後悔しても遅い!マンション売却で失敗する5つのアウト

16-11-65

後悔しても遅い!マンション売却で失敗する5つのアウト

 

一生に一度と言われるほどの大きな売買であるマンションの売却。大きなお金が動くため、何度も経験することがないだけに、スムーズかつ納得のいく結果を残したいところです。

 

現在の中古マンション市場は需要よりも供給の方が多いと言われており、新築マンションとの競合もあって、希望価格で中古マンションを売却するにはいくつか注意しておきたいポイントがあります。

 

そこで今回は、マンションを売却する際の要注意ポイント踏まえて、これだけには特に注意しておきたいという5つの「アウト(失敗しやすいケース)」について紹介したいと思います。

 

1、売却タイミングを逃す

26231704_l

マンションを売却する際、もっとも重視しなければならないものが売却のタイミングではないでしょうか。

 

どんなものを売る場合でも同じですが、商品を欲しいと思う人がいれば、その商品はどこかのタイミングで売れていきます。しかし購入希望者がいない時期に売り出しても売れる見込みは少なく、需要がアップするまで待たなければなりません。

 

不動産市場に活気が出てきた時や、物件周辺のエリアが注目され始めたような場合は、売買に非常に適した時期と言えるでしょう。しかし反対に需要が大きく落ち込んでいるような時期は、売買するべきかどうか慎重に考えなくてはなりません。

 

長く売れていない物件は問題のある物件と誤解されて敬遠される可能性もありますので、売却を始めてみてまったく売れなかった場合には、そのまま売り続けるのではなく一度売却をストップして様子を見てから売り直す方法もあります。

 

具体的な売却のタイミングについては、不動産会社や仲介業者と話し合いのうえで決めていくのがベストですが、売り主自身でも公示地価やマンションの価格の推移状況などを調べることができます。

 

また、エリア周辺の再開発に関する状況や、道路・駅などの交通網が整備されるといったポジティブな情報などは積極的に得るようにしましょう。マンション周辺の状況も鑑みながら、売却のタイミングを上手に仕掛けていくことが大切です。

※よく似た内容の記事はこちら
中古マンションを高値で買取してもらうコツとは?オーディン不動産スピード買取サービス事業部が教えます!

2、知名度で不動産会社を選んでしまう

48020718 - housing image

「大手不動産会社ならゼロから全部任せられる」と思って依頼をしても、担当者の手腕が未熟であったり、親身に売買に関わってもらえなかったりと、結果的に物件が売れずに残り続けるという可能性があります。

 

マンションの売却は、会社の知名度や規模はそれほど関係がなく、担当してくれる方の情報収集力や交渉力など、それぞれのスキルにかかっていると言っても過言ではありません。

 

どんな不動産会社や業者に依頼する場合でも、売却計画を慎重に策定し、そこから順を追って状況を見ながら決めていくのが正解です。

 

3、掃除や手入れがされていない

27745441 - janitorial cleaning service

内見にやってくる購入希望者や購入見込者は、マンションの内部の掃除や手入れがきちんと行き届いているかどうかをチェックします。これは自分が内見する時をイメージすると分かりやすいかもしれません。

 

物件が売れないマンションの場合、掃除が行き渡っていない可能性があります。内見では床や窓の汚れなどはもちろん、棚の中、家具の上、水周りの清潔さや建物全体の新しさなども重要視されます。

 

マンションの印象はそのまま購買意欲にもつながりますので、内見の前にはできればハウスクリーニングなどを依頼しても良いかもしれません。

 

4、値下がりの可能性を考慮していない

マンションを売却する際には、査定額でそのまま買い取ってもらえるとは限りません。一度業者に依頼をしてマンションの査定額を出してもらったとしても、それがある程度高額であったからといって、そこで販売価格に直結するとは限らず、後から値引きされて売られる可能性もあります。

 

査定額はそれぞれの物件の目安となる額で、実際はほとんどが査定額を下回ることになります。また販売価格に関しても、もう少し安くしてもらえないのかと購入希望者から交渉を持ちかけられる可能性もあります。

※よく似た内容の記事はこちら
マンションの売却期間にも影響する?給排水設備とエレベーター設備

5、マンション内で競合が出てしまった

自分が住んでいるマンションで万が一他の物件が売りに出されてしまったら、相手は「競合」している状態となり、最悪の場合購入希望者が競合相手の物件に行ってしまう可能性があります。

 

マンション内で2つ以上の競合が出た場合、少しでも上階層で日当たりの良いところ、もしくは状態の良いところが選ばれます。

 

売り手は競合が発生しないよう、注意深く売り時を見計らう必要があります。ホームページやサイトをチェックして、自分と同じマンションから物件が売却されていないかこまめにチェックしていきたいところです。

 

まとめ

いかがでしたか?マンション売却において、なかなか売れずに困ったという5つの失敗例を紹介しました。

 

マンションの売却は「いつか需要があるはず」とのんびりと構えているのも良いのですが、それではかえって売り時を逃したり、売り手が別の物件に移ってしまう可能性もあります。

 

あらかじめ失敗例から学び、仲介業者や不動産業者に任せっぱなしにせず、上手に売却計画を進めていきましょう。

【オーディン不動産スピード買取サービス事業部】
・最短48時間以内に現金化が可能!?
・後悔しない不動産会社選びのために

今すぐ下記のバナーをクリックしてください。

―オーディンスタッフ一同より―

bnr_03


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です