自宅の買い替えでマイホームを売却するときの注意点とポイント

16-11-69

自宅の買い替えでマイホームを売却するときの注意点とポイント

 

 

自宅の買い替えの方法は、売却先行型や購入先行型など方法がさまざまです。

住宅ローンの残債や仮家となるリスクなど考えなければなりません。

買い替えでは、売却、購入をどちらを優先しても住居の問題や費用を検討しなければなりません。

また、マンションから戸建てへの変更の場合にも注意するポイントがあります。

現状、どのような選択肢が可能なのかを考え、トータルで発生する費用を計算し、最善の方法を採用しましょう。

※よく似た内容の記事はこちら
<離婚と不動産>マイホームを売っても住宅ローンが残った場合の対処法は?

不動産業者の選択

24930836_l

住宅を売却する時、ご自身で買主を見つけて取引をするのは人脈がない限りかなり厳しい状況です。

身近な人、つまりは親戚や知人に買い手がいなければより多くの方に購入を検討してもらうことになります。

仮に身近にいたとしても、不動産の取引を知識のないもの同士で行うとトラブルが起こりかねません。

 

一般的には不動産業者に売却の仲介をしてもらい、買主を見つけてもらう方法が行われます。

念のため、依頼する時は複数の不動産業者に査定の依頼をお願いしましょう。

不動産の査定は決まったルールに従って見積もりが算出されているため、各業者で査定金額に大きな差が生まれる訳ではありません。

しかし担当者の対応やご自身で相場を知る事にも繋がりますので、一つの業者に見積もりをお願いしないよう、心がけるべきです。

※よく似た内容の記事はこちら
「住宅ローンを返済できない」+「マイホームに住み続けたい」場合の対処法

売却先行型

19217751_l

マイホームの買い替えでは、住居を先に売却し、それから新しい住宅を購入する「売却先行型」という方法があります。

これは例えば、両親の住居を売却し、二世帯住宅を購入するなどの流れで、主に行われます。

売却先行型で買い替えを行う利点としては、金額が先に確定するため、新しく購入する物件を判断しやすく、資金計画を立てやすいです。

 

また、さほど売却を急ぐ必要がないため、価格交渉を持ちかけられた時、売り手が不利にならない特徴があります。

しかし、買主に引き渡しを行う日程までに次の物件を探さなければならないという期限があります。

そのため、時間をかけて探しづらい事と、購入する物件がなかなか決まらないと賃貸で仮住まいを用意する必要があります。

※よく似た内容の記事はこちら
マイホーム購入を検討している人は必見!知っておきたいマイホーム減税の仕組み

購入先行型

28264579_l

マイホームの買い替えの手段として、先に新しい住居を購入し、それから旧住居を売却する「購入先行型」という方法があります。

物件の売却により得られる資金が不透明である場合、資金計画を立てづらいです。

そのため、売却資金を当てにする事なく買い替えを行いたいという場合に適する方法です。

購入先行型は、物件の購入において決断を急ぐ必要がなく、時間をかけて探す事が出来ます。

さらに、停止条件を設ける事で、リスクを抑えつつ買い替えを行っていけるのも利点の一つでしょう。

 

ただし、旧住居の売却には期限があり、取引を急ぐ事になりやすいです。

その際、買い手との価格交渉にて不利になる可能性があるのです。

その時、期限になっても成約が取れなかった場合、不動産会社等の買い取りとなる場合があり、そうなると本来よりやすく売却せざるを得なくなるケースもみられます。

 

また、購入先行型の買い替えの場合、気になる新住居が見つかっても、売ってもらえない場合があります。

理由として、買い替えのために売却する物件が売れなければ、契約を解除する可能性が少なからずあるためです。

売却の結果が出るため、新住居の売主は立場が不安定になりやすくなってしまいます。そのことから、買い替えを行う方に対して快く売ってもらえないケースがあるのです。

※よく似た内容の記事はこちら
マイホームを建てたい方のための、賢い土地の選び方

マンションから戸建てへの買い替えでの注意点

31868903 - houses

マンションを売却し、戸建てへの買い替えを考える方は注意しないといけない事がいくつかあります。

まずは、立地や環境が大きく変化する点であり、通勤や通学が大変になって結局手放す事になった方もいます。

十分すぎる程のリサーチをした上での決断が必要になります。

また、専有面積が大きくなったものの、光熱費などの負担が重くなる、掃除や手入れの煩わしさが増える問題もあります。

 

さらに、セキュリティシステムを自費で導入しないといけなくなるケースもあります。

戸建てを選択して逆に、プライバシーが確保しにくくなり、設備投資をされる方もいます。

だからこそ、条件を考慮し、総合的な判断が求められるのは間違いありません。

 

トータルの費用の計算

 

いざ自宅の買い替えでマイホームを売却する際には、今までかからなかった駐車場代や管理費などの費用が上乗せされる場合があります。単純に本体の価格だけで判断するのは非常に危険です。

 

前の不動産の住宅ローンが残っているのなら、諸費用も含めたトータルでどのくらいになるのかを厳密に試算しておかないといけません。

また、室内の広さも考慮しないといけないです。

子供が独立して夫婦二人だけになった、子供が生まれて子供部屋が必要になったなどの事もあります。

 

当然リフォームをする事になれば、さらにお金はかかります。

今現在の事はもちろん、先々の事を見据えての判断をしないと、後の後悔に繋がってしまいます。

 

不動産が信じられないほど早く買取。もっと早く不動産を売りたい人は他にいませんか?
・不動産を最速48時間で現金買取!
・仲介手数料完全無料!

―オーディンスタッフ一同より―



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です