マンション売却で内覧を成功させる10のポイント

16-11-78

マンション売却で内覧を成功させる10のポイント

 

一度売却に出すと決まれば、できるだけ早く、そして高く売りたいですよね。長く時間がかかっていると、値下げをしなくてはいけなくなりますし、時間ばかりかかってしまって売る側にも負担が増えてしまいます。マンション売却の内覧を成功させる、10のポイントをまとめてみました。成功させるポイントを抑えて、内覧を即売却につなげましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの「仲介」と「買取」との違いはありますか?

内覧の希望日は都合をできるだけ合わせる

52807758 - consultation of property

マンションの内覧は売るために必須ですが、内覧の申し込みが希望者からあった場合、できるだけ日時の都合を合わせるようにしましょう。内覧の申し込みは、仲介依頼をしている不動産会社の担当者から入るようになっています。すぐに連絡が取れて約束が取れるほうが内覧希望者にも好印象なので、すぐに出られる電話番号を伝えておきましょう。

 

そしてできるだけ希望通りの日時でOKをしてください。内覧をしたいと思っている日時にできないとなると、希望者側としても少しテンションが下がってしまいますよね。希望通りに進んだ方が、希望者側の気持ちを高めることができます。

※よく似た内容の記事はこちら
ネット内覧の時代か?中古住宅の購入者8割が物件をスマホで検索

あまり無理な売り込みはしない

 

直接内覧で希望者と話をする機会がありますが、売主から過度なアピールや売り込みは禁物です。内覧の際にゆっくりと自分たちが住む場合…とイメージをしたいけど、売主がたくさんアピールをしてきているとそういう時間もありません。質問に答えることは何ら問題ないですし積極的に答えたほうがいいのですが、反対の状況はあまり好ましくないですね。ゆっくりと、自分たちで納得できるまで内覧できるような状態を整えてあげましょう。

 

質問は的確に答える

15520423 - handshake

内覧希望者としては、今現在住んでいる人がどういう生活をしているのか、気になるものです。特に生活環境については、住んでいる人に聞くのが一番ですよね。

 

よくある質問として

・スーパーはどこにあるのか

・保育園や幼稚園はどこにあるのか

・学校まではどれぐらいなのか

・騒音はないか

などですね。後はどうして売ることにしたのか、などの質問も可能性として考えられます。こういった質問には的確に答えることで、希望者側も安心して住める場所かどうかを判断します。

 

掃除をしっかりとしておく

 

内覧のときに生活スタイルをそのまま見せることになりますが、掃除はしっかりしておかなくてはいけません。掃除が行き届いていない室内だと、この部屋は雑に扱われていたのかも…と感じてしまいます。ちゃんと掃除をしてキレイな状態でお出迎えしましょう。

 

リビングを良い印象にしておく

46277393 - living room before renovation

掃除をしておくといいというポイントとは別に、リビングの印象を良くしておくこともおすすめです。内覧の際にまず目に入るのはリビングですよね。家族団らんの時間を過ごす空間でもあるので、こんなリビングだったらくつろげそうだな…とイメージしやすい状態を作っておきましょう。広くて明るいリビングが理想です。できるだけ広くて明るく見せられるように、照明の工夫をしたり家具の配置を変えたり…工夫してみてください。

※よく似た内容の記事はこちら
マンション売却で大事な内覧がうまくいくコツや掃除のポイントとは?

水回りは清潔に

47716518 - bathroom

掃除の一つではありますが、その中で重点的に水回りは清潔な状態にしておきましょう。特に水垢には要注意です。水回りがキレイなだけでその家は印象が良くなりますし、反対に水回りが汚れていると一気に評価はダウンしてしまうでしょう。大事なのは清潔感です。生活している以上、使っていないときのようなピカピカは難しいかもしれませんが、清潔な状態になっていればOKです。

 

スリッパを用意しておく

 

ここからは内覧者が来たときに対応方法ですが、スリッパは必須です。普段はスリッパを履かずに生活しているご家庭でも、内覧の際はスリッパを履くようにしましょう。スリッパを履くことに抵抗がある人はいなくても、スリッパを履かないことに抵抗がある人は多いです。

 

また小さなほこりや髪の毛など、落ちている汚れを靴下などで拾わないようにする役目もあります。内覧後に靴下にたくさんホコリがついていると、汚い家だったなぁ…と悪い印象を与えてしまいます。直前まで掃除をしていても、ホコリは発生しています。スリッパを履いてもらうことで、汚れに気づかれずに済むはずです。

 

窓は開ける

 

家の空気がよどんでいると、何だか家の雰囲気も暗く見えてしまいますよね。人の家にいくと、その人の家のニオイってありませんか?自分たちでは気づいていないニオイがあるかもしれません。

 

そういったニオイ対策のために、内覧のときには窓を開けて空気を通してください。ニオイが飛んでいって空気がキレイになります。また風通しが良い家は印象がよくなるでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却で内覧者に好印象を与える3つの条件

家族で話をしっかりと揃えておく

 

内覧の際、家族の誰が話しかけられても、ちゃんと同じ返答ができるように、情報共有は大切です。同じ質問を違う家族にした場合、違う返事が帰ってきたら内覧に来た人も不安を感じてしまいます。

 

できるだけ少人数で対応する

 

家族がたくさんいる場合でも、全員で対応する必要は全くありません。家族が多いと部屋がその分狭く見えてしまいますので、必要最低限の人数で対応するようにしましょう。

 

内覧の対応次第で反応が変わる

46618811_l

内覧はその家を購入しようかどうか迷っている人が来るものです。内覧次第で購入するかしないか、大きく気持ちは変化するでしょう。売主が直接会えるチャンスでもありますし、ちゃんといいところをアピールして、内覧を成功させたいですね。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です