不動産業界の「囲い込み」は大問題!売主や買い手に与える影響は?

不動産業界の「囲い込み」は大問題!売主や買い手に与える影響は?

 

不動産を売却する、購入するというときに知っておきたいのが、不動産業界についてです。売りたい、買いたいとなれば不動産業者に相談して、売る相手探しや買う土地・家探しをすることになるのですが、どの不動産業者にお願いするのかによって、理想通りにすすめられるかどうかが左右されるといいます。

 

その中でも気を付けなくてはいけないのが、不動産業界の囲い込みです。実は今とても大きな問題になっています。 

※よく似た内容の記事はこちら
怪しい業者に注意!不動産会社の「囲い込み」が売主に与える被害とは?

不動産を売るときの仕組み

50011356 - men and women who are working together in a bright office

不動産を売るときは、まず不動産業者に依頼します。そして業者に査定をしてもらったうえで、その業者と話し合いをし、売りたい希望額とすり合わせながら販売価格を決定、そして業者が販売活動をして買い手を探してくれます。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産業界の「囲い込み」は大問題!売主や買い手に与える影響は?

不動産を買うときの仕組み

19217751_l

買いたい不動産が既に見つかっている場合は、直接扱っている不動産業者に問い合わせをします。しかしもっと広い範囲で多くの不動産を見てから決めたい時には、売るときと同じように不動産業者に相談をし、理想通りの不動産を探してもらうことになります。

※よく似た内容の記事はこちら
不動産売買の「囲い込み」って違法なの?両手仲介と片手仲介の違いについて

不動産の物件情報について

42358953 - woman using laptop

不動産の物件情報は、不動産売却の依頼を受けた業者がレインズという、指定流通機構への登録をしなくてはいけません。いわゆるインターネットサイトで、レインズに掲載することで、全国どこからでも物件情報が見られるようになります。買いたいと依頼を受けている不動産業者は、物件探しをレインズでおこなうことが多いです。物件を自社だけで販売するという販売方法ではなく、多くの不動産会社が販売できるようにする、ということですね。媒介契約の中で、一般媒介を除き、専任媒介や専属専任媒介で契約をした場合、必ず義務付けられています。

 

業界内で早く適正な価格で売るために、レインズはとても大きく活用されている方法なのです。

※よく似た内容の記事はこちら
海外に住んでいる人が不動産を売買する時の注意点

囲い込みはどうして起こる?

 

囲い込みをしてしまう理由は、仲介手数料が大きく関係しています。本来、不動産会社は売りたいという人から依頼を受け、その物件が売れた場合は売主から仲介手数料を受け取ります。一方で違う不動産会社が買いたいという人を連れてきた場合、買主から仲介手数料を受け取るのは、買いたい人を連れてきた不動産会社ですね。

 

それぞれ売主から、買主から仲介手数料を受け取ることになります。でも、売主から依頼を受けた不動産会社が、買いたいという人を見つけてきたらどうでしょうか?売主からも買主からも、同じ不動産会社が仲介手数料をもらえることができます。要するに、2倍の手数料を受けとることができますね。

 

そのため、不動産会社はどちらからに手数料を受け取りたいということで、囲い込みをして自社で買主を探そうとしてしまいます。

 

囲い込みの手段

 

囲い込みはどのように行われるかというと、決してレインズに掲載しないというわけではありません。レインズへの掲載は義務付けられているものなので、それを無視することはできないからです。レインズへの掲載はするものの、買いたいという人を見つけて物件について知りたいと違う業者から問い合わせがあっても、その物件は既にお話が入っていて…というように理由をつけて断ってしまいます。問い合わせがあってもすべてお断り、自社で買いたい人を探すまで何かと理由をつけ続けます。

 

とっても怖い、囲い込みの影響

 

46185926 - surprised asian girl買主にとっては、売りたい物件が買えないというような影響が一番大きいですね。せっかくいい物件を見つけても、囲い込みをされている物件となると、お願いしている不動産業者に問い合わせしてもらっても、もう契約が入っていてと断られた…という返事を受けることになります。

 

そしてさらに怖いのが、売主への影響です。せっかく買いたいという人から連絡が入っても、不動産会社がそれを勝手に断ってしまいます。売主としては少しでも早く売りたいと考えているのに、不動産会社が囲い込みをしてしまうことで、なかなか売れてくれません。当然売れない時期が続けば不安にもなりますし、日々価値が低下していく中で値下げも考えなくてはいけなくなっていくでしょう。特に買い替えを希望して売却を検討している場合は、今の家が売れないことには次のアクションを起こすことができないでしょう。買い替えの計画もスムーズに進まなくなってしまいます。場合によっては住宅ローンがダブルでのしかかってきて、家計を圧迫してしまいますね。

 

不動産会社の勝手な囲い込みに注意しよう

 

信頼できると思って依頼していたはずなのに、囲い込みをされていた…なんてことはあり得る話です。利益を独り占めしたいがためにおこなわれている問題なのですが、とにかくデメリットばかりの仕組みです。もしも囲い込みをされているかも?と感じたら、まずは違う業者に相談してみてください。囲い込みをされているかどうか、違う業者に相談したらすぐに確認できます。囲い込みで損失が出てしまう前に、早めに対策をしましょう。

 

ちゃんと売ってくれる不動産会社を探したいですね。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です