老後の住み替えでマイホームを売却するときのチェック事項

16-11-84

老後の住み替えでマイホームを売却するときのチェック事項

 

マイホームを取得してずっと同じ家で過ごすという人もいれば、最近は老後の住み替えをする人も増えています。その場合、マイホームは売却しなくてはいけません。子供に譲るなどの方法もありますが、住み替えとなると、新たに住む場所を購入する費用も必要ですよね。

 

そのためにマイホームを売却するとなった場合、チェックしておきたいことがいくつかあります。

※よく似た内容の記事はこちら
マイホームや土地の価値が簡単に分かる!不動産の自己診断アプリ「セルフィン」配信開始

老後の住み替えをする理由

43505818 - housing

老後の住み替えは最近増えているといいます。どうして老後の住み替えをする人が多いのでしょうか。

 

・年齢とともに住みにくくなった

・マイホームが古くなった

・第二の人生を楽しみたい

 

こういった理由が多いです。年齢とともに住みにくくなる原因は、家の構造ですね。若いころは問題を感じなかった段差でも、年齢を重ねて体力が低下してくると、とても辛い段差になります。また家の構造上、生活導線が不便に感じるようになったり、若いころと歳を重ねてからでは、意外と住み心地のいい家の条件は変わってくるものです。年齢を重ねてからも同じマイホームに住み続ける人であっても、リフォームをする場合がほとんどです。

 

またマイホームの老朽化に関しては、建物なのでどうしても発生します。常に建てた時のままの新しい状態を保つことはできません。定期的にお手入れをしていい状態を保てるような工夫をするのですが、年齢とともにそういうお手入れも面倒になりますよね。だったら思い切って住み替えを…と考えるのではないでしょうか。

 

最近は定年してからが楽しみ、という人も増えました。第二の人生を楽しみたいと考える人も多いので、家の住み替えが第二の人生を踏み出すきっかけになります。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの「仲介」と「買取」との違いはありますか?

 

住み替えに適した場所とは?

43520525 - model of two-family houses

住み替えのためのマイホーム売却

 

住み替えのときにマイホームを売る選択をした場合、考えなくてはいけないことがあります。それは、住宅ローンを組んでマイホームを購入している場合、ローンの有無が大きくかかわってきます。まだローンが残っている状態であれば、売却によって残りのローンを支払う必要があります。売却資金だけで完済ができないとなれば、自己資金でローンの残りを支払わなくてはいけません。老後の住み替えで住み替え先の住宅購入も必要になるため、金銭的な負担を強いられることになります。

 

住宅ローンがなければ、そのまま売却をした金額を住み替えの住宅を購入する資金として充てることもできます。

 

・ローンが残っていない場合

ローンが残っていないときには、住み替え先が賃貸の場合は、マイホームを売却するよりも先に住み替えをする物件を探します。住み替え先が見つからないうちに売れてしまったら、住む場所が無くなってしまいます。売ることにばかり気を取られていると、自分たちの住む家を探すために時間がとりにくくなります。その結果、売れたはいいけど住む場所が見つかっていない、という事態になってしまいます。

 

特に老後の住み替えとなれば、理想通りの家を探したいですよね。ある程度時間もかかると思うので、ローンを払い終えているので、それほど焦る必要はありません。自分たちが理想的な住み替え物件を先に探しましょう。

 

もしも賃貸ではなく購入する場合、同時進行が理想です。売却と同時に住み替えの物件も同じ不動産業者に探してもらうことができれば、とても楽に住み替えができます。売却をした費用を元に住み替えの物件を購入することになるはずなので、同時進行で上手に進めなくてはいけません。

 

・ローンが残っている場合

ローンが残っている場合、そのローンを支払わなければいけません。残りを一括で返済できるというときは、住み替えする先を先に探してしまっても問題ありません。ただし残りのローンを自己資金だけで支払うことができないとなれば、売却をする費用も購入資金に充てる必要があるので、売却と購入を同じ不動産業者に任せて、うまくすすめてもらうといいでしょう。

 

ただし、ローンが残っていて、売却資金を入れても返済することができない場合は、あまり住み替えはおすすめできません。残りのローン返済もしながら新しい家も…となれば負担が大きくなりすぎます。

※よく似た内容の記事はこちら
マイホーム売却の税金対策!「特別控除」の適用で節税できる金額はいくら?

同じ不動産業者がおすすめ

52807758 - consultation of property

不動産業者は売却も購入も手伝ってくれるはずです。マイホームの売却と住み替えの購入、それぞれ違う業者にお願いをしてしまうと、色々と手間が増えてしまいますし擦り合わせが大変です。同じ業者にお願いをすればスムーズに話が進み、売却も購入も楽になります。ただし、業者選び次第では売却にも購入にも納得できずに不満が残ってしまったり、理想通りの住み替えができないこともあります。同じ業者に任せるときには、その業者が信頼できるかどうかを確かめなくてはいけません。

 

住み替えはこれからの人生を左右する大きな転機です。ちゃんと自分たちが納得できる住み替えができるといいですね。そのために、色々と住み替えについての情報を集めておきましょう。

 

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です