違ってその機能性や築年数などが影響してきません。

そのため、土地の価値を決めるのは、広さやその土地のある場所の条件などが大きく関わってきます。

そして、土地はそのままでは活用しにくいものですが、少し手を加えるだけでその可能性は大きく広がります。

 

上に挙げた活用法以外にも、事業用としてそのまま業者に土地を貸し出せば、元手をかけずに定期的に安定した収入を得ることもできますし、変わった所では、太陽電池を設置して太陽光発電に利用することもできます。

それには、太陽光を遮る建物が周りにないことや、広い土地であることが必要になるので、あまり土地としては使い道や価値がないと思われるところでも、充分に活用することができます。

 

土地の活用方法は、建物のように決められた枠組みがないので、その分、道が豊富であるとも言えます。

まずは、査定をしてどのくらいの価値があるのかを確かめ、さらに活用できる方法がないかを検討することから始めてみてはいかがでしょうか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です