不動産売買で頼りになる仲介会社の選び方のコツ

16-12-60

不動産売買で頼りになる仲介会社の選び方のコツ

 

不動産売買には、仲介業者の存在が欠かせません。

個人同士の売買も可能ではありますが、法律や税金など複雑なやり取りも多くなるので、不明点やトラブルなどを解消するためにも、仲介業者がいてくれると安心です。

 

しかし、仲介業者もたくさんあり、本当に信頼できて、頼りになる仲介業者を選ばなくてはなりませんよね。

良い仲介業者を選ぶためには、どんなコツが必要になるのでしょうか。

 

1.仲介会社にはどんなものがあるか知る

仲介会社、仲介業者、不動産会社など呼び方はいくつかありますが、不動産売買の仲介をしてくれる業者という意味では、どれも同じものとして考えられます。

 

同じような不動産会社でも、マンションの売買の経験が豊富だったり、仲介業者として適性があったり、個人から不動産を買取して、転売することが得意な不動産会社等、それぞれ専門分野や得意分野を持っていることが多いです。

 

仲介会社として選ぶなら、売買したい不動産の取り扱いに慣れている業者を選ぶようにしましょう。

 

また、不動産会社でも名前の知られた大手の業者や、地元に1軒しかないような小さな不動産屋など規模もさまざまです。

 

大手のほうが安心するという人もいると思いますが、大手だから良いというわけでもなく、地元の小さな不動産屋のほうが安心して任せられるということもあります。

 

規模や名前だけで選ばないようにしましょう。

 

2.免許番号や所属団体を確認する

不動産会社を営業するには宅地建物取引業の免許が必要であり、それぞれ自治体から免許番号が割り当てられています。

 

この免許番号は、ホームページや不動産会社の店舗内などに記載されています。

免許番号の()の中の数字は、免許の更新回数になっているので、この番号が多いほど、長く営業していることがわかります。

 

長く営業するには、信頼や実績があると判断できますよね。

 

また、不動産会社が業界の団体に所属している場合、相談窓口などもありますし、団体に所属するためには審査もあるので、信頼や安心材料になると言えます。

 

3.会社だけではなく、働いている人を見る

依頼するのは仲介業者などの会社でも、実際に対応してもらうのは、営業社員など一人の人になります。

 

実際に話してみた感じや対応から、その会社がどういう方針なのかが見えてくることもあるでしょう。

 

もし、この人なら信頼できると思える人がいたなら、その人に担当になってもらえるように頼んで、その不動産会社に決めるのもいいかもしれません。

 

4.仲介手数料は安ければいいわけではない

仲介手数料は、上限が決められているので、仲介業者によってその金額は異なる場合があります。

 

もちろんできるだけ費用を抑えたいのはヤマヤマですが、仲介手数料については、安ければいいというわけではありません。

 

仲介手数料は、不動産の価格にもよるので決して安い金額ではありませんが、仲介してもらう手間や、広告にかける費用を考えれば、納得の行く金額だと思えます。

 

仲介手数料の安さを売りにしている不動産会社もありますが、手数料が安いということは、その分内容も手薄になっているのではと勘ぐってしまいますね。

 

実際に広告にお金をかけていたり、手間のかかる作業に人手をさいていることを考えれば、あまりに安くすると赤字になってしまいます。

それを承知で安くできるということは、従業員やスタッフに無理をさせている可能性もあります。

 

売買契約を結ぶために、売主の意向をしっかり買主に伝えていなかったり、強引な営業をしている可能性もあります。

契約にはつながるかもしれませんが、後々のトラブルにもなりかねないので、契約は早く手数料は安くなど、安易な方法を取っていないか慎重に見極める必要があります。

 

5.複数の査定結果を見て判断する

直接不動産会社とやりとりしたり、契約に入る前に、まずは複数社で査定をしてもらうのが良いでしょう。

 

査定だけなら、ネット上でもできますし、おおまかな相場を知るためにも必要になります。

 

ただ、査定結果は、自分の会社を選んでもらうために、相場よりも高めで設定している業者が多いです。

 

ですから、査定で売却価格が高かったからという理由だけで選ぶのは危険です。

査定では高かったとしても、実際に売りに出したら買い手がつかず、結局価格を下げることになるかもしれません。

 

何社かで査定をしてもらったら、面倒ですが一通り直接会って話を聞いてみるのはどうでしょうか。

 

なぜこの査定結果になったのか、ほかの業者と比べて高いのには理由があるのか、納得できるまで説明してもらいましょう。

あいまいな受け答えやいい加減な対応の場合は、選択肢から外すこともできます。

 

逆に、査定結果が低くても、信用できる理由だったり、誠実な対応だったら、ここで任せてみようと思えるかもしれません。

 

ムダだと思えることでも、たくさんの不動産会社を見て、担当者の人と話せば、本当に信頼できる仲介業者の姿が見えてくるのではないでしょうか。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です