不動産の2つの査定方法「簡易査定」と「訪問査定」

16-12-48

不動産の2つの査定方法「簡易査定」と「訪問査定」

 

所有している不動産を売却する場合、不動産会社に一任してすべてを任せる方法もありますが、売り主自身も不動産の価値を正しく知ることが大切です。

 

「どれくらいの価格で売れるだろうか?」と疑問に思う時こそ、不動産の査定を行い、その結果を元にして販売価格を決めていくと良いでしょう。

 

・不動産の査定には2種類の方法がある

不動産の価値を知るためには、各不動産会社による「査定」を経て、いくらで売れるかを判断していく必要があります。査定には「机上査定(簡易査定)」と「訪問査定」の2種類に分けられます。

 

「机上査定(簡易査定)」とは、不動産会社の担当者による現地調査をせずに、売却予定の不動産のデータなどを元にして査定をする方法です。

 

机上査定には、不動産の周辺の取引事例や不動産会社の過去の成約事例などを手掛かりにするほか、その年の公示価格などを参考にして、査定価格を概算にて算出します。

 

物件の種別(戸建てかマンションかなど)、住所、土地や物件の面積、築年数などの基本情報を伝えるだけで簡単に査定結果を導き出すので、不動産会社によって大きく査定結果が異なるということはなく、インターネット上から査定を申し込むことも可能となっています。

 

売り主が不動産会社へ訪問したり、反対に不動産会社の担当者が物件の調査に訪れる必要はなく、簡易的に査定額が知りたい時におすすめで、手軽に不動産の価値を知る方法ではありますが、正確なデータが導き出しにくいというデメリットがあります。

 

「訪問査定」は、机上査定で使われる物件や土地のデータを加味しつつ、現地に担当者が出向いて調査を行い、現在の状況を考慮に入れたうえで査定結果を出す方法です。

 

不動産の基本情報だけでは分からない部分、たとえば土地の形状や周辺環境の問題、インフラの整備状況や法規制に関する情報なども考慮に入れられるため、簡易査定よりもさらに詳細な結果が導き出せます。

 

2種類の査定方法は、不動産会社によって多少の価格差が出る可能性があります。複数の不動産会社に依頼をして、査定額をいくつか出してもらいながら比較検討をすると良いでしょう。

 

・どちらの査定方法を取るべきか

机上査定では、あくまでも概算でしか査定結果が導き出せません。そのため、「不動産を売却する予定ではあるがまだ漠然としている」という時や、「住宅の買い替えや住み替えを考えていて、現在の住まいを売るべきかどうかを判断する」といった場合に利用するのが適切かと思います。

 

より具体的な価値を知りたい場合には、訪問査定を一度でも利用して、詳細に土地や物件の価値を調べてもらうことをおすすめします。たとえば、「不動産の売却を真剣に考えている」という時や、「早急に売却したいので価値だけを先に知りたい」といった場合などに利用すると良いでしょう。

 

両方の査定を利用することももちろん可能です。机上査定で不動産の価値を参考程度に把握しつつ、訪問査定でさらに不動産売買を具体的なものにしていきます。訪問査定を経ておけば、査定に「プラス」になる部分と「マイナス」になる部分も知ることができます。

 

訪問査定を行う時間がない場合には、インターネットから机上査定のみを申しこむこともできます。

 

その場合、売却を考えている不動産の住所や室内の間取り、設備、リフォーム状況などを入力しなければなりませんが、入力する情報はできるだけ多い方が査定結果の精度が向上します。(「備考」という項目があれば、物件の特徴やメリットなどを記載することで、査定結果の精度を上げることができます)

 

訪問査定の場合は、担当者が直接現場にやってきて査定を行います。数十分~1時間程度と短時間で済みますが、査定結果が出るまでには数日程度かかることが多いです。

 

売却予定の不動産に関する基本的な情報のほかにも、登記に関する書類や、測量図、図面、権利証などを手元に用意しておきましょう。

 

どちらの方法でも問題ないという場合は、まず机上査定を行ってから、概算の査定額を把握しておくだけでも参考になります。複数の不動産会社に机上査定を申し込み、そこから最適な不動産会社をピックアップして訪問査定を申し込むことも可能です。

 

「とりあえず、いくらで売れるのか把握しておきたい」「将来物件を売りに出す予定なので、価格だけでも知っておきたい」など、不動産に関してはいろいろと悩むこともありますが、まずは査定から始めてみてはいかがでしょうか。

 

・まとめ

いかがでしたか?不動産の価値を知るための2種類の査定方法を紹介しましたが、現地の状況に即した訪問査定は精度が高く、実際に売買を考えている方におすすめです。

 

一方、簡易的に価値を知るための机上査定は、無料もしくは低価格で利用できるスピーディな査定方法になります。

 

レインズなどの不動産に関する情報網を活用したり、過去の豊富な取引事例から正確性の高い価格を割り出してくれたりと、売却の相談にふさわしい会社を選ぶことも大切です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です