マンションや一戸建ての価値は?不動産を高く売るためのチェックリスト

16-11-45

マンションや一戸建ての価値は?不動産を高く売るためのチェックリスト

 

人生の中で不動産を売却する機会は、何回もあるわけではありません。しかも高額商品ですので、失敗しないで高く売りたいものです。査定をする前にいくつかのポイントを出してみましょう。以下は査定を依頼する前に行います。

 

1 、不動産の売却理由を明らかにする

2 、不動産を高く売るために

3 、不動産の相場を調べる

4 、隣近所で売り出されている物件を確認する

5 、希望金額はいくらであるかを決める

6 、高く売るためには色々なことを積極的に把握する

7 、売却する時期やタイミングを考える

 
pixta_32038311_M
 
なぜ不動産を売る理由が必要かといいますと、マンションから一戸建てへの買い替えや資産整理などを行うわけで、時間が長期間かかっても良いのか。それとも早く売った方が良いのか決める必要があるからです。

 

不動産の売却というのは基本的には高く売りたいものです。それには不動産会社に動いてもらい、買い手を見つけてもらうわけで、依頼者としては早く高く売りたいというのが本音です。あまりにも現実離れした金額を提示して、 10年間以上売れない物件も少なくありません。

 

不動産会社では査定をして、どのくらいの金額で売却したら、とアドバイスをしてくれます。思い入れのある不動産物件でも、売れなかったら仕方がありませんので、客観的な視点として不動産会社の媒介が必要となってきます。

 

それから、売主の家屋周辺あるいはマンションの周辺の不動産相場も把握しておくようにします。最近では、インターネットでたいがいの相場がわかるようになっていますが、住宅情報専門雑誌がコンビニなどで無料で手に入りますので、それなども目を通しておくと良いでしょう。

 

相場を把握した上で、希望の売却価格はいくらであるのかを決めます。ある資料によれば、高く売るためには部屋をできるだけ綺麗にしておく、などのアドバイスがあります。

 

また、不動産を高く売るには時期もありますので、 少しでも高くなるのもお望みでしたら、タイミングも不動産仲介会社と相談してみると良いかもしれません。

 

※よく似た内容の記事はこちら
建物より大変?土地の売却で信頼できる仲介業者の選び方

 
それから、不動産の査定依頼を出して契約する不動産会社を決めます。

 

8 、複数の不動産会社に査定依頼をする

9 、訪問査定、実地調査は必ず行ってもらう

10 、不動産物件のメリットの部分を伝える

11 、不動産物件のデメリット部分を伝える

12 、不動産物件の購入時のパンフレットや建築設計図面等を用意する

 
pixta_32203719_M
 
不動産物件は不動産会社1社だけでなく、複数の会社から査定を受けるようにします。複数の会社に査定してもらうと、それぞれ異なる金額が示されますので、客観的な視点で対応することができます。

 

一括査定をしてもらった後は、不動産会社の営業マンに頼んで、訪問査定と実地査定を必ず行ってもらいます。どのような不動産会社でも、一括査定だけではわからない部分が出てくるものです。訪問査定をしてもらって、不動産の金額が大きく変わる可能性が出てきます。

 

それから、不動産物件を購入した際のパンフレットや家の見取り図などが残っていたら、それも営業マンに渡します。このような準備があれば、何も準備がない時に比べて、不動産会社としては動きやすくなります。

営業マンにきてもらったら、不動産物件のメリットとデメリットを伝えるようにします。

 

この調査が終わると、査定書は不動産会社から送られてきます。査定価格が決定されるのは、その場所の相場や路線価、などから決まります。一般的に3ヶ月以内に売却できそうな金額が出されます。

 

媒介の場合、不動産物件を購入するのは買い主です←不動産会社ではないという意味かと思いますが変ですよね?。査定額と全く同じ価格で売れるという保証はどこにもありません。このような時、査定を出してくれた不動産会社に査定金額の根拠を訪ねることができますので、わからない点がありましたら遠慮なく聞いておくと良いでしょう。

 

不動産物件は高く売れるかどうかは、営業の担当者の腕にかかっているといっても過言ではありません。連絡が早いなどもそうですが、売主との相性が合うかどうかも重要なポイントでしょう。

 

査定額で売りたいと思ったとき、この金額で売るためにはどのようなスケジュールで動いてくれるのかも尋ねておきます。不動産会社にはそれぞれ個性的な特典やサービスがあるところが少なくありません。利用しない手はありませんので、それも利用するようにします。

 

以上のポイントを踏まえて、仲介してもらう不動産会社を選ぶようにしましょう。

 

媒介契約を結んだら、売り出し価格の設定をします。ここでは不動産会社に査定してもらった価格などを参考に売り出します。注意しなければならないのは、最初に高い金額を出し、少しずつ金額を下げていくというやり方です。これはやめた方が良いです。相場から離れすぎた高い値段にしてしまうと、売却できない可能性が強くなります。

 

このような事態に陥らないためにも、相場以上の値段をつけるのはやめましょう。それから、家を高く売るためには部屋の掃除や水回りを念入りに掃除するようにします。いつ内覧希望者が来てもいいようにまめに掃除をしましょう。

 

それから、タバコの臭いやペットの臭いなどを消しておくように心がけておきましょう。また、売るためのリフォームはしない方が良いです。
 

※よく似た内容の記事はこちら
中古マンションを売りたい!高く売却する為に知っておくべき全知識

 

不動産会社の営業担当者とはマメに連絡を取り合い、売却されるのを待つようにします。
 
 
【関西不動産買取センター】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

banner_650_200


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です