投資用マンションやアパートのローン返済に困ったら売却という選択肢

16-11-70

投資用マンションやアパートのローン返済に困ったら売却という選択肢

 

投資用のマンションやアパートのローン返済に困った場合、売却することは珍しくありません。

ただし、資金繰りが苦しくなってしまい、不払いが生じてからでは対応が手遅れになる場合があります。

資金繰りが将来的に苦しくなると予想される前に売却手続きを進めることで、競売などで安く買い取られるリスクを防ぐことができます。

早めの選択で可能な限り売却で不利益を被らないようにしましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
投資用マンションやアパートのローン返済に困ったら売却という選択肢

・ローン返済に困ったら売却を

10940385_l

住宅ローンを組んだのにも関わらず、途中で返済が困難になった場合、支払いが出来なくなる前に売却する選択肢は賢明です。

支払いの条件を変更しても返済が難しい場合、ローンを組んだ金融機関が主導で任意売却が進められる事はめずらしくありません。

一般的に任意売却は債務超過状態の不動産を売る事を指しており、物件が売れる金額より、ローンの残額の方が多い状態です。

 

本来であれば、不動産を売却する時、借入の残金全額の返済を売却と同時に行わなければいけません。

売却した金額が借入した金額を下回る場合、不足分は自分で支払わないと売却できないのです。

ただ、不足分を簡単に捻出する事は難しいため、売却した金額から経費を控除し、残金のみ一旦返済し、抵当権を解除してから売却する方法があり、この事を任意売却と言います。

 

任意売却であれば、借金を全額支払う事なく、不動産を売却する事が可能です。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの売却期間にも影響する?給排水設備とエレベーター設備

・任意売却とメリット

28264579_l

住宅ローンの返済が困難な時に行われる選択肢の一つである任意売却は、様々なメリットがあります。

 

まず、物件を売却する時、競売に出す方法もありますが、それよりも高額で売却できる可能性が高い点があります。

競売は市場価格より低額で落札が入る傾向があり、そうすると多額のローンが残る心配があります。

 

しかし、任意売却の場合、市場の価格、あるいは相場に近い価格で売却するのに期待が出来ます。

また、債権者との示談により無理のない返済計画が組まれ、少額返済が許される可能性が高まります。

どのような交渉が行われるかにより月々の返済額は異なりますが、一般的に3,000円や20,000円程の返済額で収まる事が多いです。

 

また、任意売却の場合、売却において必要となる仲介手数料は、債権者あるいは抵当権者が支払ってくれるため、持ち出しがありません。

これらの交渉について不安を募らせる方は多いかもしれませんが、基本的に取引の窓口は任意売却を依頼した業者です。

依頼した業者が手続きや交渉などを対応するため、精神的な余裕も出来るでしょう。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産の売却価格が購入時と比較してマイナスでも、確定申告をした方が良い理由

売却以外の選択肢

 

pixta_19409062_M

住宅ローンの返済に困った時、任意売却のみが選択肢ではありません。

その他の選択肢として、支払いの条件を見直す相談を金融機関にするもの一つです。

(滞納が続いてしまう前に迅速にされる方が望ましいと言えます。)

 

交渉の例としては、不況による失業や倒産により返済継続が難しい、子供の進学等の理由により、一時的に返済に余力がなくなったなどがあげられます。

これらのケースでは、返済期間を延長する事で月々の返済額を減額出来る可能性があります。

 

しかし、仮に支払い条件を見直してもらい月々の返済額を減らせたとしても、返済期間が延長したり、返済総額が増加したりするのは避けられないケースがほとんどです。

返済額を交渉により減らした後、さらに滞納し、結局所有する物件を手放してしまう可能性が少なからずあります。

支払い条件を見直して、条件が合意に達しなかった場合のみ、任意売却を選択する方法もあります。

 

資金の回収と経費削減のメリット

家とお金【フォトクラフト・シリーズ】

投資用マンションやアパートのローン返済に困った場合に、売却する選択肢はしっかり設けておくべきです。

投資用物件は維持するだけで経費や税金がかかるとともに、確実に収益を得られるという訳ではありません。

 

投資用物件は基本的に長期保有する事が鉄則ではあるものの、早急に売却するのが結果的に良い選択になる場合もあります。

投資用物件の売却にあたってのメリットは大きく分けると資金の回収と経費削減です。

 

当然、今後収益機会を失う事が最も大きなデメリットであるものの、投資用物件を保有している事によってのリスクを回避できるかどうかがポイントです。

投資用物件は先々に大きな収益を生む可能性は大いにあるため、将来性についても考慮しての判断が必要になります。

※よく似た内容の記事はこちら
知らなきゃ損!相続した土地や家を売却するタイミングと節税方法

 

新たな投資用物件の購入資金に

18031193_m

投資用物件を売却するにあたって、生活費などのお金に充てたい方も多いはずです。

また、単純にメリットとデメリットを比較検討し、デメリットの方が大きいと判断された方もいるでしょう。

 

そして、新たな投資用物件の購入資金に充てる事を考える方もいるはずです。

今現在保有している投資用物件で収益を得られずとも、次の投資用物件で収益を得られる可能性は当然あります。

投資用物件を購入するのは決して確実なものではなく、収益を生まない事もあります。

 

十分なリサーチと資金面に問題がないのなら、投資用物件を購入して収益が生まれる可能性はあります。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です