マイナス金利が住宅ローンに及ぼす影響とは?

16-12-64

マイナス金利が住宅ローンに及ぼす影響とは?

 

2016年2月16日より、日本銀行によるマイナス金利政策が実行されています。

これは、日本で初めてのことで、ニュースなどでも話題になりました。

それでは、このマイナス金利により、住宅ローンにはどのような影響があるのでしょうか?

 

1.マイナス金利とは?

マイナス金利とは、簡潔に言えば、金利がマイナスになることです。

そうするとどうなるかと言うと、本来は金利を受け取るべき預金者やお金を貸す側の人が、金利を払うことになり、本来は金利を払うべきお金を借りる人が、金利を受け取ることになります。

 

この制度を日本銀行が行ったとあれば、日本の金融機構はすっかり仕組みが逆転してしまいそうですが、今のところ庶民の生活ではそれほど大きな変動はありません。

 

それは、日本銀行がごく一部の範囲でのみマイナス金利を適用させているからですが、それでも住宅ローンなどでは、大きく影響を受けています。

 

このマイナス金利政策を行ったのは日本の金融市場では初めてのことなのですが、そもそもなぜこのようなことをするのでしょうか。

 

それは、金融緩和を行うことによって、銀行の貸出を増やしたり、金利を引き下げることで増えたローンなどの使用により、経済活動を活発化させるねらいがあります。

 

2.マイナス金利政策によって変動したこと

今のところ、日本銀行の一部の口座のみ反映されたマイナス金利ですが、その効果は絶大で、多くの銀行に影響が出ています。

 

もともとの金利の場合、大手の銀行は、日本銀行に預けることで、金利を受け取ることができていました。

 

しかし、マイナス金利になってからは、お金を預けると、逆に金利を払わなくてはなりません。

 

そうすると、大手の銀行は、日本銀行に預ける代わりに、各方面に積極的に貸し出したり、投資へ回そうとします。

 

そうすることで、金融機関が活発に動き、経済活動を動かすことにつながります。

 

3.住宅ローンの種類

住宅ローンの金利には、大きく分けて固定型金利と変動型金利のタイプがあります。

 

・固定型金利

固定型は、2年ごと、5年ごと、10年ごと、35年ごとなどのように、一定期間金利が固定されている商品があります。

 

固定型金利の住宅ローンは、最初に決めた金利を変更しない固定型の金利です。

この固定型金利はどうやって決まるのかというと、日本の国債の中でも市場の大きい10年物国債の利回りを基準にして、連動して金利が決まります。

 

国債の価格と利回りは、国債の需要に応じて変動します。

国債の需要が高まり購入する人が増えると、国債の価格が上がります。それに伴って、利回りは下がります。

すると、固定型金利はその利回りに合わせて下がるという傾向になります。

 

「フラット35」は、返済終了まで金利が変わらないタイプです。

また、5年や10年などの固定金利タイプは、「固定期間選択型」と言って、決められた一定期間だけ金利が固定されているもので、この期間が終了したら、変動型金利に変更したり、再度固定型金利を選ぶこともできます。

 

固定型金利のタイプは、金利が変動しないので安心ですが、今のような金利が低くなっている場合には、変動型金利よりも高い金利になってしまいます。

 

・変動型金利

変動型は、返済の期間中に金利が変動するタイプです。

半年に一度、市場の金利に合わせて、金利が変動します。

市場の金利が低いときには、変動して低くなるので、基本的に金利が低いのですが、もちろん市場の金利が高くなれば、それに合わせて金利が高くなるので、安定性がなくリスクが高いという点があります。

 

ただ、返済額は5年間変動せず、5年ごとに改定されていきます。もしこの時に返済額が増える場合は、元の返済額の1.25倍までという規約があります。

 

*固定型金利と変動型金利は、どちらもメリットデメリットがあるので、経済状況を先読みして、金利が下がるのを予測できるなら変動型、安全を取るなら固定型など、自分で考えて納得して選ぶことになります。

 

固定型金利は大きな変動はないとしても、0.1%下がるだけでも、長い目で見たら支払額は大きく変わります。

 

4.マイナス金利による住宅ローンの影響

2016年2月16日より、日本銀行によるマイナス金利政策が始まってから、大手の各銀行では、続々と住宅ローンの金利を下げ始めています。

 

しかし、すでに過去最低レベルに低金利になってしまっているので、これより下がるかどうかは定かではありません。

 

2月に一旦下がった金利も、4月には多少上がってきているので、あまりに低い金利では、銀行の経営も苦しくなってしまいます。

 

ローンの審査には数週間から1ヶ月程度かかりますので、申し込んだ時点では金利が下がっていたとしても、審査が終わってローンが始められるときには、また金利が変わっているかもしれません。

 

マイナス金利政策が始まってから、金利がどう変化したか、これからどうなっていくのか、有利な金利でローンが組めるように、慎重に見極めなくてはならないですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です